• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 相模湾ゾーン

世界初!カタクチイワシの繁殖展示「シラスサイエンス」


2014年4月、湘南・江の島の特産品でもある「シラス」の生体の常設展示を世界で初めて行って以来、累代繁殖にも成功した「世界初!シラス展示への挑戦」。
とても身近な生き物ながらも、シラスの時期の生態については分からないことが多い生き物です。
展示開始から約3年間、常設展示を行いながら、飼育・研究して分かったことを詳しく解説。シラス水槽も新たに増やし、2017年3月 拡大リニューアルいたしました。
“えのすい”でしか見られない、生まれたばかりのシラスから、食卓に上るシラスまでの成長過程をぜひご覧ください。


世界に誇る相模湾

相模の海を知る事は世界の海を知る事。
暖流と寒流がぶつかる外洋の近くにあり、深海、岩場から砂浜、干潟までさまざまな生態環境を持つ相模湾は世界に類を見ない多様な生物の宝庫です。

地球が創り出した世界にも類をみないほどさまざまな環境がわたしたちのすぐ目の前に広がっています。
そこに生息する多様な生物たち。
そのひとつひとつの命の尊さをいつまでも大切にし、伝え続けることが“えのすい”の使命です。

季節来遊魚水槽、海流マップ

相模湾は水深が非常に深いため、湾内にはいくつかの水が層状に入り込んでいます。
湾を構成する主要な水は3つあります。
浅いところは「黒潮(暖流)」の影響を強く受けています。
水深約250m~1,000m付近には、「親潮(寒流)」を起源とする中層水があります。
それよりさらに深いところには、「深層水」が循環していると考えられています。
相模湾には一年中見られる温帯系の魚の他に、南北からの海流に乗ってやってくる熱帯系、冷水系の魚などが、季節や海況によって現われます。

季節来遊魚水槽と海流マップ季節来遊魚水槽と海流マップ

岩礁水槽

ゆらめく海藻の森、そこにひそむ者のけはいを感じるでしょう。
海の植物である海藻は、海のうねりで体をゆらしながら、海中のミネラルを吸収し、太陽のエネルギーで成長します。
この森には、海藻を住み家とする者や、卵を産みに来る者、海藻を食べる者、そしてそれらの生物を食べようと狙いに来る者など、さまざまな生き物たちの命が息づいているのです。

岩礁水槽岩礁水槽

川魚のジャンプ水槽

相模湾の豊かさは、相模川に代表される多くの川によっても守られてきました。
森、川、海はつながっていて、そこにくらす多くの命を支えあっています。
川でくらす魚は、産卵場所や餌を求めて川を移動するほか、水流や水位、水温などの微妙な変化を感じ取り、よりくらしやすい環境を求めて川を遡ったり、下ったりする移動を繰り返しています。
この水槽は、相模川でみられる魚たちの命の躍動する姿を再現しました。

川魚のジャンプ水槽川魚のジャンプ水槽

相模の海の水槽群

実際に相模湾に存在する「干潟」「アマモ場」「逗子沖サンゴ」「流れ藻」の環境を再現しました。
相模湾のどの地点を再現しているのかがすぐにわかる地図と写真が加わりました。

相模の海の水槽群相模の海の水槽群

相模湾キッズ水槽

自ら興味をもって楽しく観察できるよう一部に開閉式の覗き窓を設置した、えのすい初のキッズ向け展示水槽。小さな生き物たちをじっくり観察してください。

相模湾キッズ水槽相模湾キッズ水槽

江の島の海中

江の島は周囲が約3kmほどの小さな島ですが、海岸線は性格の違う三つの場所に分けることができ、それぞれで見られる生物も異なります。
一時は汚染の影響がみられましたが、近年は回復のようすもみられます。

江の島の海中江の島の海中

魚の食卓

マイワシの餌って何?魚たちが食べている餌の正体を拡大してご紹介します。

魚の食卓魚の食卓

沿岸水槽

相模湾沿岸の深さに合わせ、そこにくらす多様な生物を紹介します。スロープに合わせてだんだん深くなっていく展示水槽は、リアルな相模湾を体感していただけます。

沿岸水槽沿岸水槽

相模湾大水槽

館内の水槽では最大規模となる「相模湾大水槽」は、できる限り自然のままの環境に近づけるように2つの造波装置を設置し、絶えず波を発生させています。
岩場にぶつかる波の音を聞きながら、波の下で雄大に泳ぐ魚たちの生態や水深に応じて魚たちの種類が変わっていくようす、相模湾の岩礁や沖のようすを目の前で観察することができます。

