• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.03.23 トリーター:唐亀

2017/03/23 春の海によじよじ

えのすいクラゲの日
えのすいクラゲの日

先日、当館の企画イベントの一つ「夜のえのすい研究会」に向けて よじよじ して回りました。静岡方面から三浦方面の十数か所の漁港を回ってきましたが、各場所で採れる生き物が違っていました。

春、海や湖等では「ブルーム」という現象が起こります。植物プランクトンが爆発的に増える時期で、これを餌とする動物プランクトンが増え、海が豊かになるのです。
冬場の海はとても透明度が高いのですが、全体的にプランクトンが少ないためなのです。冬場にクラゲ採集に行っても、クラゲはおろか何も網に入って来ない事がほとんどです。逆に夏場になると透明度が落ち、よじよじすると色々なプランクトンが入ってきて、その中からクラゲをより分けるのが大変な位です。特に三浦方面ではヤコウチュウの数が物凄いです。

今回、静岡方面の港ではケイソウ類の植物プランクトンとコペポーダ類が多く見られました。真鶴方面ではシミコクラゲが多く入りました。三浦の内湾の港ではあまりこれといったものは入りませんでしたが、先端付近ではカブトクラゲも見られ、よじよじするとカイアシ類はもちろん、ゴカイ類やアミ類等色々なプランクトンが入りました。マキビシガイも入り、かなり面白い場所でした。

企画イベント「えのすいクラゲの日」でも、よじよじはクラゲ採集の手段として行っています。持ち帰りソーティングした後、見向きもしなかった小さな生物も、一匹一匹顕微鏡で見てみると、魅力的な形や色彩をしていたり、面白い動きをしていたり、ちょっと興味が湧いてきました。皆さんも機会がありましたらよじよじしてみませんか。

[ 2017/02/19 「よ じ よ じ」 ]


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.03.22 トリーター:岩崎

2017/03/21 花はサクラ 魚はメダカ


桜の季節がやってきました。
全国で東京がソメイヨシノの開花一番乗り。
間もなく湘南にも桜前線がやってくることでしょう。
えのすいでは4月15日(土)までの期間、“Spring Festival in 新江ノ島水族館”を開催中です。

桜咲く暖かな光が降り注ぐ春の小川では、長くて寒い冬をじっと耐えてきたメダカたちも活発に動き始めます。
かつては桜と同じようにわたしたちに身近な存在だった野生のメダカですが、自然界では生息できる環境が急速に失われてしまったことから、絶滅危惧種として指定されていることをご存じでしょうか?

えのすいがある神奈川県の藤沢市では、野生のメダカ(ミナミメダカ)はすでに絶滅してしまったと思われていました。
ところが、藤沢在来の遺伝子を受け継ぐ子孫は、偶然個人のお宅の池で生き残っていたのです。
この再発見されたメダカは、“藤沢メダカ”と愛称が付けられ、20年以上大切に守られてきました。
藤沢メダカの野生復元を目指して保護活動を続けて来られた“藤沢メダカの学校をつくる会”のご協力で、ウェルカムラウンジでは企画展「藤沢メダカと春の湘南~江の島」を開催しています。

また、なぎさの体験学習館2Fで常設展示してきた藤沢メダカ水槽の近くでは、藤沢メダカと藤沢メダカの学校をつくる会の活動を詳しく紹介した「藤沢メダカ 特別解説パネル展」を開催しています。

自然界では野生のメダカが減少している一方、鑑賞用のメダカが一大ブームとなっています。
馴染み深いオレンジ色のヒメダカも人間による改良種なのですが、さらに発展させた赤や白色が美しい改良種のメダカや、国外産のメダカの仲間などを一同にそろえた「春の小川を泳ぐ 世界のメダカたち」を、テーマ水槽では開催しています。

野生メダカの現状と遺伝子保全の取り組み、品種改良の最前線とメダカの多様性、美しさとかわいらしさを存分に知っていただけると思いますので、合わせてご覧ください。
さらに、クラゲショー「海月の宇宙(そら)~春~」では、3Dプロジェクションマッピングで満開の桜とクラゲがコラボレーションしています。

花はサクラ 魚はメダカ クラゲ美し 春爛漫のえのすいへ

みなさまのご来館をお待ちしています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.03.20 トリーター:遠山

2017/03/20 新しい毛が生えてきた!

