• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.01.17 トリーター:樋口

2019/01/17 いろんな質感ダンゴウオ


みなさんこんにちは。
寒さも厳しくなってきましたね。

新年初のトリーター日誌です。
今年も生き物たちをよろしくお願い致します。
こたつを出してからというもの寝落ち率がグンとアップしてしまい、大晦日も寝落ちて年越しを実感できないまま、起きたら早朝でした。
寝落ちを防ぐためにこたつを廃棄したというK先輩トリーターを見習いたいものです。

さて、今年も冬の風物詩、ダンゴウオを展示しています。
今ならなんと、フウセンウオ、ホテイウオ、ダンゴウオのダンゴ3兄弟がえのすいでご覧いただけます! ダンゴファンの方はぜひ。

今日は当直でじっくり水槽を見る時間がありましたので、ダンゴウオの質感を紹介します。
魚は種類によってある程度質感といいますか、色や見た目が決まっているものですが中には個体によって大きく違いのある種類もいます。

ダンゴウオも個体によって異なります。
何匹か紹介しますね。


体表が滑らかでつるっとしていたり


ゴツゴツと岩肌ぽかったり


色と艶消しなイボイボ感が爬虫類ぽかったり




背景の擬岩に似ていたり

いろんなダンゴウオを展示しています。

今はオスメスが一緒に展示されていて、オス同士が威嚇していたり、メスをなんとなく誘うような行動もタイミングによっては観察することができます。
ちなみにオスとメスの簡単な見分け方は背びれの形です。王冠のように大きな背びれを乗っているのがオスです。比較的オスは緑やオレンジ、赤など鮮やかな個体が多く、メスは茶色がかったピンクで地味な個体が多いです。

個体差が大きいダンゴウオですので、ぜひみなさんお気に入りのダンゴウオを見つけてみてくださいね。

相模湾ゾーン


2019.01.16 トリーター:伴野

2019/01/16 「シリアス」の体重

バンドウイルカ「シリアス」
バンドウイルカ「シリアス」

みなさん、こんにちは!
今年初のトリーター日誌です。
今年もよろしくお願いします。

さてさて、2018年1月のトリーター日誌でバンドウイルカの「シリアス」が体重測定にチャレンジしていることを、2月には無事に測定できるようになったことを書きました。
(ご興味ある方はバックナンバーをご覧ください。)

この一年間、「シリアス」の体重を安定して測定することが私の目標でしたが、ここまでは無事に測定することが出来ました!

測定し始めた去年 2月の体重は 236.5kg。
「シリアス」の目標体重は、約 290kg程です。
(目標体重は、体長の長さから計算して決めています)

測定し始めた当初は恐らく給餌している魚の量が少なかったのでしょう。
「シリアス」は子育て中のため、他のイルカたちよりもエネルギーがたくさん必要だと考え、この一年給餌する魚の量を増やしました。

そして、今年 1月の体重は 283.5kg。
なんと約 50kgも体重が増えましたよ!


1年間「シリアス」の体重を測定し、子育て中の個体の体重管理や給餌量を判断する難しさを感じることができました。
母親は授乳に多くのエネルギーを費やす為、子獣の授乳行動が体重の変動に大きく関係しています。
母親単独で考えるのでなく、子獣の授乳行動や魚の食べ具合も配慮して魚の量を決めていくことが大切ですね。

これからも母子ともに健康に過ごしてもらえるようにしっかりと観察をしていきます。
それでは本日はこの辺で!

バックナンバー
2018/01/28 目指せ体重測定!
2018/02/16 シリアスの体重は!?

