• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.11.11 トリーター:岩崎

2018/11/11 ヒョウモンダコ展示中です。

ヒョウモンダコ
ヒョウモンダコ

ヒョウモンダコを展示中です。
9月に江の島の磯で採集されました。
相模湾キッズ水槽で展示していますのでご覧ください。

ヒョウモンダコは成長しても 10cm程度の小さな可愛らしいタコですが、唾液に猛毒があるので注意が必要です。
興奮すると頭や腕に青い線や丸い模様が浮かびあがるので、すぐに見分けることができます。
フグ毒と同じ成分の呼吸困難を引き起こす神経毒なので、咬まれると危険です。見つけても手で触れないようにしてください。
また、最近筋肉にも毒があるといった研究結果が発表されていますので、おもしろがって食べないようにしてください。

ヒョウモンダコは、サンゴ礁があるような暖かい海が主な生息域ですが、相模湾でも生息が確認されています。
当館には、毎年ではありませんが、5月~6月と9月~11月の初夏と秋に、漁師さんが刺し網漁やタコ壺漁で漁獲したものや、磯遊びや釣りで捕獲されたものが搬入されています。
調べてみたところ、今年を含めたここ6年間で、10個体のヒョウモンダコが搬入されました。
今年は11月に入って先日1個体、そして今日も1個体を逗子の漁師さんから譲り受けました。
夏の猛暑の影響で海水温が高いので、ヒョウモンダコの活動がまだまだ活発なのかも知れません。
磯採集に適した季節ではありませんが、まれに釣れることがありますので、今年の秋は特に注意した方が良さそうです。

ただしヒョウモンダコは毒があるからといって、悪いタコではありません。
生存競争の激しい自然界で生き残るための戦略として、毒を持つようになったと考えられます。
触ったり食べたりしなければ害はありませんので、むやみに恐れず憎まないでいただければと思います。
出会った時には注意が必要ですが、小さくて美しい海の生き物を大切にしてください。

相模湾ゾーン


2018.11.10 トリーター:鷲見

2018/11/10 「セシ」と目指せ! きずな/Kizunaデビュー!!

練習中の風景
練習中の風景

みなさんこんにちは。
今年もあと2か月。少しずつ寒くなってきましたね。
でも動くとまだ暖かいので、ウエットスーツ半袖で頑張っています。
ウエットスーツの長袖は温かいですが、半袖の方が動きやすいので、半袖はやめられません。
さて、今年はいつまで頑張れるか・・。。

さあ、今回は最近「セシ」と一緒に目指しているものをご紹介します。
「セシ」はメスのミナミアメリカオットセイです。(詳しい情報は「鷲見(スミ)目線で紹介します!part.10」をご覧ください)
「セシ」とコンビを組んで2ヶ月くらいが経ちました。
始めは「セシ」も私もお互い緊張していて、よそよそしく、ぎこちない感じがありました。
「私の膝に乗っていいよー」と誘導しても、腰が引けていて「セシ」との距離を感じていました。
ですが、一緒に遊ぶときにたくさん目を合わせるように意識をしていると、「セシ」が少しずつ私に集中してくれるようになり、今までやったことのない遊びでも「なになに?」と付いてきてくれるようになりました。
だんだんと腰が引けるのもなくなってきて、距離が縮まっていることが嬉しくニヤニヤしてしまいます。
そして、「セシ」と今目指しているのは きずな/kizuna というショーのアシカパートデビューです!!
このパートは「セシ」と楽しむのはもちろん、他に登場するアシカたちともタイミングを合わせなければなりません。
たまに私が先走ってしまうことがありますが、「セシ」と息が合っている姿を早くみなさんに見ていただけるようにさらに練習します!

