• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2014.07.17 トリーター:戸倉・北嶋

2014/07/17 沖縄県・黒島 子ウミガメ放流日誌
3日目/北嶋

ヤドカリと足跡
ヤドカリと足跡
期間:2014年7月15日(火)~2014年7月17日(木)
場所:沖縄県八重山郡竹富町
目的:アオウミガメ放流


子ガメたちは元気に海へと旅立っていきました。
とりあえず今回の最重要課題はクリアできたので、安堵しました。
寂しい気持ちはちょっとだけ。
それよりも、広い大海原で思う存分泳ぐ姿を見て「よかった!」の気持ちの方が多いに勝っていました。
けれど、海は厳しいところです。
温室育ちの子ガメたちが、無事生きていけるのか心配です。
3日目は、放流した地点で子ガメたちがさまよって浅瀬に戻ってきていないか、確認しようと決めていました。

今日も海は穏やかです。天気は良好。
まずは仲本海岸の方へ。
子ガメの姿は確認できず。
よしよし。
海に来ると、他にどんな生き物がいるのかも気になります。
サンゴ石を拾うと、ホシスナの仲間がいくつかくっついていたり、鮮やかなサンゴヤドカリたちがタイドプールで遊んでいました。

次に、西ノ浜へ。
こちらでも子ガメの姿は確認できず。皆、沖の方へ泳いで行ってくれたのかな。
よかった。
砂浜では、オカヤドカリがたくさん歩いています。
オカヤドカリの足跡がきれいに残っていて、一体どこに向かって彼等はせわしなく移動しているのか、気になりました。

夜は、クラゲを探しに港へ集魚灯を持って出かけました。


夜間採集

目の良い立方クラゲの仲間(ハブクラゲやアンドンクラゲの仲間)やヒドロ虫が目当てです。
灯りを水中に落とすと、すぐに魚がたくさん集まってきました。
シラスや夜光虫、子イカ、ヒョウモンダコや連結して泳ぐヘンテコな発光生物(調べなきゃ)などなど、すごい数の生物です。
小さな魚たちを狙ってか、大きなダツやウミヘビ、カニなども泳いできました。
目当てのクラゲは、来ました。
はじめはなかなか寄ってこなかったのですが、少し場所を移動したら、小指の爪程の小さなクラゲがどんどん集まってきました。
漁港に腹ばいになって水中を覗きこんでいたので、傍から見ればかなり変な人だったでしょう。
昼間にも漁港にクラゲがいないか探しに行ったのですが、その時にはクラゲはもとより、魚もあまり見ることが出来ませんでした。夜の海ならではの観察方法です。
思惑どおりにたくさんの生物が観察出来てニヤリとしてしまいました。
そんなこんなで、3日目は終了です。
明日は1日かけて帰ります。

黒島のみなさん、大変お世話になりました。
あと10匹は黒島研究所でもうしばらく大きくなるまでお世話になってからの放流です。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。


黒島はこんな所

子ガメたちよ、黒島の海で元気でね。
数十年後に大きくなった姿でどこかにいることを楽しみにしています。

ウミガメの浜辺


このエントリーをはてなブックマークに追加
バックナンバー
一覧 RSS