ゴマフアザラシの『オガ』(右)と『ワカ』(左)
ゴマフアザラシの『オガ』(右)と『ワカ』(左)

私が担当しているゴマフアザラシ、1年に1回ある「換毛」の時期に突入中です。
換毛!?なんじゃそりゃ!?という方もいると思いますが、そのまま字の通り、毛が換わるという事です。
いわいる古い毛から新しい毛にチェンジ!という事。

ゴマフアザラシたち、間近でみないと良く分からないのですが、体には細かい毛がたくさん生えています。ちょうどこの時期に、ゴマフアザラシは毛が抜け換わります。
えのすいで生活している2頭の『オガ』『ワカ』も毛が抜け換わっている真っ最中ですが、その子によっても毛の抜けかわるスピードだったり、時期も微妙に違うんです。

『ワカ』は、もうほとんど新しい毛になっています。


『ワカ』
特徴としては全体的に少し白っぽい、どちらかというと灰色のような色をしています。

一方、もう1頭の『オガ』は、まだ新しい毛があまり生えていません。

『オガ』
背中が黒っぽい色をしています。古い毛は黒かったり茶色のような色をしているのですぐにわかります。
あともう少しで『オガ』も綺麗になるはず。

2頭を並べると違いがよくわかりますよね。アザラシを見る時は、毛にも注目してください。

ペンギン・アザラシ


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.03.19 トリーター:角張

2017/03/19 「すっぽり」


さて、今日はみなさんにこの上の写真から見ていただきましょう!

どこから撮った写真かわかりますか?
クラゲファンタジーホールを写した写真であることは何となくわかっていただけると思いますが、この写真、クラゲファンタジーホールの入り口にある円柱水槽(現在、アマクサクラゲを展示している水槽)の中から撮ったものなんです!

この日は、閉館後に水槽掃除をしました。
クラゲの水槽は、クラゲを別の水槽やバケツに移動して、水を全て抜いて掃除します。
大きな水槽は私たちが中に入って汚れをこすったりします。
先ほどの写真、よく見ると右端に人が見えますよね?
同じ日にミズクラゲの水槽も掃除しましたので、合羽を着たKトリーターが水槽の中を掃除しています。

普段は水槽の外側からクラゲたちを見ていますが、こうして水槽の中に入ってアクリル越しに外を見るとクラゲたちになったような気持ちになります。
しかも閉館後にしか見られない光景なのでトリーターの特権でもありますね!(笑)

クラゲの水槽にトリーターがすっぽり入って掃除するようす、ぜひ想像してみてください(笑)


掃除後の円柱水槽


クラゲファンタジーホール


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.03.18 トリーター:田中

2017/03/18 初めまして!

バンドウイルカ「ミレニー」
バンドウイルカ「ミレニー」

みなさん、初めまして!新人トリーターの田中です。
えのすいで働き始めて 1か月半が経ちました。
1日があっという間に終わってしまいます!
これからどんな事が待っているのかとてもドキドキしています♪

さて、今日はパートナーの、バンドウイルカ「ミレニー」とオタリア「マミ」について紹介します!

まず、バンドウイルカの「ミレニー」(写真 上)。
「ミレニー」は 2000年6月7日にえのすいで生まれました。
「ミレニー」の見分け方は、下顎の先とお腹がピンク色をしているところです。
可愛いな~~~!
もちろん、「ミレニー」とショーに出るのはまだまだ先のことですが、先輩トリーターが見守る中、少しずつではありますが「ミレニー」にサインを出したり追いかけっこをしてみたりと、とても楽しい時間を過ごさせてもらっています。
これからも、愛情たっぷり接していきたいと思います!

続いては・・・オタリアの「マミ」です。


オタリア「マミ」

「マミ」は 1998年3月17日にえのすいにやってきた女の子で、大ベテランです!!!
最近「マミ」に、覚えたばかりのサインを出す練習をはじめました。
とても緊張していた私は体も頭もガチガチで・・・・・・
あとはご想像にお任せします。
それでも「マミ」は私のサインに答えてくれます。
まるで「新人さん、もう少し落ち着きなさい。」と「マミ」の声が聞こえてきそうでした。

「ミレニー」、そして「マミ」ともっと絆を深めて、言葉が通じなくても動物たちの思いを感じ取れるトリーターになれるように、日々努力していきます!

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。
以上、初めてのトリーター日誌でした♪

イルカショースタジアム


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.03.17 トリーター:杉村

2017/03/17 今週のおススメ ~深海底曳き生物のおススメ~

ヒメカンテンナマコ
ヒメカンテンナマコ

ヒメカンテンナマコ
半透明の身体、背中に赤いトサカを持ったとても美しい深海ナマコです。
ナマコというと「酢の物」のナマコとをイメージされるみなさんが多いと思いますが、ナマコの仲間は世界にナント 1,500種、日本でも 200種は見られ、浅海から深海まで多種多様な生活をしている生物なのです。
特に深海には、「ユメナマコ」や「センジュナマコ」という超有名な深海ナマコがいます。
今週おススメするヒメカンテンナマコは、この超有名ナマコの仲間なのです。
海底の泥の中の有機物を食べて生活しているので、食べた泥が半透明の身体から透けて見える不思議なナマコです。
ゆーっくり水槽内でも動いていますよ。ぜひ時間をかけて観察してみてください!!
癒されるかも?!


