• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.05.25 トリーター:山本

2018/05/25 カツオノエボシの魅力その1【体の構造】


みなさんは「カツオノエボシ」というクラゲをご存知でしょうか。よく海の危険生物として紹介され、刺されるとピリッとした痛み、腫れ、人によっては呼吸困難になってしまうほど危険なクラゲです。刺されたときの感覚から「電気クラゲ」なんて呼ばれることもあるようです。
このカツオノエボシが、5月の上旬辺りから南風が強く吹く日に神奈川県の沿岸部で漂着しており、えのすいのすぐ目の前にある片瀬海岸にもたくさん漂着しています。

さて、このカツオノエボシですが、みなさんは「毒が強くて危険」ということ以外に、このクラゲのことを詳しく知っているでしょうか? 私は全然知りませんでした…(笑)
そのため、今回の漂着をきっかけに、観察や勉強をしてみました! すると、危険な印象ばかりのカツオノエボシが、とっても魅力的な生き物に見えるようになったんです。
そこでみなさまに、私が調べたカツオノエボシについてのことを、何回かに分けてご紹介していこうと思います。クラゲファンの方にもそうでない方にも、カツオノエボシの魅力が少しでも伝われば嬉しいです! 専門用語や英単語も書きますので、気になった方はもっと深く調べてみてください!

今回はカツオノエボシの「体の構造」についてご紹介していきます。


カツオノエボシは、上の写真のように、透明な風船のような物から青い触手が垂れ下がっているという不思議な形をしています。
ごちゃごちゃしているように見えますが、構造は意外とシンプルです。わかりやすいように図を作成してみました!


カツオノエボシの体は、大きく分けて4つに分かれています。①気胞体(Pneumatophore)、②栄養個虫(Gastrozooid)、③生殖個虫(Gonozooid)、④感触体(Dactylozooid)です。

順番に説明していきましょう。

① 気泡体
気胞体はいちばん上の餃子のような形をしている部分です。この気胞体の中には、一酸化炭素や窒素が主に入っているそうです。見ての通り、海で浮くためのものですが、気胞体をしぼめて一時的に沈むこともできるそうです。実際に観たことはありませんが、意外と器用なんですね…
この気胞体には、形が2パターンあり、江の島に来るカツオノエボシは、すべて左に膨らんでいるタイプでした。


② 栄養個虫
栄養個虫は、餌を取り込んで消化し、体全体に栄養を送る役割をしています。打ちあがっていたカツオノエボシが魚を食べていたので、観察してみました。


栄養個虫の先端にある黄色い部分は口です。観察したカツオノエボシは、写真のように魚を口から丸のみにしてしまいました。口に入らない大きな魚は、口をペタッとくっつけて消化しながら栄養を吸収するようです。今バックヤードで飼育しているカツオノエボシは、アルテミアも食べてくれました。

③ 生殖個虫
カツオノエボシの青白くもしゃもしゃしている部分です。生殖個虫は、その名の通りこどもを作るための部分です。拡大写真はこちら↓


白くて丸いものは、生殖個虫が持つ「生殖体(gonophore)」と呼ばれるものです。ここを見ることで、オスかメスかが判断できます。

④ 感触体
いわゆる触手の部分です。ここで餌となる魚などを捕らえます。拡大すると、小さいつぶつぶが見えますね。これが刺胞です。この刺胞に毒針が入っています。図鑑によると、この感触体は、長さが30メートルほどまで伸びるそうです。


①~④以外にも、生殖個虫(③)が持つ触手「生殖感触体(gonopalpon)」や、生殖体のすぐ近くにある、少しだけ動くことができる部分「泳鐘(swimming bell)」、生殖体を保護する役割を持つ「保護葉(bract)」など、細かく見ると分かれているようです。もっと詳しく知りたい方は、今のキーワードから調べてみてください!

みなさん、カツオノエボシの構造はなんとなくお分かりいただけたでしょうか? 体の構造を知ることは、その生き物を詳しく知るための第一歩です。体の構造が分かったら、きっと前よりもカツオノエボシが魅力的な生き物に見えてくるはずです! えのすいでは、現在カツオノエボシを絶賛展示中ですので、この日誌を読んでくださった方は、ぜひえのすいにいるカツオノエボシをじっくり観察してみてくださいね!!

