• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 研究発表

研究発表

相模湾の汽水域で確認されたカニ類 -特に北限産出となる希少種の記録について-

2018年08月 Cancer 27 P17-27 (日本甲殻類学会)
伊藤 寿茂 ・ 勝呂 尚之



相模湾の汽水域で確認されたカニ類
-特に北限産出となる希少種の記録について-

伊藤 寿茂(1) ・ 勝呂 尚之(2)
 (1) 新江ノ島水族館
 (2) 神奈川県水産技術センター内水面試験場

相模湾は生物の宝庫と言われ,多くの生物種が記録されている(藤田・並河,2007).十脚類については,湾内とその周辺海域から計870種以上が記録されており(駒井ら,007),淡水棲や汽水棲の種の記録も増加が続いている(一寸木,2002;田中ら,2004;伊藤,2007;小宅・藤川,2009a, 2009b;伊藤・根本,2012;丸山,2012;北野・寺田,2015;丸山,2015a,2015b;横岡ら,2015;岸ら,2016;伊藤,2017;丸山,2017;伊藤・島津,2018).
著者らが2015年から2018年にかけて相模湾の流入河川の下流域や,河口に形成される汽水域でカニ類相を調査した結果,北限記録や相模湾初記録となる分布上稀有な種(以下,希少種と表記)を複数確認した.他の確認種と併せてその生息状況を報告するとともに,標本に基づく希少種の形態的特徴,既知の分布域との関係について記す.

カタクチイワシの仔魚に認められたアミルウーディニウム症

飼育下バンドウイルカにおける卵巣嚢腫治療の試み

新江ノ島水族館における豚丹毒菌感染症の最近の症例

「絶滅危惧種の寄生虫」イシガイ類のグロキディウムの宿主解明

魚類寄生虫を指標とした水質管理を目指して

相模湾の汽水域で確認されたカニ類 -特に北限産出となる希少種の記録について-

水族館と研究機関の連携および研究成果の効果的な展示方法と教育普及活動について

秋に放出された琵琶湖産ドブガイ属幼生の宿主魚類

Extracupsular lens extraction combined with Phacoemulsification and Aspiration for Bilateral Cataracts in an Adult South American Fur Seal(Arctocephalus australis)

「シラス展示」リニューアル

[原著論文] 江の島水族館および新江ノ島水族館におけるバンドウイルカの繁殖

江の島の潮間帯動物相‐Vll

ヒメヤマトオサガニ Macrophthalmus banzai Wada & Sakai, 1989の神奈川県からの産出記録

相模湾で初記録となるツルギエチオピア(スズキ目シマガツオ科)について

大型回遊魚シイラに対する安全なハンドリング方法の模索

なぎさの体験学習館における体験学習プログラムの実践例 ムーンジェリー ~クラゲが教えてくれること~

新江ノ島水族館における漂着物同定の取り組みについて

Blood biochemical changes in captive sea turtles

Rehabilitation of two sea turtles, rescued and released in Sagami Bay, Japan

タギリカクレエビの初期生活史と飼育方法

飼育下で観察されたシチヨウシンカイヒバリガイの運動について

有人潜水調査船しんかい2000を活用した連動プログラムについて

「ハガキにかこう海洋の夢コンテスト」を題材にした水族館における教育普及活動

[原著論文] 江の島の海岸に出現するヌマガエルの塩分耐性について

化学合成生態系生物の飼育と観察事例

アンケート結果から分析した日本の鯨類飼育施設における長期飼育及び繁殖の現状

子獣トレーニングと出産前後の母獣トレーニング

青森県姉沼におけるフネドブガイの初記録とイシガイ科4種の宿主利用状況

[宿題調査報告] ウミガメ類の飼育と繁殖について

Effects of a long-term rearing system for deep-sea vesicomyid clams on host survival and endosymbiont retention