• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2017.10.21 トリーター:北田

2017/10/21 不老不死ベニクラゲ


この地球上の生き物には寿命があり、歳をとると共に体は衰え、一生を終えるのが普通です。
しかし、中には若返り、人生を一からやり直すことができる生き物がいます。
それが、ベニクラゲです。
今だ人類がたどり着くことのできない「不老不死」を可能にしたこの種は、時々話題になります。

“えのすい”でベニクラゲを展示することは珍しくありませんが、この若返りについてポリプなど紹介する機会がありませんでしたので、今日は実際に自分でやってみた若返り実験の写真でお話しようと思います。

まず上はみなさんが展示でよく目にするベニクラゲ(北日本型)の姿です。この形から展示を始め、少しぐったりと疲れが見えたら展示からバックヤードのシャーレと移します。


この写真はあくまでも「疲れたベニクラゲ」のイメージです。この状態では若返りさせるにはちょっと足りないことがあり、写真の個体は若返りませんでした。ですがこんな感じに傘がグチュっと縮み始めるとシャーレの底にポリプの根(ヒドロ根)がちょこっと見え始めます。


だいぶ間をはしょってしまいましたが、こちらがベニクラゲ(北日本型)のポリプです。肉眼では糸くずがちょっと付いている程度にしか認識できませんが、よく観察してみるとしっかりポリプのお花(ヒドロ花)が咲いています。


こちらは南に生息するベニクラゲの一種です。矢印の部分には、まだベニクラゲの傘が残っているのが分かります。矢印から左に向かってポリプの根が伸びていることが分かります。この若返りの速さは種類や生息する水温などの環境によってかなり違いがあります。


ポリプがブラインシュリンプを食べている様子です。大きさ0.4mm前後のブラインシュリンプをほおばるように取り込んでいます。


若返ってから数週間は非常に成長するのですが、その後衰えてしまい、気がつくと存在が無くなってしまっていることもよくあります。結構この時期に、小虫ちゃんがワラワラ賑やかになりますので要注意。


まだ謎の多いベニクラゲですが、展示・飼育を行いながら今後も色々調べてみたいと思います。

クラゲサイエンス


このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!