• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2008.07.04 トリーター:伊藤

2008/07/04 沖縄トラフ(12)
船の食事

期間:2008年6月23日〜7月4日
場所:沖縄トラフ
目的:深海生物 調査採集


今回の日誌もこれが一区切りになります。
調査船「なつしま」は、下船地の石垣島まであと少しの所へ来ています。
皆さん昨日の内から下船荷物をまとめる作業をしていましたが、私たち水族館関係者はそれ以外に生物の梱包と発送があります。
俗に言うパッキングです。
水族館から大量の箱とビニール袋を予め積んできているので、生物を少しの水と一緒にビニール袋にいれてパンパンに膨らませた状態で輪ゴムでしばっていきます。
これを箱積めしてクール宅急便などで水族館へ送るのです。
今回は生物の数がなかなか豊富ですから大忙し。まさに嬉しい悲鳴です。

さて、これまで調査や生物のことをお伝えしてきましたが、最後なので船内の食事について書かせて頂きます。
船には司厨長をはじめとする一流の料理人さんが乗り込んでおり、1日3食の食事を作って下さいます。
毎日メニューは違い、船内生活のひそかな楽しみでもありました。
写真上はカレーライス。
「なつしま」のカレーは1航海中に1回はあるそうで、その美味さは研究者の間でも評判です。
私は色々なところで大食いだ、食べすぎだ、と言われるのですが、最近は食も細くなり、大体2膳くらいで満腹。美味しく頂きました。

それではそろそろ船をおります。
これまで日誌を読んで頂き、どうもありがとうございます。

[今日の写真]
船のごちそう


海洋研究開発機構(JAMSTEC)NT08-12 「なつしま/ハイパードルフィン」による沖縄トラフ 深海生物調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-

(C)JAMSTEC
(C)JAMSTEC

バックナンバー
一覧 RSS