• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2007.03.09 トリーター:戸倉

2007/03/09 「しんちゃん」海にかえる!

今朝の新聞の一面に、とっても嬉しい記事がありました。
「キタオットセイ」に関しての内容だったのですが、みなさんは、昨年9月に埼玉県川越市の水田で保護された「オットセイ」の事を覚えていますか?
発見当時は衰弱し、体重も23kg程だったそうですが、「しんちゃん」(雄)と名付けられ鴨川シーワールドでリハビリをし、倍ほどの体重になったそうです。
そのオットセイが昨日(8日)銚子の沖合い(約17km)に放流され、海に帰って行った・・・と言う記事でした。
保護された動物が再び自然界に戻ると言うのはなかなか難しく、保護された時点で衰弱しきっている事が多いので、たとえ生き続けたとしても自然界に戻せる体調では無く、このまま保護し続けた方が長生きする可能性が高い、というケースがほとんどなのです。
では、なぜこの様に迷い込んでしまうのでしょうか?
アゴヒゲアザラシの「タマちゃん」の記憶もまだ新しいと思います。この様な海の動物は規模の違いこそありますが、地球規模での回遊をしています。クジラもそうです。

今回のキタオットセイは、日本近海から北太平洋などに分布しており、その中で南下したり北上と言った回遊をしています。キタオットセイは、ちょうどこの時期、北太平洋から南下するのですが、鴨川シーワールドでも2月中旬に野生個体の南下を確認したので、しんちゃんの放流を決めたそうです。
南下と言っても南限は常磐沖から銚子沖程度と言われておりますが、まれに南下し過ぎて房総半島を越え相模湾沖まできてしまい、今度北上する時に房総半島を越えて北上する所を、三浦半島を越えて北上してしまうと東京湾に入ってしまうのでしょう(わなの様に)。
実際に過去12年程前に江の島の岩場でキタオットセイが保護された事もありました(その時は衰弱しきっており助かりませんでしたが・・)。
“オットセイ”は良く耳にする名前だと思いますが、実際に見る機会は少ないはずです。それは、今回のキタオットセイに関しては、本州では静岡の「伊豆三津シーパラダイス」と、ここ「えのすい」の2園館でしか飼育されていないからです。
みなさんも是非、えのすいのキタオットセイ「スバル」に会いに来て下さいね!!

ペンギン・アザラシ

キタオットセイ「スバル」

見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!