• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.09.25 トリーター:伊藤

2017/09/25 隠れた珍ガニ見つけました

ヒメヤマトオサガニ
ヒメヤマトオサガニ

先日、三浦半島へ生物観察に行ってきました。
「なぎさの体験学習館」の“隊長”こと坂場さんと一緒です。

到着したのは漁港から岩礁、干潟、ヨシ原といったさまざまな環境が狭い範囲にまとまった、なかなか素晴らしい景観の場所で、到着早々、心が洗われました。

さっそく砂泥の表面に目をやると、ジメジメと水が残っているあたりに直径 2~3cmくらいの穴がポツポツと空いており、目の長い茶色いカニがたたずんでいます。
ヤマトオサガニです。展示用に少し採集していくことにしました。

彼らは用心深く、巣穴に近づくと、スッと穴の奥に隠れてしまうので、採集にはコツがいります。
私の場合、まず、身を低くして穴に飛びつける距離まで近づきます。
その時点でカニには感づかれており、9割がた穴に逃げ込まれるのですが、中には逃げが甘く、穴の入り口に足の先が見えている(奥まで逃げていない)ものがいます。
サッと飛びついて、カニが潜んでいるであろう位置の少し奥側へ手を差し入れて塞ぎ、泥ごと優しくキャッチします。

さて、2人で 20個体前後採集できたところで、念のためにカニの形を詳しく見ていきます。
というのも、ヤマトオサガニには、よく似た別種が紛れていることがあるのです。
その名もヒメヤマトオサガニ。
前から3番目(ハサミを入れると4番目)の足の前の縁に、細かい毛が生えていることで見分けられるのです。
泥まみれのカニを水で洗い流しながら丹念にチェックしていきますと、いました!

これ、結構すごいことなんです。
というのも、現時点でのヒメヤマトオサガニの正式な分布域(文献記録)は静岡県以西だからです。
神奈川県では、昨年に同じ場所で採集したのに続き 2回目。
1回目の個体は研究用として、標本にしたのですが、今回の個体はまず、生きた状態でみなさまに見ていただくことにしました。
なぎさの体験学習館 2Fの干潟水槽とタッチ水槽の隣でお見せしています。


お立ち寄りの際はぜひ、のぞいてみてください。
パッと見は、小ぶりなヤマトオサガニだなぁ、という感じですけどね。

なぎさの体験学習館


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!