次回は、カツオノエボシが海でどのように生活しているかについてご紹介したいと思っています。お楽しみに!

あ、どんなにカツオノエボシを好きになっても、決して素手では触らないでくださいね!(笑)

クラゲサイエンス


2018.05.25 トリーター:櫻井

2018/05/25 クラゲとの共生


クラゲ担当になって2ヶ月が経とうとしていますが、未だにクラゲの未知数なことにとまどっています。本当に、扱いに困ってしまいます。魚とは全然違うんですよね、何もかも。
魚ではタブーなこともクラゲでは平気だったり、逆に魚では普通に行っていることがクラゲでは致命傷になってしまったり。
魚類飼育の常識が通用しないので、ゼロからのスタートよりも混乱を招いているぶん大変です。わけがわからない生物です、クラゲは。だからでしょうか、クラゲの魅力にどんどん魅せられて行ってしまいます。

魚担当だった頃から、魚と一緒にクラゲを混泳させられないだろうかと思っていました。今度はクラゲと一緒に、魚を泳がせようとしています。魚だけではなく、他種のクラゲ混泳や、魚以外での生物混泳など、次世代型のクラゲ展示を目論んでいます。

クラゲ飼育のベテラントリーターKは、前々からジェリーフィッシュライダーの展示に取り組んでいました。。
ジェリーフィッシュライダーとは、名の如くクラゲの背に乗って生活の一時期を送る生物のことです。主に、エビの幼生などが有名です。

当館では、ウチワエビの幼生、フィロゾーマ幼生がミズクラゲの上に乗りながら生活を送っています。実は上に乗りながらミズクラゲを食べちゃってるんですけどね…。
以前も展示したことがあるのですが、この度ひさびさの展示となりますのでぜひジェリーフィッシュライダーをご覧ください。
今回は広島大学、水産増殖学研究室の若林先生ご協力のもとの展示となりました。この場をお借りして若林先生に御礼申し上げます。

クラゲとの、さまざまな共生の形を試行錯誤しながら、私もクラゲと共生していく生活を送っていこうと思っています。

クラゲサイエンス


2018.05.25 トリーター:唐亀

2018/05/25 今週のおすすめ

環境水槽(5月25日現在)
環境水槽(5月25日現在)

環境水槽は来月から恒例の「海中のあじさい水槽」になります。今週は徐々に変化していく様が見られるかもしれません。

実はすでに変化が起こっているのです。一時期中のレイアウトが無くなり、やや閑散としていた時から始まっていました。中央にサンゴイソギンチャクが設置され、ついでおととい位にライティングが変わりました。

今年のあじさい水槽の担当は昨年同様TトリーターとHトリーターの女性2人組です。昨年の景観とはまた違った構想を練っているようです。みなさまぜひ応援しつつ楽しみにお待ちください。

[ 特別展示 海中のあじさい水槽 ]

環境水槽


2018.05.22 トリーター:小形

2018/05/22 生き物のルーツを知ろう!

フンボルトペンギン「サン」
フンボルトペンギン「サン」

みなさんこんにちは!!
今日は国際生物多様性の日です。
えのすいでもさまざまな生き物たちが生活しており、日々、さまざまな生態系のようすを見せてくれています。
私はペンギンの担当をしていますが、ペンギンは空を飛ぶことができません。
しかし、身近にいる、空を飛んでいる鳥たちと同じ仲間です。
ペンギンは以前は空を飛んでいたと考えられています。進化の過程で、空を飛ぶことをやめて水中での生活を選び、そのために体を進化させてきました。
生物のルーツを知ることは、意外な発見があり、面白いです!!
ぜひ、みなさんも今日は身近な生き物のルーツを探ってみてはいかがですか?

