• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.02.18 トリーター:倉形

2018/02/18 なわばり


えのすいで飼育しているフンボルトペンギンは、全部で22羽います。
このペンギンたち、それぞれになわばりがあります。ほぼペアでなわばりを主張します。
ペアでなわばりを主張すると言いましたが、全部がオスとメスのペアでは無く、メスとメスの仲良しペアもいます。
朝まだ開館する前、私たちトリーターが掃除を始めるまでは、大体全羽自分のなわばりで休んでいます。
掃除が始まり出すとペンギンたちも仕方なく自分たちのなわばりを離れ、しぶしぶプールに入り、水中で羽繕いを始めます。
現在、陸場の中央付近に設置している巣箱では、卵を1個抱いているペアがいます。
朝の掃除時、離れたところからそっと覗くと2羽で仲良く巣箱でいる時もあれば、どちらか1羽が卵を抱いている時とそれぞれです。
当然、魚が貰える時間になるとペアで卵を交替で抱いて魚を食べに来ます。
時々お腹が空き過ぎてしまい、1羽が抱いていた卵を放置して巣箱から出て来てしまうことがありますが、先に魚を食べ終わった親ペンギンが慌てて卵を抱くような場面もあります。
卵を抱いている親ペンギンたちは、日頃よりも神経質になっているため、他のペンギンたちや私たちトリーターが巣箱に近寄り過ぎると巣箱から身を乗り出して嘴で突いて近寄らないでくださいと言わんばかりに警告して来ます。
普段、穏やかペンギンたちでも卵を抱いた瞬間から親としての自覚が芽生え、必死で卵を孵化させ、子育てをしようとする姿勢に人間である私たちも見習うべき部分があるように思います。

ぜひみなさん、卵を温めているペンギンたちのようすや、ペンギンショー「ペングィーン!」を見に来てください。

ペンギン・アザラシ


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!