• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.08.11 トリーター:山本

2018/08/11 オニテンジクネズミ


みなさんは「オニテンジクネズミ」という生き物を知っていますか? きっとほとんどの方がこの生き物を知っていると思います!
実は「オニテンジクネズミ」とは、「カピバラ」のことなんです! あの外見からは想像できない、ちょっと怖い名前に驚きですよね! 私も調べてびっくりしました!(笑)

普段はクラゲ担当の私ですが、最近ほんのちょっとずつカピバラたちにも関わっています。まだ名前のことぐらいしかご紹介できませんが、興味を持っていただけたら嬉しいです!





今、えのすいには2頭のカピバラがいます。ココロ(上)とヒナタ(下)です!可愛い!
ココロの方がヒナタに比べると体の色が若干濃いので、簡単に見分けて頂けると思います!

さて、名前についてですが、私たちが普段使っている「カピバラ(Capybara)」は、英語圏で呼ばれている名前(=英名)であり、日本でつけられた名前(=和名)が「オニテンジクネズミ」なんだそうです。テンジクネズミ科に属し、その大きさからこの名前が付けられたそうです。鬼て!(笑) さすが世界最大のげっ歯類!
テンジクネズミ科にはモルモットやマーラといった生き物が含まれます。

…しかし、日本では一般的に和名の「オニテンジクネズミ」ではなく「カピバラ」が使われていますよね。英名や和名ってそんな感じで、皆がその生き物のことを指しているとわかればそれでいいんです(笑)
せっかくなのでこの和名を広めていきたいのですが、オニテンジクネズミ…オニテンジクネズミ…名前だけ聞くとほんとに怖いですね…きっとカピバラの方が何となくかわいい感が出るので、日本でもそう呼ばれているのでしょう(笑)

体は意外と大きく、ぼーっとしながらずっとごろごろしているように見せかけて、水場や砂場から出るときはばーーっと勢いよく走ることがあり意外と迫力があります。あとやっぱり歯がすごい。近くで見るのも初めてなので、新たな発見ばかりです。
みなさまに魅力をお伝えするためには、私がもっと彼らのことを知らなくてはいけません…! これから2頭にもっともっと関わって、素敵なところを見つけていきますので、ぜひかわいい2頭のオニテンジクネズミたちに会いに来てください!

カピバラ~陽だまりの草原~


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!