練習している姿を見つけた時は、温かい目で見守っていてください(笑)

関連日誌
2018/09/02 鷲見(スミ)目線で紹介します! part.10

きずな/kizuna


2018.11.09 トリーター:北田

2018/11/09 今週のおすすめ

デンキウナギのecoツリー点灯
デンキウナギのecoツリー点灯

11月に入り「えのすいクリスマス」が始まりました。
もうクリスマスイベントですよ。早いですね、と言いながらもちゃんと毎年準備しちゃっているのですが…、それでは今週のおすすめです

デンキウナギのecoツリー点灯
毎年恒例のデンキウナギのecoツリー。いつもは青を基調とした装飾でしたが、今年は赤になっています。クリスマスプレゼントの箱のようなデザインでいつものより全体が温かく感じます。装飾も新しくなったクリスマスツリーと併せてデンキウナギの点灯をお楽しみください。
[ デンキウナギのecoツリー点灯 ]

幻想的なクラゲのグラスツリー
ここ数年、クラゲサイエンス横で開催していましたが久々に水族館入って右(相模湾ゾーン 出会いの海横)に登場となりました。今年は雪のような床も光っていますのでちょっと遠くからはグラスツリーが浮かんでいるかのようにも見えます。グラスツリー全体の雰囲気を楽しむのも良いですが、ぜひグラスの中のミズクラゲもしっかり観察してくださいね。
[ 幻想的なクラゲのグラスツリー ]


第8回 えのすい主催 水槽コンテスト
今年は「未来」をテーマに11月15日より募集を開始いたします。中学生・高校生のみなさん、「斬新な」アイデアをお待ちしております。
個人的な意見も入ってしまいますが、ぜひ水槽で表現していただきたい内容は「自然環境の作り込み」よりも「トリーターが使わないような材料、作らないような装飾を中心とした学生さんのイメージを優先した展示」です。これまで最優秀賞を受賞された方もこのような傾向がありますので、ぜひ参考にしてみてください。
[ 中学生・高校生対象 「第8回 えのすい主催 水槽コンテスト」参加者募集 ]


昨年の水槽コンテストのようす


2018.11.09 トリーター:今井

2018/11/09 久々のテングダイ


朝方、定置網に面白い魚が入ったとの連絡を受け駆けつけると、大きさ20㎝ほどのテングダイでした。
茶褐色と黄色の独特のしま模様で、下あごには細かいヒゲ(皮膚の突起なのでザラザラ感はありません)がたくさん生えています。

ふつう、漁師さんから頂いた魚の多くは、予備水槽で擦り傷などの消毒と餌付けを行ってから展示水槽に移動するのですが、本種の食性は特殊でウミシダなどの棘皮動物を好むため、用意しやすいアサリやエビ等の餌に慣れるまで時間がかかります。そのため、一通りの静養を終えたら、移動先の展示水槽内で餌付けをする場合もあります。

現在展示中の個体は約1年半前に同じような状況で搬入したもので、大きさは30㎝ほどあります。トリーターに餌をねだるほど慣れているので、新しい個体もその真似をして餌を突くようになれば良いのですが。
どんな工夫をすれば、どんなものを食べてくれるか? 飼育冥利に尽きる思いです。

相模湾ゾーン


2018.11.07 トリーター:山本

2018/11/07 カツオノエぼうしの作り方

最近は南風が吹く日が少なくなり、私の大好きなカツオノエボシがすっかり見られなくなってしまいました(と思ったら最近葉山の方で見られたとかなんとか・・・!)。
さみしい。カツオノエボシのことを書きたいのにネタが無い。
・・・と言うことで、今回は「カツオノエぼうし」の作り方をご紹介します。
カツオノエぼうしとは、この夏私が作った手作りの帽子です。夏のイベントで何度か使っていました。


カツオノエボシが流れてこない、そんなさみしい季節にピッタリのアイテムです。これを被れば、あなたもあっという間にカツオノエボシ!
作りながら体の構造も学べます(ここ重要!)ので、お子さまの冬休みの宿題なんかにいかがでしょうか!

