• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2017.03.04 トリーター:伊藤

2017/03/04 江の島海藻調査(4)
対岸にえのすいを望みながら

江の島北西岸。写真左上に水族館が見えます。
江の島北西岸。写真左上に水族館が見えます。
期間:2017年3月5日(日)
場所:江の島
目的:江の島の潮間帯で見られる海藻相の把握


今回は島の西岸。これでだいたい島内をひととおり周ったかたちで、調査も一区切りです。
西岸は江の島の海辺でも通好みな場所と言えます。
島の北北西に境川の河口があり、そこからの淡水が片瀬漁港と弁天橋下に堆積された砂(陸繋砂州、トンボロと呼ばれます)に挟まれながら流れ込むので、外海に面した開放的な景観にも関わらず、塩分が低くなります。
波はあれども河口域?みたいな感じです。
ちなみに本日測った塩分は海水の2/3程度でした。

その影響もあってか、動物の方は低塩分を好むユビナガホンヤドカリやケフサイソガニ類が多かったり、時に川から流されてきたらしきカエルやカメなどが見られたりと興味深いのですが、さて海藻は・・・

南の磯と比較して中~大型の海藻が明らかに少なく、寂しく感じられます。
目に入ってくる自生海藻は、ほとんどがハリガネ。
それ以外にカイノリ、オキツノリ、ヒラムカデといった南の磯でも多く見られた種がちらほら見られる程度です。
もっともこれは、私の海藻歴が浅いせいもあります。
より熟練すれば、汽水域ならではのマニアックな藻類が目に入るようになるかも知れません。


水際はほとんどこのハリガネばかり

それでも何かめぼしいものはないかと探すと、長い髪の毛のような海藻が浅いタイドプールに生えていました。
オゴノリの仲間でしょうか。
江の島では西岸で初めて見つけました。数は少なかったです。
そういえば、三浦半島の河口干潟でそれらしき海藻がたくさんあった気がします。
低塩分を好む(他の海藻に比べて影響を受けにくい)種なのでしょうか。


オゴノリ

帰りにオオバキントキなどの打ち上げ海藻を追加して、調査終了です。
駆け足でしたが、何とか天候や波浪に阻まれずに完了できました。
後は、気長に標本づくりと、データの取りまとめです。その過程で面白いことが分かれば、またどこかでお知らせしたいと思います。

この度は渋すぎる題材のチョイスにも関わらず、本日誌にお付き合いいただきまして、どうもありがとうございました。

相模湾ゾーン


このエントリーをはてなブックマークに追加
バックナンバー
一覧 RSS