さて、話は変わりますが、最近えのすいのペンギンたちをご覧になった方は、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、現在オスの「サン」が一足早く換羽をしています。

本来、換羽とは夏から秋の初めにかけて行う、全身の羽を一気に新しい羽に抜け替えるものですが、今年の「サン」はどうしてか早めに換羽が始まりました。

換羽中はどうしても動きづらく、イライラする時期です。
普段は穏やかな性格の「サン」も、この時期ばかりはイライライライラ・・・。
自分のお気に入りの場所を他のペンギンが通るものなら、すごい剣幕で近寄って怒っています。

そんな「サン」ですが、ショーの時間になると必ず移動する場所があります。
ショー中、「サン」の姿が見えないなぁ??と思っていると、必ずここにいます。


もっと奥に近付いて見ると、、、


いた!!!
給餌のために使う台がしまってあるところの、横にある狭いスペースです。

最近は、ショー中にこの隠れているようすを見つけると、思わずクスッとなってしまうこの頃でした♪
あとは尾羽の羽根が抜けたら換羽終了です!

ペンギン・アザラシ


2018.05.21 トリーター:岩崎

2018/05/21 ツマグロ生まれました!


2018年5月11日にツマグロの赤ちゃんが生まれました!
ただいま親ザメたちを展示している水槽のとなりの、サンゴ水槽で展示しています。
小さくてかわいいですが、サメらしく堂々と水槽の上部を泳いでいますので、ぜひご覧ください。

ツマグロは、太平洋やインド洋などの暖かい海で見られる全長2メートルくらいのサメで、背びれや尾びれの先端が黒いことが特徴です。
いかにも“サメ”いった感じのかっこいい体型と、獰猛な性質で知られるメジロザメの仲間らしい精悍な顔つきをしています。

ツマグロは胎生のサメで、1年以上の妊娠期間を経て2~4尾の仔ザメを産みます。
今回は3尾出産した内の2尾が元気に成長中で、棒の先に餌の小魚を付けて差し出すと、しっかり咬みついて食べてくれます。
「やっぱりサメだ!」
小さいながらも期待に応える食べっぷりに、給餌の度にわくわくしてしまうのでした。

えのすいのツマグロ出産と成長は、2010年6月13日と2012年の6月21日に続いての記録となります。
2010年と2012年のようすは、えのすいトリーター日誌「2010/06/13 本日10時半、ツマグロ誕生!」と「2012/06/27 生まれた!」で紹介していますので、そちらをご覧ください。

出産直後すぐに親と分けないと、食べられてしまうので、発見が少しでも遅れると仔ザメにとって命取りになってしまいます。
今回はうまく出産の早期発見、分離ができて幸いでした。
この先もすくすく成長してくれることを願います。

仔ザメの成長に合わせてバックヤードの水槽に移動させたり、他の水族館へ里子に出したりする可能性があります。
あどけない姿が見られるのも今のうちなので、なるべく早くご覧いただければと思います。




給餌のようす

太平洋


2018.05.20 トリーター:伴野

2018/05/20 海獣類ニュース

バンドウイルカ「ルイ」
バンドウイルカ「ルイ」

みなさん、こんにちは!
本日は個人的、海獣類ニュースをお届けします。

ルイ発情?
ショーで活躍しているバンドウイルカのルイですが、最近発情行動が見られています。
いわゆる恋の季節というものです。
一度発情スイッチがONになると魚の摂餌も怪しくなり、プール底に沈んだり、プカプカとプールを漂ったりします。ルイはショーの中でもみんなを引っ張ってくれる存在。ショー中にこうなるとルイ担当者は内心焦っています(笑)。
でも生き物ですからね。こういったこともあります。ルイの様子をしっかりと見極めて一緒にやっていけたらと思います。

目指せスピンジャンプ
現在、ブリーディングプールで子育て中のバンドウイルカのシリアス。
いつか一緒にショーに出ることを夢見て、ひそかにスピンジャンプの練習を始めました。
動物たちと新しいことに挑戦するときは楽しみもありますが、不安もあります。
私はイルカのスピンジャンプ作り初挑戦。先輩たちにアドバイスを頂きながらシリアスとともにチャレンジします!!
ちなみに当分時間はかかりそうです…。