それでは作り方です。
とはいっても、クラゲ生産室にあった物を適当に使って作りましたので、みなさまで自由に工夫して、もっとハイクオリティなものをお作りください!
材料は、透明な大きい袋を何枚か、青い布or青いビニール、針金、黄色いテープ、結束バンド、両面テープ。こんな感じでしょうか。

1, 結束バンドを繋げて頭に巻き、とりあえず自分に合う大きさに調整してください。結束バンドですので、後から調整できますよ。


2, 調整したバンドを中心に、透明な袋を被せていきます。左右非対称にすることで、ちょっとリアル感が増しますよ。気泡体のふっくら感を出すために、テープを使って形を整えながら袋を何枚も重ねていきます。
ちなみに、この袋の色は青がいいという意見もありましたのでお好みで。リアルを求めたい方は、気泡体の上のしわしわの部分も針金やペンなどを使って作ってみましょう。


3, 感触体(=触手)と栄養体(=口と胃)を作ります。
青い布やビニールを感触体の形に切って、先ほど作成した帽子部分に貼りつけましょう。長い物を1本(=主感触体)作り、それよりも短い物をたくさん作りましょう(ちなみに、この中に針金を入れると、コイル状にしたりちょっと曲げたりと、自分の好きな形にすることが出来るという、ちょっとどうでもいい機能を付けることができます)。
作ったうちの何本かは先端に黄色いテープを貼り、栄養体の口を表現しましょう。
これでほとんど完成ですが、こだわる方は綿などを使って生殖個虫を表現してみてください。



完成――!!


いかがでしょうか。
素材や色など、こだわりたいところはまだまだありますが、これを被ればあなたもカツオノエボシ。これ一つ作るために、詳しく観察したり、勉強したりとすごくためになりました! 使い勝手もとてもいいので、みなさんもぜひ作ってみてください!
これを作っていて思いましたが、他のクラゲでもやってみたら面白そうですね。そのうちやってみます。街中がクラゲの格好をした人であふれる日が来たらいいのにな。


カツオノエボシ

クラゲサイエンス


2018.11.06 トリーター:水村

2018/11/06 ペンギンのイベントが始まりました!


みなさん、こんにちは。
先週は寒いなーと感じる天気だったのに、今週は曇っていて、生暖かい天気ですね。
寒いのは苦手ですが、気温が低くなると、空気が澄んでくるので、晴れた日に観る浜辺からの夕日はとってもキレイですよ。

さて、ハロウィンが終わったと思ったら、次のイベントの季節がやってきました。
そうです、クリスマスです☆
1年で一番キラキラしている季節かもしれないですね!
えのすいでも、先週から色々なイベントが始まりましたが、今回はその1つ、『ペンギンのお散歩』をご紹介します。

このイベントはペンギンが大きなカートに乗ってオーシャンデッキを散歩するというイベントです。
クリスマスソングが流れます!
ペンギンが入っているカートは透明なアクリルガラスで覆われていて、触れ合うことはできませんが、間近でペンギンを見ることができ、写真も撮ることができます☆
先週、練習のために夕方、お散歩に出かけると、たくさんのお客さまに集まっていただき、写真をいっぱい撮ってくださいました!
どのペンギンが登場するかは、その日になってからのお楽しみです☆
このイベントは週末の午後に開催しますので、みなさん、ぜひいらしてみませんか?
(天候によってはお散歩コースが変わります)


他にも、入口には大きなクリスマスツリーが登場し、館内がクリスマスムードに変わっていますので、ぜひ、遊びに来てくださいね!!

えのすいアクア・ツリー

ペンギン・アザラシ


2018.11.05 トリーター:樋口

2018/11/05 ハート模様のタツノオトシゴ!


みなさんこんにちは!

今日の昼ごろ・・・
餌やりでふと水槽を見ると、タツノオトシゴの仲間のタカクラタツが目に入りました。
あれっ! 今、ハートが見えたような・・・!

