• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2016.09.11 トリーター:冨永

2016/09/11 大水槽で見つけたもの


みなんさんこんにちは!
ここ数日はずいぶんと涼しくなり、朝は少し肌寒いほどですね。
秋の気配を感じてきました。

さて、先日、相模湾大水槽に潜っていると、こんなものを見つけました。
黒くて、らせん状をした物体。
なんだと思いますか??
実は、これは魚の卵。

相模湾大水槽には、現在約90種類ほど魚がいますが、こんな変わった形の卵を産むのは1種類しかいません。
そう、卵を産み落としたのは“ネコザメ”です!

ネコザメは、成長すると体長が1mほどになるサメです。
卵だけでなくその姿も特徴的で、頭が丸くて大きいのです。
みなさんが想像する頭が細いサメとはちょっと違います。
このネコザメ、大好物はサザエなどの貝類です。これをバリバリと砕いてしまうほどの強力な顎をもっています。
そんなネコザメが産むのがこの卵。

ネコザメは卵を産んだら、親は卵を守ったりはしません。
こんな形をしているのは、波に流されたときなどに岩と岩の間に固定されやすいようにといわれています。
また、卵は産まれてから孵化するまで約1年程かかります。この卵の中で赤ちゃんは卵黄の栄養を少しずつ吸収し、大きくなっていきます。

この卵、触ってみると少し硬くて表面はツルッとしています。
みなさん、触ってみたいですか?
実は、この卵触れます。
現在、タッチプールでこの卵と、もちろんネコザメにも触れるので、ぜひいらしてください!

タッチプール


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!