• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

硫化鉄の鱗を鎧のように身にまとった巻貝として
世界中で話題になった「ウロコフネタマガイ」
(俗称:スケーリーフット)、標本展示中!

展示開始日:2006年3月31日(金)~

ウロコフネタマガイ

学名:Chrysomallon squamiferum
英名:Chrysomallon squamiferum
殻径: 約4cm
採集場所:インド洋ロドリゲス三重点 水深2,422mの熱水噴出域

ウロコフネタマガイ
ウロコフネタマガイ

俗称:スケーリーフット[鱗のある足(をもつ巻貝)]と呼ばれるこの貝は、2001年に世界で初めてインド洋の深海にて採集・学術発表され、硫化鉄の鱗を鎧のように身にまとった巻貝として世界中で話題になりました。
この貝は世界の海の中でもこの地点でしか見つけられていない、不思議な貝です。鱗は鉄とイオウを原材料とする硫化鉄でできていて、磁石にも反応します。
普通の巻貝は襲われると殻の中にすっぽりと入って身を隠し、蓋を閉めてしまいますが、この貝には蓋が無く、危険を察知しても貝の中に入らずに鱗のある足をすぼめて、鱗を外側に向けて身を守ります。

今回標本展示を行なうこの「ウロコフネタマガイ」は、2006年2月に海洋研究開発機構(JAMSTEC)の有人潜水調査船「しんかい6500」で、インド洋ロドリゲス三重点の水深2,422mの熱水噴出域にて採集されました。今回の共同研究には当館も参加し、生息地での生態観察、及び支援母船「よこすか」船上での飼育に世界で初めて成功し、飼育実験もすることができました。
飛行機による国内への輸送にも成功し、日本到着後も数日間生存させることができましたが、残念ながら長期飼育には至りませんでした。「ウロコフネタマガイ」の標本の展示は 今回が世界で初めてとなります。

◎国内輸送には在マダガスカル大使館、在モーリシャス名誉総領事館、モーリシャス首相事務局、モーリシャス農工業・漁業省の協力がありました。

アリのようなキリギリス「ヒメギス属の一種」展示開始

鹿児島の清流からやってきた「ミカゲサワガニ」展示開始

まっ白な体はまさに“おまんじゅう”

鋭い目つきと真っ赤な指先「クシテガニ」展示開始

春本番!おめで鯛「キダイ」を展示開始!

ヒゲダイが身だしなみを整えた?「ヒゲソリダイ」展示開始

“蛇腹ホース”が動く!?「ミョウガガイ」

ポコポコ泳ぐかわいらしいクラゲ 「キャノンボールジェリー」展示開始

まるで福笑いのような顔「ダルマガレイ」展示開始

北の海のアイドル! “えのすい”生まれの「フウセンウオ」たち

冬のアイドル 小さなお団子みたいな魚「ダンゴウオ」展示開始

ベテラントリーターも見るのは初めて! 1属1種の珍魚「トビハタ」初展示

加茂水族館の協力により“えのすい”初展示 「リクノリーザ・ルサーナ」展示開始

“えのすい”生まれのトラザメの赤ちゃんと卵

オホーツク海で見つかった新種のクリオネ 「ダルマハダカカメガイ」展示!

冬の妖精「クリオネ」展示中!

久々に展示成功。 魅惑のメタリックパープル「ミナミハタンポ」展示開始

全ての脚に毛がフサフサ。 “すね毛ガニ”こと「トゲアシヒライソガニモドキ」展示開始

相模湾では珍種!「スジモヨウフグ」

相模川から再確認。ハサミにフサフサを持つ希少種 「タイワンヒライソモドキ」展示開始

巻貝ですが・・・ 伝説の大盗賊!? 変わった深海貝「クマサカガイ」展示

ユニークな顔立ちの「グソクムシの仲間」展示開始

謎に満ちた深海の白いウニ

珍しい相模湾産ジョーフィッシュ。 「アゴアマダイ」の展示を始めました。

胸毛で育てたバクテリアを食べる「ゴエモンコシオリエビ」

貴重な深海生物「ホネクイハナムシ」の累代繁殖個体を公開

相模湾産は初展示! 1科1属1種の珍魚チョウセンバカマ展示開始

イサキと名の付くハナダイの仲間 「アカイサキ」えのすい初展示!!

相模湾初記録! 大きな口と赤褐色の斑紋が特徴的な南方系ハタの仲間

鮮やかなトロピカルカラー「モンガラカワハギ」展示開始