• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2007.06.19 トリーター:小谷野

2007/06/19 逗子海岸アカウミガメ産卵(1)

期間:2007年6月19日〜2007年9月12日
場所:神奈川県 逗子海岸
目的:アカウミガメ産卵〜孵化 確認調査


朝早く、当館に逗子海岸でアカウミガメが産卵したという知らせがありました。
湘南地域一帯で産卵の情報があるのは年に1回あるかないか、といったところですのでたいへん貴重です。
アカウミガメのメスは主に夜中に浜に上陸して、後肢で器用に穴を掘り、その穴の中に卵を産み落とします。しかし今回は、午前4時26分に母ガメが海に帰っていくところを目撃されているとの話でした。
準備をしてすぐに逗子海岸に向かいました。卵は本当にあるのだろうか?

母ガメはいったん浜に上陸しても、その浜が気に入らなかったり、何かに驚いたりすると卵を産まずに海に帰ってしまうことがあるのです。湘南地域の浜は、すぐ近くを道路が走っているところが多く、明るくてその上騒がしいので、現場を確認するまでは母ガメが卵を産んでいる可能性は低いかも知れないと思っていました。

母ガメが産卵した場所は幸いなことに海の家が建つ予定もなく、波打ち際からも十分に離れていて、波をかぶる危険性が低いと思われる場所でした。
せっかく母ガメがこの逗子海岸を選んだのだから、この場所で子ガメをふ化させてあげたい。そう思ったのには大きな理由があります。
子ガメは砂の中の温度によってオスになるか、メスになるかが決まります。
つまり、もしこの卵を他の場所に移動してしまうと、本来オスとして生まれる予定だった子ガメがメスとして生まれることになってしまうかもしれないのです。
ウミガメはオスとメスのバランスを自然ではうまく保っているはずです。しかし卵を別の場所に移動することによってその性比のバランスを崩してしまうかもしれないのです。
台風による高波で浸水したり、砂中温度の低下によって、ふ化しないかもしれない。誰かがいたずらして、掘り返してしまうかもしれない。不安な要素はいくらでも見つかりますが、今回は逗子市や地域の方々に見守って頂くことになりました。

ウミガメだって自然のものなのだから、できる限りは何も手を加えずに、自然の状態にしておくのが一番なのです。

関連ページ
逗子海岸アカウミガメ産卵(2)
逗子海岸アカウミガメ産卵(3)

ウミガメの浜辺

アカウミガメ産卵確認

このエントリーをはてなブックマークに追加
バックナンバー
一覧 RSS