ニュース

えのすいKids Club会員プログラム
スペシャルワークショップ「子どもボランティア」が、2015年度の生物多様性アクション大賞「つたえよう」部門に入賞しました。

“国連生物多様性の10年”の普及啓発を目指す「生物多様性アクション大賞 2015」(主催:国連生物多様性の10年日本委員会、環境省)が発表され、毎年夏休みに実施しているスペシャルワークショップ「子どもボランティア」が「つたえよう」部門に入賞、12月11日(金)授賞式が行われました。

2005年より実施しているスペシャルワークショップ「子どもボランティア」は、夏休み期間中の2週間、子どもたちが生きものを展示・飼育することを学ぶ、えのすいKids Club会員限定のプログラムです。
毎年異なるテーマの中から子どもたちで展示のコンプトを決め、生きものを選定し、展示水槽を設置、展示期間中はお客さまに解説、発表も行います。

準備期間中は生きものを飼育するために必要な環境を調べ、飼育する水槽のレイアウトを考え、必要に応じて水族館内を見学し、また、えのすいトリーターに聞き取り調査を行って内容を固めていきます。
スタッフのサポートがあるものの、自ら海岸に出かけてレイアウトの材料を集めるなど自主的に行う部分も多く、解説や発表の準備では、自分たちが伝えたい生きものの魅力について、文章だけでなく、クイズや絵による解説なども作成します。

自分たちがつくりあげた展示水槽を発表する中で、さまざまなお客さまに出会い、試行錯誤を繰り返しながら“伝える”ことの楽しさを学んでもらえるよう、スタッフ一同サポートしています。

生物多様性アクション大賞2015
えのすいKids Club




ニュース一覧
トップ|館内展示エリア|営業案内|ニュース・イベント情報|生物情報|ショー&ふれあいプログラム|お泊りナイトツアー|体験学習プログラム|特典いっぱいのえのすい会員制度|えのすいトリーター日誌|航海・採集日誌|SHOP|えのすいECO|モバイルえのすい情報局

copyright(C)
ENOSHIMA AQUARIUM
All Rights Reserved.