イルカショースタジアム


2019.01.16 トリーター:小森

2019/01/16 初!カワウソ団子の体重測定


そろそろ体重が量りたいなーと前回のトリーター日誌から毎日思っていたのですが、この度 27(26)日齢でとうとう行なうことができました!
お昼にコツメカワウソの「ヨモギ」と「ミサキ」が巣箱から出ており、機嫌よく遊んでいたため、もしかしてこのまま遊んでもらっていたらできる・・・!?と、一緒にいた Kトリーターと話し、急遽トライしてみることになりました。
Kトリーターがおもちゃで「ヨモギ」と「ミサキ」を必死に遊ばせている間に、息を殺し巣箱の蓋をずらします。
音を立てようものなら飛んで戻ってきてしまうため、焦る気持ちを抑えながら少しずつ。
するといい感じにドンゴロス(麻袋)の上にカワウソ団子ができています!(上の写真)

さあ、まずは1頭目。
秤にバケツを乗せその中に子どもをいれてパシャ! いいぞ!
そして 2頭目 3頭目と量ったところで、
いや待て、これじゃ誰が誰なのかわからないじゃないか!!!
と自分のミスに気が付きました。
そこで第一のタイムアップ。
「ミサキ」が戻るよー!と Kトリーターからの声がかかり、ぽぽいっと巣箱に返却します。
「ミサキ」がふんふん巣箱を点検し、異常がないことを確認して再び遊びに行きます。
あっぶなー!まるで怪盗や泥棒になった気分です。

さて、次は失敗しないようにしないと・・・。
先ほどの反省を踏まえ、おまたの写真も撮る事にしました。

まずは1頭目。オス!






体重は 334gでした。


2頭目。メス!






体重は 318gでした(時間との勝負なので巣箱へ返却せずにあとで引き算する方法を選びました)。


3頭目。オス!






体重は 341gでした。

さて、前回のトリーター日誌で私がメス 2頭、オス 1頭じゃないかなぁと勝手な予想を立てていたのですが見事にはずれでしたね。
正解は メス 1頭、オス 2頭でした!
当たっていた方いらっしゃるでしょうか?

そして・・・ 写真を撮れたのはいいものの、みなさん、、、この子たちの顔の違いわかりましたか?
わたしにはわかりませんでした 笑(^^;)

これを機に、毎日体重が量れるといいなぁと思っています。
目が開いたら顔の特徴も出てくると思いますので、ぜひ楽しみにしていてください!

最後に、慌てて撮った 3頭の写真。一部ぼけたり切れたりしていますが・・・
今後もこの3頭を宜しくお願いします!



関連日誌
2019/01/02 カワウソ近況報告!


2019.01.15 トリーター:杉村

2019/01/15 タカアシガニの脱皮成功!

タカアシガニ
タカアシガニ

先日の13日のお昼ごろ、飼育展示中のタカアシガニが脱皮を始めました。
発見されたときは、まだ脱皮が始まったばかりだったようで、甲羅の付け根の部分が分かれ、中の新しい身体が少し浮き上がった状態でじっとしていました。
しばらく観察していると、そのうち甲羅を浮かせたまま動き出したので、バックヤードへ隔離することにしました。
身体が比較的小さかったので、無事バックヤードの予備水槽に収容することができました。
その後、水槽に蓋をして薄暗くしてようすを見ていました。

カニの仲間は、普段は堅い甲羅に覆われているので、脱皮の時は甲羅を柔らかくして小さくなった殻を脱ぎ捨てます。
この時にうまく脱皮できずに体力を使い切ってしまって、そのまま帰らぬカニになってしまうこともしばしばですので、特にタカアシガニのように大型のカニを担当していると、それは気が気ではありません。

そんな心配な気持ちで、夕方17時ころに覗いてみると・・・ようやく長い脚の根元が見え始めました。
そのまま、そーっと蓋をして2時間後に再び覗いてみると・・・水槽の中にタカアシガニが2匹に増えていました!!
そうです! 脱皮に成功していたんですね。
ほっと胸をなでおろした瞬間でした。

大きさを調べてみると脱皮前に比べて、甲羅の大きさが1.3倍ほど大きくなっていました。
今はまだ甲羅が柔らかいので、硬くなって餌を食べるようになったところで、元の大きな水槽に戻す予定ですので、その時まで今しばらく、楽しみに待っててください。


