• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.12.18 トリーター:倉形

2017/12/18 「グット」のトレーニング

フンボルトペンギン「グット」
フンボルトペンギン「グット」

1歳のグットもショーに参加してもらうため初歩トレーニングを行っています。
まずは、名前を呼んで呼ばれたところまで寄って来るようにする。通称トレーニング名は「呼び出し」。

給餌時、毎回名前を呼びながら魚を与え続けて行くと、次第に自分の名前を記憶していきます。名前を覚えたら、次の段階として魚の入ったバケツを持ちつつ、名前を呼びながら着いて来たら、魚を与えることの繰り返しを行います。
最終的には魚を持っていない状態でも名前を呼んで、呼ばれた場所に寄って来られるようになればトレーニング終了となりますが、これで完全に終了では無く、日々の中でも時々遊びを交えた中でトレーニングを行って行きます。

動物たちも長い時間トレーニングを行っても集中力は続きませんので、遊びの中でトレーニングを取り入れたりと、バリエーションを作って短時間集中で行うことが重要となります。
グットもその結果、今では呼ばれれば完ぺきでは無いですが呼ばれた場所しっかり寄って来てくれるようになりました。
時々、ショーの中でお客さまからのリクエストでグットが指名されることがあります。私が担当した回のショーで、グットの呼び出しで寄って来てくれた時は、大変嬉しかったことを覚えています。

グットはまだ若いペンギンなのでいろいろなことに興味を示すため、ショー中に先輩ペンギンたちがやっている行動をまねたり、また、みんなが集まっているところに割り込んでみんなを突き回したりと、やんちゃ振りを発揮しています。
みなさん、グットのこれからの成長を温かく見守っていてください。そして、グットのショー参加も見に来てください。

ペンギン・アザラシ


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!