もう一度よーく見ても、他のトリーターに写真を見せても「ハートだ!」という同意を得られましたので、載せます!
よく「ハートの模様がある魚です!」とは言っても実際見てみると、うーん見えると言われれば見えるような見えないようなうーんいまいち。ということがありますよね。
でも今回はなかなか完成度?高いですよ!

見てくださいこれ!




ハートが3つ並んでいるように見えませんか!!!!

タカクラタツは元々、黒い斑点が3つ並んでいるのが特徴です。
その3つの黒斑が微妙に個体差で崩れて、ハートに見えるのです。

いやー結構ハートに見えますよね!
ハートのタカクラタツは小さな窓が並んでいる相模湾キッズ水槽のいちばん右の水槽にいます。

ちなみに反対側は確認していませんので、反対向きになっていたらごめんなさい。
顔が左を向いている時は3つのハートが見えますよ!

※ハート模様のタツノオトシゴの展示は終了いたしました。

追記ですが、本日相模原ふれあい科学館からハリセンボンを3匹頂きました。
出口付近の環境水槽に仲間入りしています。
環境水槽のハリセンボンはこれで5匹になりました。
一匹一匹顔も模様も違いますので、お気に入りのハリセンボンを見つけてみてください。


相模湾ゾーン


2018.11.04 トリーター:池光

2018/11/04 獣舎での過ごし方

ミナミアメリカオットセイ「ライラ」「ルシア」
ミナミアメリカオットセイ「ライラ」「ルシア」

えのすいにはオットセイが4頭います。
ルシア、セシ、アポロ、ライラ、全頭女の子です。
この4頭、獣舎での過ごし方によって、「まったりグループ」と「動くの大好きグループ」に分かれるんです!

「まったりグループ」はルシアとライラ。「動くの大好きグループ」はセシとアポロ。
「まったりグループ」は何をしているかと言うと、、、ほとんど寝ています! 起きていたとしても体は横たわったまま目だけきょときょろロとすることがほとんどなんです。
「動くの大好きグループ」はというとプールに出たり入ったり、プールの中を急いで泳ぎまわったり、何か鍛えているのかな?というぐらい、とにかく動いています!

しかし最近、このグループ分けに変化が、、、
なんとライラが「動くの大好きグループ」に加わりました!!
プールに入って注水されている水にあたってみたり、プールの中に入れられた輪で遊んで獣舎の外に出したり! 行動に変化が!!

今後このグループ分けに変化はあるのでしょうか?
私はひそかに見守っていきたいと思います。


「セシ」「アポロ」

イルカショースタジアム


2018.11.03 トリーター:大下

2018/11/03 初乗船

えのすいで展示している魚はさまざまな方法で入手をしています。
入手方法としてはいろいろな魚類を取り扱う業者からの購入、漁師さんからの購入、漁師さんの船に同乗して採集、トリーターが網で採集、他の水族館との交換があります。

今回、漁師さんの船に同乗して、定置網で採集してきました。私にとっては初めての経験となります。
23:30頃に集合して、タンクに海水を入れたり、さまざまな備品を積んだりして、0:00にえのすいを出発しました。仕事とはいえ、普段は寝ている時間に出発することや初めて漁師さんの船に乗ることに高揚感があり、見たことが無いような魚が入っていないかと期待もあり、その反面、漁師さんの作業の邪魔をして怒られるのでは?という不安ありと、さまざまな感情が入り混じりながら、小田原へと向かいました。一緒に行くのは数年ぶりに仕事を共にするS君です。

