• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2015.07.31 トリーター:櫻井

2015/07/31 博士の水槽

「相模湾の生きもの研究所」
「相模湾の生きもの研究所」

今年も元気いっぱいにやってきました! こどもボランティアの研究員たち。
今年は【相模湾】をテーマに5つの班にわかれています。
それぞれのテーマで水槽を作りこみ、ある班はタッチプール形式で、ある班は実験を見せてくれたり…。自分たちで生物や展示形態を一から考え、展示の想いを皆さんに伝えています! これ実はかなり高度な事をやっているんですよ…。

自分の想いをいかにうまく相手に伝えるか。コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力がものを言います。人前で発表するのはそれなりに肝が据わっていないと出来ません。
さらにテーマを自分で考え展示を作りこむ博物館学的思考センス。名前こそこどもボランティアですが、これを一人前にこなせるのは大人でもそうそういないはず。学芸員の資格取得の為、大学の授業の一環として行われている博物館実習にて、私は学生たちにこの展示思案を課題として与えています。
まあ、今のこどもボランティアの研究員たちはこれと同レベルの事を行っているわけです。末恐ろしいこどもたちですね。私が様子を見に行くとキックやパンチが飛んできてとても和やかな雰囲気ですけどね。

発表を通して皆さんに熱い想いを伝えていますが、その発表も自分たちで全部考え、非常にわかりやすく、ユニークで、かわいらしい反面、将来博士になるのではと、片鱗さえうかがえます。
私もそんなこどもたちの展示や発表を見ていて、知的好奇心が奮い起こされ、水槽を一つ立ち上げました! 完全に対抗意識から来る張り合いです!

将来、博士になるかも知れない可能性を秘めたダイヤモンドの原石たちが作った水槽を見に、また発表を聞きに是非いらしてください。8月3日まで、なぎさの体験学習館1階にて、13時~16時まで発表を行っています。

[ 「相模湾の生きもの研究所」~子どもボランティアによる運営~ ]


博士の実験水槽


甲殻類チーム


魚類チーム


クラゲチーム


棘皮動物チーム


軟体動物チーム

なぎさの体験学習館


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!