ワヌケフウリュウウオ


深海を歩く、アンコウの仲間です。
三角形の身体に輪紋の綺麗な、全長 4cmほどの小型の魚です。
アンコウ鍋のアンコウに似ているといえば似ているような、似ていないといえば似ていないような何とも表しようのない、深海魚です。
海底を発達した胸鰭と腹鰭を使って歩いて移動して、小型の甲殻類を素早く吸いこんだり、海底に棲むゴカイの仲間をうどんのように吸い込んで食べています。
じーっと、観察しているとのっそりのっそり歩くようすが見られるかも・・・ しれません。


ミノエビ

ちょっと頭でっかちで太っちょ、薄いオレンジ色の殻で身体が少し透けて見える非常に美しい深海エビです。
背中には、名前にあるようにまるで「蓑(みの)」をしょっているように見えることも特徴的です。
底曳き網漁でもそれほど多く獲れるわけではないので、市場にはあまり出回りませんが、食べるととてもおいしい深海エビです。
長い脚でしっかりと水底で立つ、凛々しい姿をご覧ください。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.03.17 トリーター:鈴木

2017/03/17 うちのお姫さま


こんにちは、鈴木です。
今日は恐れ多くもうちの姫をご紹介します。

まず、うちの姫はとってもお綺麗です。やはり姫と呼ばれるだけのことはあります。赤を基調とした鮮やかで気品のある色合いは、如何にも姫といった感じです。
そして、日々大変落ち着いておられます。何事にも動じず、堂々と地に立っている様はさすが姫としか言いようがありません。
さらに、常に一点をじっと見つめておられます。今後の行く末が見えているのでしょうか。その視線の先に何が見えているのか、姫にしか分かりません。

さて、そんな如何にもお淑やかそうな面が目立っている一方、瞬間的な動きは俊敏です。
特に食事の際にはまるで肉食動物さながらの無駄のない動きで狙った獲物に近づき素早く捕らえます。好物はオキアミです。ん?食の好みがまるで魚類・・?

はい、そうです。お察しのとおりうちの姫は魚でございます。正式な名前も「ヒメ」で、漢字では「姫」と書きます。やはりその美しさが由来と言われています。
水深200m付近で採集され、縁あってえのすいに来られた姫は、現在は冷たい海の水槽で(薄暗い)スポットライトを浴びで複数の姫たちと元気に暮らしています。
どうやら最近は恋の時期のようで、朝方にオスメスの姫同士のペアで、まるでダンスをするように息を合せて水面に上がり、産卵する姿が観察されています。

煌びやかな体色もさることながら、派手さはありませんがよく観察すると行動がとてもユニークで、ずっと見ていても全く飽きません。それどころか、見始めると目が離せなくなり、いつの間にかずっと見てしまいます。何とも不思議な魅力のある魚です。

複数のヒメ(たまに全員)で同じ方向を見ていることや、じっとしながらも背びれだけをピンッ、ピンッと立て、ヒメ同士で会話?みたいなことをしていることなど、ほんとに飽きないですよ。おそらくトリーターの中にも姫ファンは多いです。
ぜひ皆さまもそんなうちのお姫さまに会いに来てください!(^^)

太平洋


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.03.16 トリーター:城戸

2017/03/16 「コハク」

フンボルトペンギン「コハク」
フンボルトペンギン「コハク」

こんにちは!
明日、3月17日はフンボルトペンギンの「コハク」の誕生日です。
2008年生まれなので、9歳になります。
「コハク」の母親は「ハク」、父親は「ジャンボ」です。
「ハク」の子どもということで、「コハク」という名前をお客さまにつけていただきました。
よく名前を呼んでいたので、「コハク」と呼べば近くまでくるようになりました。
私たちが隠れて呼んでもちゃんと来ます!

最近は、弟の「ムーン」と仲が良く、4歳も年下ですが、一緒にウロウロ歩き回り、探索しています。9歳ですと、もう少し落ち着きが出てきてもいいかな?と個人的には思ってしまいますが、まだまだ遊び盛りのようすです。
「コハク」が落ち着いた大人のペンギンになるのは、もう少し先になるかもしれませんね。

ペンギン・アザラシ


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.03.15 トリーター:伊藤

2017/03/15 シラスサイエンスオープン


ついにシラスの新展示が始まりました。
早速、見どころやこだわりの部分を紹介してみたいと思います。
展示は、3つの水槽と、1つのモニター(動画展示)、そのまわりの解説板からなります。

