• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2008.06.23 トリーター:伊藤

2008/06/23 沖縄トラフ(1)
沖縄にて乗船

期間:2008年6月23日〜7月4日
場所:沖縄トラフ
目的:深海生物 調査採集


皆様お久しぶりです。魚類担当の伊藤です。
今回は私が当館を代表してJAMSTECと共同の深海調査に参加しています。

皆さんご存知のように、今沖縄の西側には台風があり、そのため海況が読み辛い状況です。
念のため、船は24日朝の出航予定を切り上げて、本日18時に台風の影響をかわすべく移動を始めました。
同乗者の中には、飛行機からぎりぎりセーフで滑り込んだ方や、那覇へと移動するための飛行機が欠航になり、いったん東京まで移動してから飛行機に乗ってきたという方もいました(ちなみに私は「とある理由」で前日に那覇入りしていました)。
そうまでして乗って得る価値のあるデータが、これからの航海で待ち構えています。

今回の調査の主目的は2つです。
1つは深海の尾虫類(オタマジャクシのようなホヤの仲間)が作る巣(ハウスと呼ばれる)を構成する物質の成分を明らかにすることです。
この「海のオタマ」たちはフワッとした使い捨ての巣を作って自分の体を包んでいます。
巣には目の細かいザル状の部分(フィルター)があって、マイワシなど並のろ過食者も利用できないくらい細かい餌(一説には0.03mmから0.001mm以下のバクテリアサイズまで・・・!)でも、こし取って食べられるそうです。
また、この巣は目詰まりしたら次々と使い捨てられていきます。「古巣」は様々な物質を絡め取ったまま海底へ沈むため、深海へ表層の物質を運搬するエレベーターのような役割があるとも言われます。
そんな謎多き「海オタマ」の研究が進めば、この巣の成分から私たちにとって便利な素材がうまれるかもしれません。

2つ目の目的は次回ということで、まずは海が荒れないことを祈ります。

[今日の写真]
上/「とある理由」ヒント写真、不思議な夜景
中/安全かかげて出航
下/大揺れに備えてしばりまくってある顕微鏡


海洋研究開発機構(JAMSTEC)NT08-12「なつしま/ハイパードルフィン」による沖縄トラフ 深海生物調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-

(C)JAMSTEC
(C)JAMSTEC
(C)JAMSTEC

バックナンバー
一覧 RSS