• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用

NIGHT WONDER AQUARIUM 2017 満天の星降る水族館 ナイトワンダーアクアリウム2017

part3 11.24-12.25

ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ナイトワンダーアクアリウム2017~満天の星降る水族館~」は、12月25日(月)をもちまして、終了いたしました。たくさんの方のご来場、ありがとうございました。

新江ノ島水族館が2014年より毎年開催している17時からのスペシャルイベント「ナイトワンダーアクアリウム」へようこそ。

4年目となる2017年は、「満天の星降る水族館」をテーマに、より華やかに、よりドラマティックに、神秘的な夜の海を描き出します。
幻想的な映像とオリジナル音楽が作り出すのは、海の中に広がる満天の星空と、きらめく魚たちの、不思議な物語。いよいよ最終章となるパート3のテーマは、江の島のクリスマス。みなさまを、この季節だけの未知なる感動へと誘います。

さぁ、“えのすい”にしかない、美しい聖夜へ旅立ちましょう。

part3. 11.24-12.25

輝く星夜のプロローグ

相模湾ゾーン/出会いの海

江の島の浜辺に夕闇が訪れると、始まるのは不思議な宇宙の物語。現れるのは、見たこともない深海の生きものや、きらめく星座の数々。
神秘的な「ナイトワンダーアクアリウム2017」の幕開けです。

空から降る小さな星々

相模湾ゾーン/相模の沖

これは輝く星空?それとも海の中?
あたり一面が神秘的な青い光に彩られ、水槽で泳ぐ魚たちも、それを見る人たちも、星の光で編んだタペストリーに包まれるかのようです。

えのすいマジックフォト

相模湾ゾーン/海岸水槽

LEDボックスが写し出すのは、海の中のクリスマスパーティのような楽しい映像。
後ろから顔をのぞかせれば、わぁっ、サメが襲来!
あれ、わたしは天使?
ユニークな記念写真でSNSの注目度アップ!

まるで、光のタペストリー

相模湾ゾーン/海岸水槽

一歩ずつ進むにつれ、足元や壁面に広がるのは、光が織りなすタペストリー。パート3では華やかなクリスマスカラーが“えのすい”を彩ります。
どこからともなく響いてくる音色にも耳を傾けてみてください。

弾けて音を奏でる星たち

相模湾ゾーン/沿岸水槽

美しい夜空の映像の中、ふいに目の前に流れてきたほうき星。そっと手で触れてみると・・・?
音のモチーフとセンシング技術を融合させたインタラクティブアートをお楽しみください。

星と雪と魚たちの聖夜
~海辺で見つけた不思議な物語~

相模湾ゾーン/相模湾大水槽

満天の星空と美しい旋律に包まれる、夜の相模湾大水槽。そこで描き出されるのは、江の島の浜辺から始まる不思議な旅の物語。
最終章となるパート3では、深い海の底に星の光と雪の結晶がきらめく、ファンタジックな世界が広がります。
それはまるで、聖なる夜の贈り物。華やかな映像と全身を包み込む音楽、そして魚たちの光り輝く姿が一つとなる、“えのすい”ならでは感動体験です。 ※17:00より随時上映 各回約 5分

海月の宇宙(そら) ~そらを泳ぐクラゲ~

クラゲファンタジーホール

宇宙にはたくさんの星があり、形もさまざまです。
その中には、クラゲの形をした天体があります。
クラゲファンタジーホールから宇宙に飛び出し、宇宙のクラゲを観てみましょう。
※17:00より随時上映 各回約 6分半

すべて宇宙から生まれて輝く

太平洋クラゲサイエンス

フェリス女学院大学音楽学部の学生が選曲したBGMを楽しみながら、魚たちと過ごす癒しの空間です。
パート3ではクリスマスをテーマとした名曲をラインアップ。
心に響く美しい旋律をお楽しみください。

氷の上で、ハイチーズ!

ペンギン・アザラシ/ペンギンプール横

“えのすい”のかわいい生きものたちと記念撮影!
氷の上でペンギンやアザラシとクリスマスを楽しんでいるような、楽しい1枚が残せます。
珍しいクリオネも登場!
さっそく誰かに見せたくなりますよ。

深い海の底で見る夢

深海Ⅱ~しんかい2000~

遥か昔、長い旅の果てに地球にたどり着いた星々。その星の一つが、誰の目にも触れない深い海の底に舞い降りました。現れたのは、私たちとはまったく異なる生命と、彼らが暮らす小さな小さな深海都市……。
そんな架空の物語から生まれたミステリアスなオブジェが、ライトアップされた「しんかい2000」とともに、不思議な“深海”をつくり出します。

Shoot it up!
打ち上げよう!えのすい花火

なぎさの体験学習館

あなたが思いのままに描いた花火の絵が、大きなスクリーンに飛び出し、クリスマスカラーの夜空に打ち上がります!
RICOHの最新技術が生み出した、誰でも自由自在に楽しめる体験型アトラクションです。

満天の星降る夜の思い出を
あなただけの一枚に フォト+

2Fエレベーター横、環境水槽前

豊富な演出加工が楽しめる「フォト+(タス)」で写真を一枚。ご来場の記念に携帯端末に保存して、あるいはSNSで。
パート3からはクリスマス演出が追加!
公式Facebookで写真を見る
ナイトワンダーアクアリウム2017 公式Facebook

ハッシュタグで参加OK #ナイトワンダーアクアリウム2017 をシェアしよう!

