生物情報

冬の妖精「クリオネ」展示中!


流氷とともにやってくる、天使のような姿をした巻貝のなかまです。
殻はなく、体は透明で内蔵が透けて見えます。体には1対の翼のような足(翼足)があり、これを動かして泳ぎます。
流氷の下を泳ぐイメージが大変強いですが、生息域は広く、水深0m〜600m付近と深海でも確認されています。

※ 展示場所はクラゲサイエンスですが、クラゲの仲間ではありません。



【ハダカカメガイ (裸亀貝) /クリオネ 】
学名:Clione elegantissima
軟体動物門 腹足綱 裸殻翼足目 ハダカカメガイ科
展示場所: クラゲサイエンス

< 前の記事次の記事 >

生物情報一覧
トップ|館内展示エリア|営業案内|ニュース・イベント情報|生物情報|ショー&ふれあいプログラム|お泊りナイトツアー|体験学習プログラム|特典いっぱいのえのすい会員制度|えのすいトリーター日誌|航海・採集日誌|SHOP|えのすいECO|モバイルえのすい情報局

copyright(C)
ENOSHIMA AQUARIUM
All Rights Reserved./font>