• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2018.09.21 トリーター:杉村

2018/09/21 今週のおすすめ


トラザメの卵
深海 l ではトラザメの卵を展示しています。
水槽の中に赤い照明を点けて、卵の中が見えるようになっています。
卵の大きさは、5~7㎝くらいで、中には卵黄(栄養)を吸収しながら卵の中で成長している赤ちゃんを見ることができます。
赤いライトで照らされたトラザメの赤ちゃんたちは、くねくねとよく動いていています。
卵黄をすべて吸収して、孵化するまで10か月ほどかかります。
先に孵化した子どもたちは、同じ水槽の中で生活していますので、併せてかわいいトラザメたちも見てください。
成長すると、40㎝ほどになる小型のサメです。


オオホモラ
深海 l のいちばん端のノコギリザメを飼育している水槽の中には、一風変わったカニが生活しています。
名前は「オオホモラ」。
このオオホモラは4番目の歩脚(いちばん下側にある脚)がちょっと変わっていて、背中側を向いています。
この脚を使って、海底に落ちている海藻やカイメンなどのいろいろな物を引っ掛けて背負うことができるようになっています。
水槽の中には、流木を何本か沈めてあります。
運が良ければ、写真のように流木を背負うようすが見られます。
いろいろなものを背負う事で、身を隠していると思われます。


ダイオウグゾクムシ(ブラスチネーション)
深海 l の中央の柱の周りに設置してあります。
これは、ダイオウグゾクムシの本物の標本で、プラスチネーション標本といいます。
この標本は、体の中の水分を半年ほどかけてプラスチック樹脂と入れ替えて作られた標本です。
見た目は、模型のようにも見えますが『本物』です。
し・か・も・・・触れます。
触れる標本というわけです。
見た目はもちろんですが、質感、大きさ、重さもそのままに保存されています。
生きたダイオウグソクムシを触ることは難しいですが、この標本でしたらどなたでも触れます・・・触る勇気さえあれば。
ぜひ、本物を体験してみてください。


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!