• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2012.02.06 トリーター:加登岡

2012/02/06 Heterodontus japonicus


これはある生物の学名です。

それは・・・ ネコザメです。

当館でも1月29日に卵から孵化した赤ちゃんが誕生しました。今はペンギン水槽前のテーマ水槽に、卵と一緒に展示しています。大きくなると約1mにもなるネコザメも、手のひらサイズでとても可愛いです。
ネコザメの卵はらせん状の特殊な形をしています。
実はこの形には意味があるんです。
卵が孵化するには1年近くかかります。
孵化するまでの時間がかかればかかる程、その間に卵が狙われる危険性も高くなってしまいます。
そこでネコザメは産卵したら、その卵を岩と岩の間に埋め込みます。産んだばかりの卵の殻は柔らかく、時間が経つと固くなります。
柔らかい時に岩の隙間に入れ、硬くなるとらせん状のひだが引っ掛かり岩から抜けなくなる仕組みです。
これで潮にも流されないようにし、外敵からも守っているんですね。

ネコザメの名前の由来は、頭が丸くて頬に膨らみがある姿が猫に似ていることからネコザメと言う名前がついたと言われています。
また英名のJapanese bullhead shark は、目の上の隆起が牛の角に似ていることから bullhead(雄牛の頭)と呼ばれています。
国が変われば見た目の印象も変わるんですね。

一方学名はというと、属名 Heterodontus は『異なった歯』と言う意味があり、種小名の japonicus には『日本の』と意味があります。
ネコザメの歯は、前の歯が小さな尖った歯に、奥の歯が平らで大きな歯をしています。
前歯で獲物を捕まえ、奥の歯で潰して食べるのです。
サザエなどの堅い殻も潰して食べてしまうことから、サザエワリとも言われています。

ネコザメには学生時代にお世話になりました。
初めてサメの解剖をしたのがネコザメでした。
そして、サメの顎の標本を作ろうとして外で乾燥させていたら、カラスに持って行かれてしまったのもネコザメでした・・・
作るの大変だったのに・・・

サメなのにサメっぽくない!?顔をしたネコザメを見に来ませんか?
そして何に似ているか確認してみて下さい。

あなたは猫派?牛派?それとも・・・

テーマ水槽

ネコザメ

このエントリーをはてなブックマークに追加
見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!