生物情報

珍しい相模湾産ジョーフィッシュ。
「アゴアマダイ」の展示を始めました。


アゴアマダイの仲間は、世界中の暖かい海に分布します。
海底に巣穴を掘り、そこから出入りしたり、顔だけを覗かせるひょうきんな動きから、特にダイバーの間で人気があり、英語でJawfish (ジョーフィッシュ:顎の魚) の名前で親しまれています。

今回、展示したアゴアマダイは、サンゴ礁の浅い海にくらす他のアゴアマダイ科と比べると大変稀な種です。
その理由として、

死ぬと体色がすぐにあせてしまう。

生息水深が 50m以上で、人が手軽に潜水することができない深場にすんでいる。

などが挙げられます。
これらのことから、近年まで生きている姿がほとんど記録されたことがなく、謎に包まれていました。

今回、神奈川県湯河原町の遊漁船「天恵丸」さんより、真鶴半島沖の水深 70〜80mで釣られた1個体を譲り受けました。
バックヤードで傷の治療など展示の準備をしていたところ、巣作りや摂餌が見られるようになったので、このたび展示の運びとなりました。
生きている姿を見ること自体が大変貴重なこの魚を、ぜひご覧ください。

※生物の状態により、短期間の展示となる可能性があります。
※本種の生態から、巣穴に潜って見えなくなっている時があります。予めご了承ください。






【アゴアマダイ】
学名:Opistognathus hopkinsi
スズキ目 アゴアマダイ科
体長 約 10cm
採集場所:相模灘西部(真鶴半島沖) 水深 70〜80m
展示場所:相模湾ゾーン 相模湾キッズ水槽

< 前の記事次の記事 >

生物情報一覧
トップ|館内展示エリア|営業案内|ニュース・イベント情報|生物情報|ショー&ふれあいプログラム|お泊りナイトツアー|体験学習プログラム|特典いっぱいのえのすい会員制度|えのすいトリーター日誌|航海・採集日誌|SHOP|えのすいECO|モバイルえのすい情報局

copyright(C)
ENOSHIMA AQUARIUM
All Rights Reserved./font>