ライラとのコンビネーション絶不調!
ミナミアメリカオットセイのライラがえのすいに来て約1年9ヶ月が経ちました。
そのときからコンビを組んでいるのですが、最近なかなか息が合っていません。
私が伝えたいことを上手く伝えることが出来ず、ライラに怒られることがよくあります…。
実は数日間ショーもお休みをしていましたが、先日ショーに復帰したのでお見かけした方、応援をお願いします。

新しい仲間が増えました!!
5月9日、スペインの水族館からえのすいに新しい仲間がやってきました!
雄のオタリア2頭で名前はそれぞれディランとマルコムです。
詳しくは5月9日の遠山トリーターの日誌でご紹介しております。
ぜひご覧ください。
[ 2018/05/09 新しい仲間がやってきました ]

日誌を書いていて最近は動物たちと息が合わないことが多いなぁと思いました。
ある方に「動物たちと息が合うときは一緒に何をやってもできるのは当たり前。息が合わなかったり、状態が良くないときに動物と向き合いどうするか考えるのが飼育員だよ」
と言われたことがあります。

動物たちとの日々は悩むことも多いです。
それでも、動物たちとの時間を大切に過ごしていきたいですね。

それでは、本日はこの辺で!


ミナミアメリカオットセイ「ライラ」

イルカショースタジアム


2018.05.19 トリーター:伊藤

2018/05/19 クシテガニ増えました


4月27日から干潟水槽で展示開始したクシテガニ。
この手のカニが好きな私としては、ぜひ見て頂きたいと思っていたものです。
しかし、展示した数が少なかったために、いまいち見えづらいのが気になっていました。
というわけで、前回本種を確認した干潟に、再度採集に行ってきました。

実は私、活動期のクシテガニを見たことがありません。事前に下調べをして、大体の生息環境は分かっているのですが、不安です。もやもやしながら、現場到着。前回と異なり、ヨシの新芽がだいぶ伸びていました。癒される風景です。


地面に目をやると、アシハラガニだらけです(こちらは体験学習館で展示しています)。
道を空けるように逃げていきます。
走り回る「大きめのカニ」を見続けていると、動きが違うカニがいることに気づきます。
アシハラガ二が「トコトコトコ‥‥」と直線的に、それほど速くない動きなのに対して、「ザッ、ズザザッ」という感じで、頻繁に方向転換しながら素早く移動するものが目に入ります。
ヨシが邪魔をして、なかなか追い切れないなか、何とか捕まえました。クシテガニです。
ヨシに肌を切り裂かれながらも何とか10個体ほど採集することができました。
ひと段落して休んでいると、30秒ほどで無数の小さなカニに取り囲まれていることに気づきました。チゴガニです(こちらも当館干潟水槽で展示しています)。こちらが動いていると、巣穴に隠れてしまうのですが、じっとしているとすぐに出てくるのです。

現在、展示のクシテガニたちは、数が多いと警戒心が薄らぐのか、岩の上に乗ったりして、格段にご覧頂きやすくなりました。前回「どこにいるのかわからないなあ」と思われた方は、ぜひ再度見に来てみてください。普通の図鑑では載せていないものも多く、ましてや生きた個体をご覧いただける機会はまれだと思います。カニ好きのみなさま、ぜひご覧ください。

[ 鋭い目つきと真っ赤な指先「クシテガニ」展示開始 ]

相模湾ゾーン


2018.05.18 トリーター:北田

2018/05/18 今週のおすすめ


えのすいの目の前の砂浜では、海の家の準備が始まりました。
遠足の子どもたちと海の家の骨組みを見ていると、夏はもう近いですね。
それでは、今週のおすすめです。

カツオノエボシ (上)
ほとんどのクラゲの人生(水母生)は潮の流れに任せて自由に生きていますが、このカツオノエボシは風に左右された人生を送っています。
明日は明日の風が吹くさ、なんて前向きなことを言った次の日には、砂浜に打ち上げられたりして・・・。
カツオノエボシは、5月3日からクラゲサイエンスで展示をはじめていますが、この日から数回、近くの砂浜や磯で見かけて採集し、展示が維持できています。
ぜひお早めに!