まずは水槽です。
新しく設けたシラス用の水槽は、前の水槽の約2倍の水量になりました。さらに、観覧窓も大きくなりましたので、ゆったりと見やすくなったと思います。
さて、水族館の水槽と言ったら普通、水槽ごとに別の種類が入っているものです。そんな中であえて、3つの水槽で同じ魚を展示するのです。水槽ごとに成長段階を違えた個体を展示することで、魚種はとしては全て同じカタクチイワシでありながら、見た目やサイズ、泳ぎ方などは全く異なるようにして、違う種類の魚を見るかのような楽しさを目指しています。
ちなみに、今展示している魚は全て当館で卵からふ化させた自家繁殖個体です。さらに、真ん中と右の水槽に入っているのは、もう何代も飼育下で累代繁殖した飼育下五世のシラスです。シラスの状態は刻一刻と変化していきますので、ご来館されるたびに違った姿の魚を見ることになります。

次に動画です。
カタクチイワシを育ててきて、感動の瞬間を何度も目の当たりにしました。この「瞬間」を皆さまにも紹介したいと思いました。卵から生まれ出る瞬間や、肉眼では見えにくい生まれたての赤ちゃんシラス、餌を食べる瞬間など、当館の凄腕広報カメラマンことY崎さん自慢の撮影素材の中から、選りすぐって上映しています。是非スル―せずにご覧ください。

最後に解説です。
「サイエンス」らしくこだわりつつも、分かりやすく、一目で理解しやすいものを目指しました。シラスの成長の仕方や、食べている餌、飼育下で判明した興味深い生態を「さらっと」労せず読めるようにしてみたつもりですが、いかがでしょうか。

数年前、「いつかシラスを展示したい」と思いながらもどこか夢物語のように思っていたのが懐かしいです。現在でも、育成が思い通りにいかずに苦心させられる日々ですが、それでもある程度は狙って育てて、お見せできるようになりました。これはもしかすると、結構凄いことなのかも知れません。皆さま是非、えのすい生まれのシラスに会いに来てください。

相模湾ゾーン


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.03.13 トリーター:戸倉

2017/03/13 今朝のトゲトゲと毎月の検査

ネズミフグ(うしろ姿)
ネズミフグ(うしろ姿)

いつものように、朝の見回りをしていたところ、潮溜り(タイドプール)水槽=通称「じゃぶじゃぶ池」でトゲトゲの塊がいました。
すぐに「ネズミフグ」だと分かったのですが、このように膨らんでいる姿を見る事、ましてや写真に撮れるチャンスはなかなか無く、元に戻る前に慌てて撮りました(写真 上)。
こうしてうしろ姿から胸鰭を耳として見ると・・・
なるほど!“ネズミっぽい!”(名前の由来は諸説あると思いますが・・)

そして、前から見たのが下の写真です。

ネズミフグ(斜め前から)

名前にフグとありますが、フグ目ハリセンボン科ですから、みなさん良くご存じのハリセンボンに近い仲間になります。
何かにびっくりしたのか?
威嚇していたのか?
は分かりませんが、ごくまれにこのような姿を見る事が出来ます。
ネズミフグ(横から)
   
でも、あれよあれよと言う間に、元の姿に戻ってしまいました。
徐々に棘が倒れて、元の姿に戻ったネズミフグ

私が見つけて元の姿になるまで、1分程の出来事でしたが、もしかしたらみなさんも、そんな姿を見る事ができるかもしれませんよ。
(ネズミフグは、入口から2つ目の水槽にいます。)


そして、本日はウミガメたちの「採血と超音波診断の日」でした。
この検査は、毎月第3月曜日に行っているのですが、今月は20日が祝日なので、1週間前倒しをして今朝(13日)に実施しました。
アカウミガメの採血
   
採血と言っても、イルカやアシカのようにハズバンダリートレーニングを施していないので、暴れないように人力で保定しての採血となります。
ちなみにウミガメの場合は頸部から採血をします。
検査項目は他の動物と変わりありませんが、毎月データを得る事によって、その個体それぞれのデータ変化を確認する事ができます。
アオウミガメの超音波診断

超音波診断は「メス」だけ行います。
と言うのは「卵」があるかどうかを確認するためです。
繁殖を目指す上で「卵」の確認は重要で、きちんと交尾されているか、卵の発生具合はどうか、など野生個体では簡単に得る事のできないデータを取得できるのではないかと推測しています。
この場合、後肢の付け根前部に超音波のプローブ(探触子)をあてて検査します。

当館ではアオウミガメの繁殖経験はありますが、超音波診断を並行して実施していなかったので、他園館から情報をいただきながら手探りで進めている状態です。
えのすい生まれのウミガメが更に増えれば良いのですが・・・。

相模湾ゾーン


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!