• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.05.16 トリーター:倉形

2018/05/16 「ミサキ・ヨモギ」「ミヤマ・ヤマト」のマイブーム

「ヨモギ」「ミサキ」
「ヨモギ」「ミサキ」

このごろ、4頭のコツメカワウソたちがさまざまな様子を見せています。

最初は「ミサキ・ヨモギ」たちですが、以前にもお話ししましたがヨモギがミサキに対して猛烈にアプローチ(繁殖行動)を取り、プールの中ではヨモギがミサキを追い掛け回したり、背後から覆い被さったりしているかと思えば、今度はミサキが遊んで欲しさ、構って欲しさにヨモギにちょっかいを掛けて噛み付いたりして、逆にヨモギに追い掛け回されるという光景を目にする頻度が多くなっています。

また、5月の週末(土曜日曜)と6月第1週週末(土曜日曜)に12:30~12:40(約10分間)「カワウソの給餌解説」を実施しています。ミサキ・ヨモギたちは今後みなさんと「ふれあい体験」が出来るように只今トレーニング中です。

次に「ミヤマ・ヤマト」の兄弟は自分たちの力自慢をしたいのか、飲み水用トロ舟(深緑色の入れ物)の中にはひっくり返さないように重石(ブロック)を入れてあるのですが、1頭(特にヤマト)で少しずつトロ舟を持ち上げて、中の水をこぼして半分ぐらいになると一気にトロ舟を持ち上げ見事にひっくり返します。
ひっくり返した後、そのトロ舟の中に潜り込んで、まるでトロ舟自身が意志を持って動き出しているかのようにも見えてなかなか笑えます。
ときどき、そのトロ舟をひっくり返したタイミングにミヤマが側に居て、思いっきり水を被りずぶ濡れの場面も見られます。そんな時のミヤマは呆然としていることがあります。

また、雄の兄弟ということもあり、2頭でじゃれ合い、一見するすると取っ組み合いの喧嘩をしているような場面を見ることがあります。
本気の喧嘩ならば、思いっきり噛み合い出血をするほどの怪我までになります。しかし、ミヤマ・ヤマトたちの体を見て頂ければ分かりますが、体中どこを見ても出血痕はありません。

そのミヤマ・ヤマト2歳の兄弟ですが、性格もそれぞれ違い、ミヤマは出たとこ勝負的な勢いで行ってしまうタイプ。ヤマトはどちらかというといろいろなことに興味を示すが意外と慎重派タイプであります。
みなさん、こらからも4頭「ミサキ」、「ヨモギ」、「ミヤマ」、「ヤマト」の元気一杯やんちゃぶりを見に来てください。


「ミヤマ」「ヤマト」


ふれあいエリアに体を乗り出す「ミサキ」(トレーニング中)


同じくふれあいエリアに顔を出す手前が「ヨモギ」後ろが「ミサキ」

カワウソ~木漏れ日のオアシス~


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!