出口付近、写真紹介ページはこちらから

Instagramへハッシュタグ「#ナイトワンダーアクアリウム2017」とともに投稿いただいた写真の中から一部をご紹介しています。
みなさまからの投稿もお待ちしております。
写真紹介ページを見る

ナイトワンダーアクアリウム2017フォトコーナー

相模湾ゾーン 2F フォトコーナー

期間中17時からは「ナイトワンダーアクアリウム2017」の背景に変更。
期間限定フレームもお選びいただけます。
1枚 1,050円(フレーム付き)

ナイトワンダーアクアリウム2017オリジナルプロダクツ

メインショップオーシャンショップ

オリジナル商品も充実。
ナイトワンダーアクアリウム2017の想い出をご自宅でも。
・缶バッジ 200円 ・クリアファイル 280円
・ボールペン 380円 ・スマートフォンカバー 1,980円
・湘南ビール 550円

ナイトワンダーアクアリウム2017オリジナル・関連プロダクツ

メインショップオーシャンショップ

・鎌倉山「星ラスク」5枚入り(オリジナルステッカー付き!) 780円
・江の島の夜空をイメージした星缶にクランチチョコが入ったオリジナル商品 1,080円
・光るペンギンキャンディー(ソーダ、イチゴ) 各 490円
・限定プリントシール 1回 500円

ナイトワンダーアクアリウム2017オリジナルメニュー

オーシャンカフェ

17時からのスペシャルメニュー「光るカクテル」。
ノンアルコール 各600円
・サンセットソーダ ・ブルービネガーソーダ
アルコール 各700円
・ブルーライトマンゴー ・スパークリングブルー

「ナイトワンダーアクアリウム2017 ~満天の星降る水族館~」は、[パート1] 7月15日(土)~9月30日(土)、[パート2] 10月1日(日)~11月23日(祝・木)、[パート3] 11月24日(金)~12月25日(月)の三つの期間で構成、季節とともにコンテンツも変化していきます。
それぞれの季節をお楽しみください。

名称ナイトワンダーアクアリウム2017 ~満天の星降る水族館~
期間 2017年7月15日(土)~12月25日(月) 休催日:10月21日(土)
[パート1]7月15日(土)~9月30日(土)17:00~20:00
[パート2]10月 1日(日)~11月23日(祝・木)17:00~19:00
[パート3] 11月24日(金)~12月22日(金)17:00~19:00
12月23日(祝・土)~12月25日(月)17:00~20:00
入場料大人2,100円、高校生1,500円、小・中学生1,000円、幼児(3歳以上)600 円

※「ナイトワンダーアクアリウム2017」は、17時から開催する夜のスペシャルイベントです。
※イベント実施日時・内容は予告なく変更する場合があります。

ナイトワンダーアクアリウムについてよくある質問

ナイトワンダーアクアリウムを観覧するのに、専用のチケットが必要ですか?

新江ノ島水族館の入場料金のみでお楽しみいただけます。
年間パスポート等「えのすい会員」のみなさまもお楽しみいただけます。

17時以降しか入場できないのですか?

イベントは17時から始まりますが、その前からご入場いただけます。通常展示をご観覧いただいた後、17時からのナイトワンダーアクアリウムをお楽しみください。新江ノ島水族館は再入場することができます。

ナイトワンダーアクアリウム2017 ~満天の星降る水族館~

[主催・総合プロデュース]
 新江ノ島水族館
[協賛]
 株式会社 リコー
 リコージャパン 株式会社
 株式会社 サクラクレパス 
[協力]
 株式会社 五藤光学研究所
 フェリス女学院大学音楽学部
 株式会社 アンリット
[スタッフ]
 ◇企画: 新江ノ島水族館
 ◇コンセプト/コピー: 有限会社 ジラフ

 ◇製作: 株式会社 タケナカ・株式会社 シムディレクト

 ◇総合演出: 株式会社 ネル・ラボ
 ◇企画演出: クリエイティブスタジオ KLOKA

 ◇音楽: 梅林太郎
 ◇写真: 新江ノ島水族館、先濱努