• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.10.13 トリーター:戸倉

2017/10/13 こっそり隠れています。

隠れているバラハタ
隠れているバラハタ

一週間前の10月5日にバラハタを展示水槽に出しました。どこに出したのか?というと、サンゴ礁水槽の手前にある丸い水槽。あのメガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)の居る水槽です。バラハタの大きさは25cmほどで、まだまだ未成魚です。(大きくなると60cmほどになります。)
この水槽では、まだ“市民権”を得ていない?ので、こっそり岩の隙間に隠れています。


隠れ場所のひとつ

今日は、矢印の岩の隙間から顔を出していました。ハタの仲間なので、市民権を得れば堂々と泳ぐと思うのですが、大きなナポレオンの許可を得るにはまだまだ時間がかかりそうです。(^_^;)  なにせバラハタが大きくなったら、水槽内の勢力図が逆転してしまう恐れもありますから、ナポレオンとしてもそう簡単には許可しないでしょうね~。
ということで、日によって隠れる場所が違いますから、なかなか見つけることが難しいと思いますが、あっちこっち探してみてください。

*ここで、簡単にバラハタについての話題をひとつ・・・
みなさんの記憶に新しいのは、2016年4月に築地市場で宮崎県産のバラハタが販売され話題になったことではないでしょうか?
なぜ話題になったかと言うと、このバラハタと言う種類は、摂取した食物により体内にシガトキシン(シガテラ毒)という毒素を生物濃縮により蓄え、それを人間が食べることにより頭痛や下痢といった中毒症状をおこすことがあるからです。
今回のケースではその後、このバラハタは中国料理店で提供されたことが判明しましたが、健康被害の報告は無かったようです・・・というように、全てのバラハタが毒素を蓄えている訳では無いようですね。
もっとも沖縄では「あぶらののったタイ」と例えられ、高級魚扱いをされていると聞きます。

このバラハタ、名前の由来は「身体の色合いが華やかだから」です。漢字では薔薇羽太(ばらはた)と書きます。
今回水槽に出した個体は、まだまだ隠れていて身体の一部しか見えませんが、今後堂々と泳ぎ出したら、その綺麗な模様を是非ご覧ください。それまでは、もうしばらく魚名板の写真を参考にしてくださいね。

太平洋


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!