• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2013.01.06 トリーター:加登岡

2013/01/06 蛇鮫


2013年がやってきました。
今年は巳年と言う事で今回は蛇のお話し・・・ ではなくて蛇みたいなサメのお話しをしたいと思います。

蛇のようなサメはラブカというサメです。
このラブカ、見た目が蛇によく似ているんです(個人的にそう思っているだけかもしれません)。
一般的に多くの人がサメをイメージする時は映画「ジョーズ」に出てくるホホジロザメの様な形を想像するのではないでしょうか?

しかし、ラブカは体が細長く、尾ビレに近いところに背ビレが一つあります。
鰓孔の数は左右6対あります。
スズキやタイなど一般的な魚(硬骨魚類)と、サメの仲間(軟骨魚類)とを見分ける簡単な方法として、鰓孔の数を数える方法があります。
一般的な魚の鰓孔が1対なのに対し、サメの仲間は5~7対あります。
多くは5対ですが、ラブカは6対あることが特徴です。
また口の位置も、多くのサメは口が頭の腹側にありますが、ラブカでは先端に開いています。
鋭い三又の歯が並び、これでイカやタコなどの生きものをとらえて食べます。
繁殖は卵胎生で、卵の殻に包まれた胎仔は子宮内で成長し、ある程度の大きさになると殻から出てきて、その後は母体の中で成長します。
妊娠期間は1~2年と長く、さらには3.5年以上という説もあります。

かつては日本固有のサメと考えられていましたが、広く世界中の海に分布しています。
深海に生息しているため、飼育することがとても難しい種類でもあります。
現在、えのすいでは生きている姿は見られませんが、深海Ⅱ~しんかい2000~のコーナーで標本を見る事ができます。
ぜひラブカを見て「確かに蛇に似ている!」と共感してもらえると嬉しいです。

深海Ⅱ-しんかい2000-

ラブカ標本

このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!