• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2014.06.05 トリーター:伊藤

2014/06/05 海水でアジサイだなんて?

海中のあじさい水槽
海中のあじさい水槽

この春、魚類チームでは新人さんが入ったり、配置換えがあったりして、がらりと体制が変わっています。皆この1ヶ月、新しい担当に慣れるのに必死です。

私も担当水槽が総入れ替えになったのですが、幸いにも、入社当時から2~3年おきに様々な担当を持ち回ったため、水槽の仕組みを復習している感じです。
今回はそんな水槽の1つを紹介します。

環境水槽。
以前担当した時は「環境問題水槽」と呼ばれており、外来生物を展示するコーナーでした。
植田トリーターの研究対象であるイガイ類をどっさりと入れたり、巨大なタイリクスズキを入れたくて、崎山トリーターたちと一緒に釣り遠征したりと、私が新人時代に楽しんで「触った」水槽です。
外来種問題にも関心があったため、思い入れもありました。
その甲斐もあって、複雑な配管の配置やバルブ開度の特徴なども思い出し易かったのですが、いきなり難題がやってきました。

環境水槽でアジサイを表現

です。実はこのお題、初めてではなく、過去に先輩トリーターたちが挑戦しており、難しそうだなあ、と感じていました。これは「やりがいがあります」。

幸いなことに昨年アジサイを演じてくれたヒメハナギンチャクが、バックヤードの片隅にいました。再登板確定です。
でも、確かに色はピンクや紫で「いい感じ」なのですが、形はむしろ大輪の菊です。
もっとアジサイっぽい生物はと考え、相模湾沖のキサンゴが浮かびました。

オオバナキサンゴ
地元の漁師さんから時折入手できる群体サンゴです。
解説付きで展示するのは今回が初です。
触手は黄色いですが、肉がピンクや赤で「いい感じ」です!

フタリビワガライシ
これも地元の漁師さんから。来たときは皆「生きているの?」と思うほど、骨っぽい姿でしたが(サンゴは弱ると骨がむき出る)、よくみると、ちゃんと透明な肉をまとっており、いっちょまえに開いています。
スケルトンなサンゴ!これはマニアック!当館初展示です。

当水槽は鏡と擬岩が垂直に切り立ち、良い意味で圧迫感のある高さを感じさせます。ここにサンゴを配置して、江の島の山道の断崖に咲くアジサイの風情にしてみました。
サンゴやイソギンチャクはデリケートなので状態が心配でしたが、現在のところ満開となっています。
舞い降りる花びらのごとく泳ぐハナダイたち共々、1ヶ月間、どうぞお楽しみください。

環境水槽


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!