• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2016.03.27 トリーター:杉村

2016/03/27 メンダコチャレンジ2016 終章

メンダコ
メンダコ

今年のメンダコチャレンジは、先日の25日をもって終了しました。
最高飼育日数は32日間、次いで28日間でした。
昨年の48日には遠く及びませんでした。
毎年、10~20個体は水族館に持ち帰ることができるのですが、なかなか生きません。
その多くは、1週間ほどで死んでしまいます。
それでも2~3割の個体が20日以上生きるようになってきました。
進歩ですね。
でも・・・
何で死んでしまうのか・・・
いまだに不明です。

これまでの飼育で、メンダコの行動がいろいろなことが見えてきました。
薄暗い水槽の中で、瞬きしたり、ミミをパタパタ動かして時折泳いで移動していること、気に入った場所を行き来するようなことも観察からわかっています。



特に餌の獲り方も飼育を重ねるごとに、自然界ではどんなふうにエサを食べているのか想像できるようになってきました。
体の上に餌であるエビをのせてあげると、短い腕を使って捕まえると素早く口へ運びます。
ちょっと変わっていますよね。
餌は、体に触れさせた方が良く食べるんです。
解剖の結果からメンダコの胃の中からヨコエビ(小型の甲殻類)の殻が見つかっていますから、きっと自然界では海底で砂の埋まりながらじっとしている所へ、ヨコエビなどの小型の甲殻類がメンダコの上に這いあがってきたところを捕えて食べている・・・のかも、というようなことが想像できます。
これまでの摂餌行動から想像できることです。
立証できていませんので、あくまで私の想像ですけど・・・。
次回は、この想像(仮説)を立証できるよう頑張りたいですね。

飼育のようすから海底での生活が想像できるようになってきました。
飼育をしてこその成果ですね!
でもまだまだです。
どうして死んでしまうのか。。。このことをクリアしなければさらに先の事は分かりません。

次回、メンダコチャレンジ2017では、もっと色々なことが分かってくることを信じて準備したいと思います。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!