深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


2019.01.14 トリーター:倉形

2019/01/14 赤ちゃん3頭すくすく成長しています


コツメカワウソ「ミサキ」が昨年12月21、22日に出産してから、早24日が経ちました。

3頭の子は、日に日に大きく成長しています。とはいっても、まだ身体測定はできていませんので、いまの体重や体長をお伝えできないのが誠に残念です。

巣箱交換の際、現在は両親が子を咥えて移動をさせているのですが、出産当初、ヨモギは雄で体もミサキよりも大きく、顎の力もあるので、余裕で咥えていました。
ミサキは1歳の雌なので体もヨモギから比べたら小さく、顎の力というよりは口の大きさも関係するのか、子を移動させる時に咥えず両手(前肢)で抱え上げるようすや、片手で抱えて移動をさせるようすが見られましたが、さすがに最近では子が成長し、抱え上げられるほどの大きさでは無く、またヨモギが子を移動させている姿を見て学習したのか、しっかりと咥えて子を移動させています。

ミサキもまだまだ、係員が飼育舎に入室すると、遊んで遊んでと甘えたりもしますが、子を咥え移動させている姿や、授乳している姿を見るたびに、人間のように出産前誰かに育児を教えてもらったわけでも無く、ミサキに備わっている本能(母性)が母親(雌)として頑張っている感が伝わってきます。私たち担当者、いや、私たち人間としても見習わなければいけないなとつくづく実感しています。

現在、子はまだ目も開いておらず、自力で飼育舎内を移動することができないため、みなさんが来場された際に子が確実に見られるというわけではございません。ご了承ください。
たまたま、親が巣箱交換のタイミングや何かのタイミングで子を移動させている姿を幸運にもめぐり合うことができたならば、騒ぎ立てず、静かに見守ってあげてください。
みなさんの優しさが、ミサキとヨモギの子育てに安心安全な場所であることがわかり、今後の子孫繁栄にも繋がって行きますので、よろしくお願い致します。

これからもいろいろな形でミサキやヨモギ、その子どもたちのようすをお伝えして行きます。楽しみお待ちください。


2019.01.13 トリーター:山本

2019/01/13 だれのエフィラだクイズ

えのすいで展示されているクラゲたちは、多くの場合が成熟に近い、いわゆる「大人のクラゲ」です。この状態を、一般的に「メデューサ」といいます。
そのメデューサの状態になる前、いったい彼らはどんな姿形をしているのでしょうか。日本でお馴染みのミズクラゲやアカクラゲなど「鉢虫綱」というグループに属するクラゲは、メデューサになる前は「エフィラ幼生」という状態になります。


クラゲ担当のAトリーターが書いて下さったクラゲ(鉢虫綱)の生活史の図を見てみましょう。
赤い丸で囲ったところがエフィラです。花びらみたいな形をしており、ぽふぽふと泳ぐ姿はとても可愛いです。でも、えのすいではエフィラの状態で展示することはなかなかありません。とても小さいからです。
大きさは、どの種類でも大体5㎜前後。大きい水槽に入れると、あっという間に見失ってしまいます。でも、拡大してみてみると、種類によって色や形に違いがあってとても面白いんです。

そこで、エフィラクイズ! 現在えのすいで展示されているクラゲ5種類の、エフィラの写真を撮りました! いったいどのクラゲのものでしょうか?
エフィラたちが成長した姿を想像しながら、考えてみてください!

第1問
ヒント: 恐らく誰もが知っているあのクラゲ…! 今の時期、江の島の周りでも見ることが出来ます。この写真ではいまいち分かりません(すみません、私が撮りました…)が、全体がオレンジ色をしています。

第2問
ヒント: 体の真ん中あたりはオレンジ色をしていますが、成長していくにつれ青色に変わります。丸っこいクラゲのエフィラです。

第3問
ヒント: 最初にエフィラの状態ではあまり展示しないといいましたが、この種は現在クラゲサイエンスにて展示をしています。透明な体は、成長すると乳白色になりますよ。8㎜ほどの大きさで、他の種に比べると大きいエフィラです。

第4問
ヒント: 白い点々は褐虫藻ではなく、刺胞が集まっているものです。写真では黄色に見えますが、遠目に見ると紫っぽい色をしていますよ。成長するとしましま模様が出てきます。

第5問
しばらく透明のまま成長していきますが、大きくなると傘が鮮やかなオレンジ色になるクラゲです。他の種と違い、あまり動かないエフィラです。

以上! この問題、作っていて思いましたがすっごく難しいです…。でも、種類によって形が結構違うのが分かっていただけたのではないでしょうか!
それでは、正解発表!

