• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.01.08 トリーター:西谷

2018/01/08 内視鏡検査

バンドウイルカ「パーシー」
バンドウイルカ「パーシー」

最近初めてバンドウイルカ「パーシー」の内視鏡検査をしました!
人間でも胃の内視鏡検査は口や鼻から行いますが、イルカでも同じように口から内視鏡のカメラを入れます。

人間の場合、内視鏡を 40~50cmくらい入れれば口から胃まで届きます。
内視鏡も 100cmほどのもので十分なようです。
しかし、イルカの場合は体長も 250~300cmと長いことから、胃まで到達するには 150cmほど入れなければなりません。
ですので、内視鏡も 200~300cmととっても長いものを使います。

人間との違いはそれだけではありません。
イルカの胃は、複胃という特殊な構造をしていて、1番目の胃、2番目の胃、3番目の胃と3つの部屋に分かれています(他にも複胃を持つ動物はいて、例えば牛は4つの部屋に分かれています)。
今回「パーシー」で観察したのは1番目の胃で、病変もなく消化も順調に行えているようで、健康な胃でした!
こんな風に、人間でも行う検査をイルカ達にも応用して健康管理をしています。

内視鏡の先端。カメラ・ライト・鉗子(かんし)を入れる穴があります。


今後魚を自分で食べはじめてくれる日が楽しみです!

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!