クラゲサイエンス


クラゲプラネットがブルージェリーに変更

久々にクラゲプラネットの展示種がブルージェリーに変わりました。
ミズクラゲではゆったりめな感じでしたが、ブルージェリーでは白や茶色・青のクラゲがポコポコ泳ぐアップテンポな感じです。
子どもたちにも人気のブルージェリー、たくさんいますよ。   

クラゲファンタジーホール


2018.05.18 トリーター:樋口

2018/05/18 アオウミウシ他展示開始です!

模様はそれぞれ
模様はそれぞれ

みなさんこんにちは!

今回は写真多めでお送りします。

毎年この時期になるとお客さまから「ウミウシが見たかった」「ウミウシ展示していないんですか?」とのお声がちらほら。

これは採集しに行かねば・・!

ただ全くウミウシを探したことがなかったため、どこに生息しているかどのへんを探せばよいかてんで見当がつきません。
すると、ウミウシを見つけられる観察・・)を持ったKトリーターが一緒に採集に来てくださることに・・!
これは百人力です!

大船に乗った気持ちで採集へ・・!
磯に着くと魚が気になりますが、今日は目を皿にしてウミウシを探します!

探せど探せどアメフラシしか見えません・・。

Kトリーターはどんどんウミウシを発見していきます・・!
私はそれをつまんでバケツへ入れるだけ・・。

と、やっと1匹! アオウミウシを自力で見つけました!

いや、こんなに鮮やかで目立つウミウシ、見えないわけないだろと思いますよね。
私もそう思ってました・・
でも見えないんです! ウミウシ目がないと!

1匹ウミウシを見つけるとだんだんウミウシがいそうなところが分かってきたような気がします。
岩にへばりつきながらウミウシを発見していくことができました!
ちなみにウミウシのような巻き貝の仲間たちもいくつかいましたが、ウミウシの定義は「心臓より後ろに鰓(えら)があるかどうか」だそうです・・!
難しい!

そして最後には魚が気にならなく、ウミウシばかりを探していました・・
これがウミウシ目・・!!

そんなウミウシたち、相模湾キッズ水槽に展示しています
すみっこに行きがちなのでよーく探してみてください。


鰓(えら)


触角の向きがかわいい


ぴょこ


オトメウミウシ


クロシタナシウミウシ マットな質感

ちなみにカツオノエボシも浮かんでいたので採集してきました。(みなさんは海で見かけても絶対に触らないように!)
大事に大事にシートベルトをして(笑)、えのすいに連れてきました!


シートベルトをするカツオノエボシ入りバケツ

相模湾ゾーン


2018.05.18 トリーター:加登岡

2018/05/18 続・水中遊び

水中での尾鰭保持
水中での尾鰭保持

前回の日誌から約1ヶ月が経ちました。
[ 2018/04/22 水中遊び ]
その後のセブンのトレーニングの進捗状況を報告します。
前は水中で胸鰭を掴んだりしていましたが、今は尾鰭を掴むこともできるようになりました。
尾鰭はセブンにとって動力源です。これを掴まれると言うことは主導権を握られてしまうことに近いです(人も足を掴まれたら上手く身動きがとれませんよね)。
しかし、セブンはこれにも落ち着いて持たせてくれます。あの怖がりなセブンからは想像もできないくらい、初めからスムーズに持たせてくれました。

さらに胸鰭を掴む延長で、胸鰭を掴んだまま一緒に泳ぐトレーニングも行っています。
私が両手を前に出すと、胸鰭を出してきて、それに掴まって一緒に泳ぐのです。
えのすいではスクーターという名前の種目です。イルカたちが泳いでくれて、それに掴まっているだけで、プールの中をどこまでもいけるすごく気持ちのいい種目です。
しかし、セブンの場合は少し違います。写真では分かりにくいのですが、セブンは泳がず、僕が泳いでいます。セブンは身を任せて脱力した状態です。僕が泳ぐのをやめると止まってしまい、そのまま水面まで浮いてしまいます。まさに逆スクーターです。
ちょっとは自分で進んでくれないかなと願いますが、まだまだこの思いは伝わらず。次は自分から進んでくれるようにトレーニング方法を考えていきます。
時間がかかりそうですが、また進展がありましたら報告しますね。


両手を前に出し


胸鰭を掴んで


泳ぐ!

イルカショースタジアム





見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!