第1問

ミズクラゲ

第2問

キャノンボールジェリー

第3問

サムクラゲ

第4問

パープルストライプドジェリー

第5問

パシフィックシーネットル

いかがでしたでしょうか! 2問以上正解できれば相当な強者ですよ!
普段展示しているクラゲたちにも、全然違う形の時があったんだなーと思っていただければ幸いです。
ここで注意していただきたいのが、最初にお伝えしたように、エフィラ幼生の時期を持つのは「鉢虫綱」のクラゲたちだけです。アンドンクラゲやハブクラゲが属する「箱虫綱」、ベニクラゲやオワンクラゲが属する「ヒドロ虫綱」のクラゲたちなどにはエフィラ幼生期はありませんので、お間違えのないように!

このクイズ、他のクラゲでやっても面白そうなので、小さい時のクラゲたちの写真をしっかり記録にとっておこうと思います。またご紹介しますね。

クラゲサイエンス


2019.01.12 トリーター:遠山

2019/01/12 後輩のアシカデビューに向けて

ここ最近はデビューに向けていろいろと練習しているトリーターがいます。その中でも「きずな/kizuna」のアシカパートデビューに向けて鷲見トリーターが毎日地道に練習に励んでいます。
タイミングが良いとステージで先輩トリーターと練習している姿をご覧になることができるかもしれません。
それ以外でも空いている時間を使ってバックヤードで一生懸命アシカたちのトレーニングを実施しています。

ショーを意識して、動物たちに積極的に話しかけ自分の気持ちを動物に伝えながら楽しくトレーニングしています。
ここ最近の鷲見は担当する動物も少しずつ増えており、オットセイの『セシ』『ライラ』、オタリアの『トトロ』の3頭を担当しています。
最初はまったくうまくいかず、泣いていることも多い鷲見トリーター。ようやくアシカショーの形になり始めています。
みなさん、鷲見トリーターのアシカデビュー楽しみにしていてくださいね。


鷲見トリーターとライラ


鷲見トリーターとセシ


鷲見トリーターとトトロ

きずな/kizuna


2019.01.11 トリーター:櫻井

2019/01/11 今週のおすすめ

コティロリーザ・ツベルクラータ
コティロリーザ・ツベルクラータ

コティロリーザ・ツベルクラータ

クラゲサイエンスにいます。
コティロリーザ・ツベルクラータは学名です。
学名:Cotylorhiza Tuberclata
けっこう可愛くて私は好きです。
英名ではフライドエッグジェリーと呼ばれ、目玉焼きにそっくりといわれているクラゲです。どうでしょう、目玉焼きに見えますか?
傘を一生懸命はばたかせるように拍動する姿も可愛いですが、紫色の付属器がとても鮮やかです!
生産室で愛情たっぷり注いで育てたコティロ、満を持しての登場です。

イラ

相模湾大水槽にいます。
ひさびさの登場です。色は鮮やかで存在感もあるのでいればすぐわかるのですが…。ちょっと隠れていることが多いかな。ぜひ見つけてみてくださいね。
顔が愛嬌あって可愛いと思うのですが、無表情すぎてちょっと怖いという職員もいます。


イラ


2019.01.11 トリーター:伊藤

2019/01/10 海ウグイの展示を目指して

ウグイ
ウグイ

みなさまこんにちは。
当館の展示生物の中で、目立たずも密かに活躍する魚といえば、筆頭はカゴカキダイでしょうが、次点としてウグイが挙げられます。
芦ノ湖で記載され、学名に「箱根」の名を冠する地元ゆかりの淡水魚です。魚の行動展示の先駆けこと「川魚のジャンプ水槽」が2008年にオープンして以来、常に、わき役ポジションで頑張ってもらっています。最近では、「さかなのもぐもぐプール」で、みなさまの下さる餌をねだったり、時にへそを曲げたりしています。

