• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.06.29 トリーター:角張

2017/06/29 今年もまた・・・

ミズクラゲのポリプ
ミズクラゲのポリプ

みなさんご存知の通り、えのすいではたくさんのクラゲたちを飼育しています。
目をこらさなければ見えないほどの小さな子クラゲからおとなのクラゲ、更には浮遊生活をする前のポリプの状態も多くの種類を飼育しています。
「このクラゲを展示したいなぁ」「もっと数を増やしたいなぁ」と思った時にポリプに刺激(水温の変化など)を与えてクラゲを遊離させています。

そのなかでもミズクラゲのポリプは数多く飼育していて、毎年新しいポリプを増やしています。

今年の新しいミズクラゲのポリプたちはこんな感じです!


ポリエチレン製の食品密封容器で飼育をしています。(右側の写真のオレンジ色の粒々がポリプ)
新しくポリプを増やすときは、成熟したメスのからプラヌラ幼生を採取して、海水を入れたこの容器に入れ、底やへりにプラヌラ幼生がくっ付くの待ちます。
くっ付いてポリプへと変化したのが確認できたら餌をあげていきます。

はじめはポリプもとても小さく、餌をあげたら水換えをしなければいけないので、なかなか手間もかかるのですが、だんだんと大きくなって数が増える様子を見られると嬉しくなります。

今年もみなさんにたくさんのミズクラゲたちをご覧いただけるように、コツコツ頑張っていきます!

ちなみに、ミズクラゲのポリプはクラゲサイエンスに展示していますので、ぜひじっくり観察してみてくださいね。

クラゲサイエンス


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!