集合時間前に漁港に到着。風はあるものの寒くはなく、星が非常に良く見えました。
集合時間となり、漁師さん方とさらりとした挨拶を交わした後にいざ、出航。
漁場となる定置網までは30分程度で到着。網を上げる準備が始まったので、とにかく邪魔にならないように待機。S君の指示に従い、見よう見まねで網をたぐるのを開始。
いざ、網が上がってきて、魚を目の前にするとテンションが上がり、漁師さんの船に乗せてもらっている身であるのを忘れて、狙いを定めては魚をすくいまくりました。
2ヶ所の定置網を上げた後に帰港となり、採集した魚をトラックへと積込み、帰館となりました。帰館後、すぐに予備の水槽へと採集した魚(17種41点)を移動し終えました。

私も世が世であるならば、天に召されても、おかしくない年齢になりましたが、一睡もせずに夜を徹しての作業を終えることができ、まだ徹夜ができる気力と体力を持ち合わせているのだと、ある意味どうでも良い自信へと繋がりました。

今回の初乗船を終えて、率直な感想としては相模湾にはさまざまな生物が生息しているのだなぁと感じました。採集を終えて、自身の中では予想していなかった生物が網に入っていたので、驚きました。

今回はかなり遠慮して乗船したので、大した写真を撮る事ができずにすいません。
次回はみなさんの興味を大いに引けそうな写真を撮りたいと思っています。
ぜひ、次回に御期待ください。


出航前


魚の選別中


2018.11.02 トリーター:小森

2018/11/02 カワウソと握手、始まります!


オープン当初から「飼育準備中」のシールが貼られひっそりと存在していた部屋をご存知ですか・・・?
そう、それが握手部屋、私たちトリーターの中ではふれあいエリアと呼んでいる場所です。そしてお待たせいたしました! そのふれあいエリアにて11月3日から「カワウソと握手」が始まります!

カワウソの展示が始まって早8ヶ月。どうしてこんなに時間がかかったかって?
決してもったいぶっていたわけではありません。理由があるのです。
今回は握手が開催されるまでの長く険しい道のりをみなさんにお伝えしようと思います。

3月3日にオープンした「カワウソ~木漏れ日のオアシス~」。カワウソたちが環境に慣れてきた4月7日からふれあいエリアプロジェクト(今勝手に名付けました)は始まりました。
まずはふれあいエリアへ続くトンネルの蓋の開放です。
しかし最初はトンネルを怖がり入ってくれませんでした。ごはんで呼んでも全く来ない。氷をトンネル内に投げ入れてみても入らない。
これはどうしたものか・・・ととりあえず毎日蓋を開けてようすを見ていたところ、数日後には通るように! ただ、肝心のふれあいエリアには降りてくれません。


どうも、少しつるっとした階段の感触が怖いようで降りて来ないのです。
そこで4月16日から今度は係がふれあいエリアの中に入り、ヨモギとミサキを呼ぶことになりました。ごはんを見せ、おいでー怖くないよー! と誘いますが、悲しいことにいっっっっっっさい降りません。
このままでは先に進めないということで、降りて来やすいように5月上旬にIトリーターが主要な場所に木の板を設置してくれました。
さぁ、ここまでお膳立てしたらさすがに降りて来るだろう!

ではその結果をご覧ください↓(※音量注意)


はい、降りませんでした。
「降りられないって言ってるでしょー!!!! 早くごはんちょーーーーだーーーーーい!!!!」
と叫んでいるミサキです。

これは参った!
それでももう少ししたら降りて来るかも? という望みを持ってトレーニングを続けます。
そして何も進まない日々が続き、しびれを切らしたIトリーターがさらに木の板を設置し、5月22日にはまるでキャットタワーのような豪華な設えが完成しました。
それがこちら!↓



さあ、ここまでやればさすがに降りるだろう!
念のため彼らの大好きなドンゴロス(麻袋)をセットし、蓋を開けたところ…


降りた!!!
ふれあいエリアを開放してから1ヶ月以上経ちやっと第一関門突破です。
ここからは握手穴に手を入れてごはんを食べる、というトレーニングを開始していきます。