そんなウグイについて今、試していることがあります。海の魚と一緒に泳がせること。「何を突飛な!」とたしなめられてしまいそうだと思いきや、そうでもありません。
アジアで繁栄するコイの仲間の中で唯一、ウグイとその近縁種だけが、降海、すなわち海で暮らす生態を持っているからです。ウグイ類の海での生態は分かっていないことが多く、降海するタイプは北へ行くほど多いといわれつつも、西日本のとある川のウグイのほとんどに海へ降りた経歴があることが分かったり、という具合です。相模湾でも少ないながら海での漁獲例があります。こうなってくると、海の中でどうやって暮らしているのか、淡水生物による海域(汽水域)の一時的な利用に興味を持つ身としては、想像が膨らみ、いざお試しです。

最初は、バックヤードの水槽にて徐々に飼育水の塩分を高めて、馴らしていきました。ほとんどの個体で成功し、エサも良く食べています。次に、大水槽の浅瀬こと通称「じゃぶじゃぶ池」に泳がせてみました。最近水上に植物の飾りをつけたり、落ち葉をあしらったりして、潮だまりから江の島の北東岸(境川の河口汽水域)にイメチェン中の水槽です。数十匹のウグイたち、いい感じに泳いで…くれていたかと思ったら、数日間でみるみる体に傷がつき、エサも食べなくなってしまいました。よく見るとコトヒキがつついています…。このままではまずいと思い、魚類チームきっての採集上手、杉村・鈴木両トリーターに手伝ってもらい、ほとんどの個体を再びバックヤードへ取り上げて、集中治療です。するとすぐに再びエサを食べ始め、みるみる傷も治りました。彼らの体調不良の原因は塩分の変化ではないとうかがえました。

次に、岩礁水槽と大水槽に数個体を展示してみました。エサは良く食べますが、体に傷が増えてきたような気もします。思いのほか、難しいです。日々の変化を慎重に見守っているところです。今回のお試しで、少なくともウグイ一種だけで飼えば、海水での長期飼育が可能だと確信できましたが、現時点の当館には、ウグイ1種のために明け渡せる展示水槽がありません(それだけ多くの展示生物を状態よくキープできているということで、館としては嬉しいことです)。海暮らしならではの体や行動の変化はあるのか、他の海水魚たちとの関係は? 魚たちを労わりながらも試せる範囲で試してみたいです。

水族館の人間として、命を慈しみ、長生きできるようにケアするとともに、時にはその自然での行動を引き出すために、時に個体には負担をかけてしまうこともあります。生残率の低さを知りつつ展示のために連れてきたり(イワシやカマス)、場合によっては研究のため、他の展示生物の身を優先するために殺す時もあります。そんな時、時に「命をイツクしむ方」からキツイ視線を向けられることもあります。生き物が好きな者同士で、好きさ加減や方向性の違いからこういうことが起こると、つらいわけですが、確かに言えることは、自分なりに「生き物が好き」ということでして、こんなもやもやも胸に秘めつつ、今年は謙虚にへこたれずに頑張ってまいりたいです(おみくじは末吉で、そんなことが書いてありました)。

相模湾ゾーン


2019.01.10 トリーター:田中

2019/01/10 マミと一緒に…


えのすいトリーターの田中です。
私の2019年「初トリーター日誌」は、オタリアのマミとの特訓についてです。

いま新たにマミと練習しているのは「腹筋」です。



頭を私の手のところまでタッチして欲しくて…

でも、ただマミが腹筋するだけではありません。
私も向かい合わせになって一緒にやります!!!

2019年はマミも私もアスリートレベルの腹筋になって「きずな/kizuna」で大活躍間違いなし!

さぁ、この後どこまで進んでいるのか乞うご期待☆

きずな/kizuna


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!