えのすいトリーター日誌

2018/12/01 ヒナタとココロの体重測定
トリーター:大下


ヒナタとココロが当館に来て、早いもので4ヶ月が経ちました。
ある意味、同期でもある私が彼らに対して、思うところ…というか、心配なこととして、育ち盛りであるヒナタとココロが順調に成長しているのか?が気になっています。
成長を確認するには単純に体重を計ることができれば分かるわけで、計るにしても2頭が何気なく体重計にのってくれれば、お互いに大変な思いをせずに済みます。
そんな思いにかられ、2週間ほど前にちょっとした台を置き、台の上に2頭それぞれがのって、静止できるかを試してみました。
結果は私の想像を超えて、警戒しながらも私の誘導に応じてくれて、台の上で静止しました。

そんな彼らの姿を間近で見た私は「いける!」と判断、11月20日に決行しました。
お試しの時よりは2頭ともに警戒し、体重計にのる際に躊躇が見られましたが、体重を計ることができました。この時の体重はヒナタが25.3s、ココロが28.5sでした。
そして、昨日の朝も体重測定を行いました。昨日はまったく餌を食べていない状況で測定を行い、結果はヒナタが24.7s、ココロは27.8sでした。やはり、空腹時の方が値は下がりましたが、昨日の値の方が正確な値で今後、継続していく上での指標となる体重となります。

昨日の体重測定を終えた感想として、やはり人の見た目というのはあまりあてにならないものだなぁと実感しました。
ココロは30.0kgをゆうに超えていると思っていましたから…
これを良い機会にヒナタとココロの健康管理を推し進めて行きたいと思います。
体重が計れるまでの過程を見た限り、ヒナタとココロはなかなか良いポテンシャルを持っていて、ちゃんとトレーニングを施せば、さまざまな健康管理に協力してくれるはずと確信しています。


ヒナタ


ココロ


< 前の記事次の記事 >

えのすいトリーター日誌一覧
トップ|館内展示エリア|営業案内|ニュース・イベント情報|生物情報|ショー&ふれあいプログラム|お泊りナイトツアー|体験学習プログラム|特典いっぱいのえのすい会員制度|えのすいトリーター日誌|航海・採集日誌|SHOP|えのすいECO|モバイルえのすい情報局

copyright(C)
ENOSHIMA AQUARIUM
All Rights Reserved.