• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.06.14 トリーター:杉村

2018/06/14 えのすい初!! ダイオウグソクムシの脱皮を確認!!


2018年6月14日、本日えのすい初のダイオウグソクムシの脱皮が確認されました。

朝7時40分ころ、いつものように水族館に出社して水槽の生き物たちの確認をしていると・・・水槽のど真ん中に体が半分になったダイオウグゾクムシが!!


見た瞬間!! 
ああっ! なんという形で死んでいるんだと思ってしまい、愕然としてしまいました。
・・・ここしばらくの間、動きも良くなかったので調子が悪いのかなあと思っていたこともあって、まさか脱皮とは思いもしませんでした・・・

でも、よく水槽内を見てみると1匹多い・・・
ええっ! まさかの脱皮?!

冷静になって半分になった殻の中を見てみると中身がなさそう。
そして、水槽には体半分だけ色の違うダイオウグソクムシを見つけた瞬間、脱皮したことに気づきました!!


これは、2016年の鳥羽水族館に次いで国内で2例目の脱皮だと思われます。
どうやら、昨夜のうちに脱皮し終わってしまったようで、脱皮のようすを撮影することはできませんでした。
水槽内をごく暗い状況で飼育しているため、脱皮の予兆を感じ取れなかったことはちょっと残念でした。
前例にて観察された脱皮と同じように、前半部の5節だけ残して1回目の脱皮を終えています。
※全部で14節あって、今回脱いだ殻は後半部の9節です。

脱皮殻は、真っ白でとても綺麗です。
脱皮殻は意外にもろく、水槽から上げようとするとバラバラになってしまいそうで、さらに胸脚(足の部分)は、ちょっとの力で潰れてしまいました。


ダイオウグソクムシのような等脚目の仲間(ダンゴムシの仲間)は、体内のカルシウムを調整して半分ずつ殻を脱ぐことが知られています。
ここからしばらく時間をかけて、脱皮した後半部を硬化させて、残りの前半部の脱皮が行われる可能性があります。
これまで、完全脱皮についてはまだ確認されていないと思われます。
いつ、前半部分の脱皮が始まるのか、また完全脱皮に成功するのかはまだ分かりません。
今後、完全脱皮に向けてどのように変化していくのか、注意深く観察を続けていきたいと思います。

今後、観察を続けることで謎に満ちた深海生物「ダイオウグゾクムシ」の生態が少しでも明らかになることを、期待したいと思います。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-





見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!