• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

ゴマフアザラシ「ココ」が仲間入りしました

展示開始日:2017年4月27日(木)~

ゴマフアザラシ

学名:Phoca largha
英名:Spotted Seal


ゴマフアザラシ「ココ」は、2015年4月に男鹿水族館GAO(秋田県男鹿市)で生まれた2歳のメスです。2017年2月4日(土)、新江ノ島水族館に搬入し、環境に慣れ、展示プールで生活できるようにバックヤードでトレーニングを行ってまいりました。

「ココ」は警戒心がほとんどなく遊び好きな性格で、キスやバイバイなどの愛らしい種目もできるようになりました。現在はシシャモやサバ、サンマなど1日約 2.7kgの魚を食べています。

アザラシプールでは、現在オスのゴマフアザラシ「オガ」(推定4歳)と、メスのゴマフアザラシ「ワカ」(3歳)を飼育しており、新たに展示を開始した「ココ」を加え、将来的な繁殖を目指します。

ゴマフアザラシ「ココ」
2015年4月15日生まれ メス
体長 約 120cm/体重 54.6kg


ゴマフアザラシ
オホーツク海やベーリング海で生活していますが、冬、流氷とともに南下し北海道沿岸までやってきます。
メスは流氷の上で出産し、子育てをします。生まれた子どもは真っ白な産毛におおわれていますが、2~3週間で親と同じゴマ模様に生えかわります。
授乳期間は3週間前後と短いのですが、母乳は脂肪分が多く、独り立ちするころには3倍近くも成長します。
[成 体] 体長 160~170cm 体重 80~140kg

このエントリーをはてなブックマークに追加

【展示終了】 深海のサメ「ミツクリザメ」(ゴブリンシャーク)

ベテラントリーターも見るのは初めて! 1属1種の珍魚「トビハタ」初展示

加茂水族館の協力により“えのすい”初展示 「リクノリーザ・ルサーナ」展示開始

“えのすい”生まれのトラザメの赤ちゃんと卵

オホーツク海で見つかった新種のクリオネ 「ダルマハダカカメガイ」展示!

冬の妖精「クリオネ」展示中!

日本初展示!成長すると蓑をまとったような姿になるクラゲ 『ミノクラゲ「蓑水母」(仮称)』

久々に展示成功。 魅惑のメタリックパープル「ミナミハタンポ」展示開始

全ての脚に毛がフサフサ。 “すね毛ガニ”こと「トゲアシヒライソガニモドキ」展示開始

相模湾では珍種!「スジモヨウフグ」

相模川から再確認。ハサミにフサフサを持つ希少種 「タイワンヒライソモドキ」展示開始

巻貝ですが・・・ 伝説の大盗賊!? 変わった深海貝「クマサカガイ」展示

ユニークな顔立ちの「グソクムシの仲間」展示開始

念願の繁殖に成功! クラゲの人気種「ブルージェリー」繁殖個体を展示開始

謎に満ちた深海の白いウニ

珍しい相模湾産ジョーフィッシュ。 「アゴアマダイ」の展示を始めました。

バンドウイルカの「シリアス」が出産! 5月7日(日)、元気な赤ちゃんが誕生しました!

胸毛で育てたバクテリアを食べる「ゴエモンコシオリエビ」

ゴマフアザラシ「ココ」が仲間入りしました

貴重な深海生物「ホネクイハナムシ」の累代繁殖個体を公開

相模湾産は初展示! 1科1属1種の珍魚チョウセンバカマ展示開始

イサキと名の付くハナダイの仲間 「アカイサキ」えのすい初展示!!

相模湾初記録! 大きな口と赤褐色の斑紋が特徴的な南方系ハタの仲間

鮮やかなトロピカルカラー「モンガラカワハギ」展示開始

おちょぼ口でクリっとした眼が愛らしい「ベニカワムキ」

冬が旬!「キンメダイ」展示中

群れでの展示はえのすい初、イボダイ展示中

真っ赤な体に大きな目「チカメキントキ」展示開始

えのすい初!なかなか市場に出回らない 知る人ぞ知る高級魚「アラ」展示公開中

バンドウイルカの「ミュー」が出産! 元気な赤ちゃんが誕生しました!