• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

ヒゲダイが身だしなみを整えた?「ヒゲソリダイ」展示開始

展示開始日:2018年4月18日(水)~

ヒゲソリダイ (髭剃り鯛)

学名:Hapalogenys nigripinnis
スズキ目 イサキ科
全長 約 30㎝
採集場所:相模湾(江の島地先)
展示場所:相模湾ゾーン 湘南港水槽


青森県から九州までの日本と、朝鮮半島から中国、台湾に分布しており、水深 20~80mの大陸棚砂泥域に生息します。
今回の展示個体は、2018年3月11日に江の島地先の定置網で漁獲されました。
相模湾では少なく、新江ノ島水族館への搬入歴は過去に数回あるだけです。
姿かたちがよく似た種類として、同じイサキ科のヒゲダイとコショウダイが相模湾大水槽にいます。
ヒゲソリダイは、体側に斜めに走るストライプ模様がコショウダイの若い個体に、体高がある体つきと尖った精悍な顔つきはヒゲダイに、それぞれよく似ています。
そして、その和名が示す通り、その下あごにはひげが目立ちませんが、よく見ると、ごく短いひげが、細かく並んでいます。
際立った特徴はないものの、他に類を見ない雰囲気を持つ珍しい「ヒゲソリダイ」を、ぜひご覧ください。


平家の怨念?“ヘイケガニ”の仲間

実は、なかなかお目にかかれない?! 深海のヤドカリの仲間

第三のイワシ「カタボシイワシ」展示開始

青く美しい危険なデンキクラゲ「カツオノエボシ」展示!

丸い体がとってもキュート「ダンゴイカ科の一種」展示開始

鋭い目つきと真っ赤な指先「クシテガニ」展示開始

春本番!おめで鯛「キダイ」を展示開始!

硬そうな名前ですが、実はとても柔らかい 「ツノクラゲ」展示開始

ヒゲダイが身だしなみを整えた?「ヒゲソリダイ」展示開始

“蛇腹ホース”が動く!?「ミョウガガイ」

ポコポコ泳ぐかわいらしいクラゲ 「キャノンボールジェリー」展示開始

まるで福笑いのような顔「ダルマガレイ」展示開始

北の海のアイドル! “えのすい”生まれの「フウセンウオ」たち

冬のアイドル 小さなお団子みたいな魚「ダンゴウオ」展示開始

ベテラントリーターも見るのは初めて! 1属1種の珍魚「トビハタ」初展示

加茂水族館の協力により“えのすい”初展示 「リクノリーザ・ルサーナ」展示開始

“えのすい”生まれのトラザメの赤ちゃんと卵

オホーツク海で見つかった新種のクリオネ 「ダルマハダカカメガイ」展示!

冬の妖精「クリオネ」展示中!

久々に展示成功。 魅惑のメタリックパープル「ミナミハタンポ」展示開始

全ての脚に毛がフサフサ。 “すね毛ガニ”こと「トゲアシヒライソガニモドキ」展示開始

相模湾では珍種!「スジモヨウフグ」

相模川から再確認。ハサミにフサフサを持つ希少種 「タイワンヒライソモドキ」展示開始

巻貝ですが・・・ 伝説の大盗賊!? 変わった深海貝「クマサカガイ」展示

ユニークな顔立ちの「グソクムシの仲間」展示開始

謎に満ちた深海の白いウニ

珍しい相模湾産ジョーフィッシュ。 「アゴアマダイ」の展示を始めました。

胸毛で育てたバクテリアを食べる「ゴエモンコシオリエビ」

貴重な深海生物「ホネクイハナムシ」の累代繁殖個体を公開

相模湾産は初展示! 1科1属1種の珍魚チョウセンバカマ展示開始