実はこのトレーニング自体は簡単なんです。
コツメカワウソは水辺に生息している動物であるため、魚のほかにもエビやカニ、貝などを食べているのですが、これらは石の下や岩の隙間に隠れているため、隙間があると手を入れて探る性質を持っています。その性質を利用し各地で行われているのがカワウソとの握手体験なのです。
そのためヨモギとミサキも第二関門はやすやすと突破しました。


ただ、それで終了ではなく新たな問題も発生しました。
それは…


穴の取り合い!!
当館のふれあいエリアには握手穴が2か所あるのですが、はじめは2頭とも上の穴を取り合っていたのです。
この戦いを制したのはヨモギ。ミサキがどんなに手を入れようとしても押しのけいっさい動かず、とうとうミサキが諦めて下の穴に移動してくれたのです。


この時点で6月10日。ふれあいエリア開放からすでに2ヶ月が経ってしまいました。

ですが、場所さえ決まればあとは練習あるのみ!
ヨモギは10歳ということもあり、非常に安定して握手をやってくれました。問題はミサキ。1歳で落ち着きがないためすぐに離れてしまうのです。
このままではお客さまと握手はできないということで、集中してできるようになるまで練習を続けていくと、いつの間にか8月に。では8月から握手開催かというと、残念ながらできませんでした。
なぜなら、ここまでIトリーターが設置したキャットタワーのまま練習を行っていたからです。ただひたすらに練習をしてきましたが、最終目標は補助として設置したキャットタワーを外した状態での握手開催です。

ただ、せっかくここまで頑張ってきたのにキャットタワーを外してしまったらまた降りなくなるのでは?という懸念もありました。
そこで、Iトリーターのキャットタワーを元に新しく設えを作っちゃおう! ということで、いざ、工事です。
1ヶ月以上かけ、どんな形がいいか、どんな肌触りならカワウソが安心して降りて来られるかを話し合い決めていきました。そして9月末に着工し、新ふれあいエリアが完成しました!


関係各部署の方々もこれなら降りるだろう、と期待をしていましたが、そこですんなりと解決しないのがお決まりです。

10月11日に新ふれあいエリアを開放しましたが、なんと、ミサキが降りません! え、ここまできて? 11月から握手開始のリリースが出ているのに?
いやぁ、焦りました。ヨモギは初日から問題無く降りて来たのですが、ミサキは次の日も、その次の日も降りません。しまいには、降りたヨモギを鳴いて呼び戻してしまいます。

そこで10月14日にヨモギの大好きなドンゴロスを床に設置し、ミサキが呼んでも戻らないようにできるか試してみました。
結果は…成功! どんなにミサキが呼んでもヨモギは戻りません。1頭でぬくぬくとふれあいエリアの床で寝転んでいます。
すると、とうとうミサキも諦め降りて行きます。どう考えても安全な道のりを、腰が引けながらおどおどと、ゆっくりゆっくり降りて行きます。
そしてなんとか無事に床に到着! よかったーーーーー!


ミサキが頑張って降りてきたのもお構いなしにヨモギは一足先に寝ています。
一度降りてしまえばもう大丈夫。あんなに怖がって降りなかったミサキも今では駆け下りたり駆けあがったりしています。

さあ、これでもう不安の種はなくなった! かと思いきや、またまたミサキ。あんなに上手にできていた握手ができなくなっていたのです…。やっぱり1歳、まだまだ子どもですね。
握手してごはんをもらっては離れ、ごはんをもらっては離れを繰り返しています。
まあ、それも個性かな。落ち着きのないミサキ。ヨモギ程の貫録を得るにはまだまだ長い月日が必要なようです。

さあ、明日からはどうなるでしょうか?

現在、Web申込みにて握手体験を受け付けています。決して完璧とは言えない握手かもしれませんが、頑張っている2頭の姿をぜひ目の前で感じてみてくださいね!
みなさんのご参加、お待ちしております!

[ カワウソと握手 ]


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!