相模湾は国内でも有数のイワシの漁場として知られていますが、その生態は普段見ることが出来ません。そんな海の中を再現し、銀色に輝きながら、うねり泳ぐ約8,000匹のマイワシの大群は最大の見所となっています。

相模湾大水槽相模湾大水槽
マイワシの群れマイワシの群れ

「海・生物・飼育」に関する旬な話題を披露!えのすいトリーターの時事ネタワンポイント解説

土曜・日曜・祝日
※春の大型連休、夏休み、年末年始は毎日実施予定です。

相模湾大水槽前

「相模湾大水槽」前で、えのすいトリーターが交代で「海・生物・飼育」に関する旬な話題をお届けしています。
通常の解説ショーとは一味違う、個性ある時事ネタ ワンポイント解説をぜひお楽しみください。

えのすいトリーターの時事ネタワンポイント解説

まるで福笑いのような顔「ダルマガレイ」展示開始

カレイ目ダルマガレイ科に属し、神奈川県、兵庫県から九州南岸までの日本沿岸と、台湾からインド洋、東アフリカまでの広い範囲に分布しています。
最大でも12cmほどの小さなカレイです。
続きを読む

冬のアイドル
小さなお団子みたいな魚「ダンゴウオ」展示開始

吸盤状の腹びれで岩などに張り付いて生活をし、小さなエビやカニなどを食べ、体長 1~2cmになります。
岩や海藻などに似せ、体色は、茶、緑、赤と様々なバリエーションがあります。
.. 続きを読む

ベテラントリーターも見るのは初めて!
1属1種の珍魚「トビハタ」初展示

ベテラントリーターも初めてという、とても珍しい魚が江の島の定置網に入り、“えのすい”にやってきたので初展示しました。
調べてみたところ「トビハタ」という魚でした。

続きを読む

久々に展示成功。
魅惑のメタリックパープル「ミナミハタンポ」展示開始

南日本の太平洋沿岸からインド、西太平洋にかけて広く分布しています。
大きな目と、紫色の鈍い金属光沢のある平たい体が目を引きます。
夜行性で、昼間は岩陰などで群れていることが多.. 続きを読む

全ての脚に毛がフサフサ。
“すね毛ガニ”こと「トゲアシヒライソガニモドキ」展示開始

モクズガニの仲間ですが、本種はハサミではなく、歩く脚8本すべてに毛が密生しています。
また、ふとももに見える部分(長節)にトゲがあり、名前の由来となっています。
南方系のカニ.. 続きを読む

相模湾では珍種!「スジモヨウフグ」

日本では琉球列島に分布します。
南方系のフグなので相模湾で見られることは稀です。
湾内からは2011年に初記録があり、江の島では今回初めて見つかりました。
その名.. 続きを読む

相模川から再確認。ハサミにフサフサを持つ希少種
「タイワンヒライソモドキ」展示開始

江の島でおなじみのイソガニ類によく似た形ですが、甲らの縁にあるくぼみの数が少なく、足の付け根に毛が生えていること、オスのはさみの外側だけに毛がフサフサと密生しているといった違いがあります。
続きを読む

珍しい相模湾産ジョーフィッシュ。
「アゴアマダイ」の展示を始めました。

アゴアマダイの仲間は、世界中の暖かい海に分布します。
海底に巣穴を掘り、そこから出入りしたり、顔だけを覗かせるひょうきんな動きから、特にダイバーの間で人気があり、英語でJawfish (.. 続きを読む

相模湾産は初展示!
1科1属1種の珍魚チョウセンバカマ展示開始

南日本から東シナ海、オーストラリアにかけての水深50m~400mの深場に生息し、相模湾ではごく稀に定置網などに入るようです。
別名「トゲナガイサキ」とも呼ばれます。漢字では「朝鮮袴」と書.. 続きを読む

イサキと名の付くハナダイの仲間
「アカイサキ」えのすい初展示!!

名前にイサキと付きますが、地味なイメージのイサキと異なり、色鮮やかな種が多いハナダイの仲間(ハナダイ亜科)です。
相模湾以南の太平洋沿岸やオーストラリア東西岸、ハワイ諸島、チリなどの熱帯.. 続きを読む

展示マップ
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!