• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2012.03.28 トリーター:伊藤

2012/03/28 石垣島(1)
お久しぶり石垣島

期間:石垣島
場所:陸棲及び淡水棲生物の調査
目的:2012年3月28日~3月31日


皆様こんにちは。私は今、石垣島にいます。
以前来たのが2008年7月。当時は深海チームの一員としてJAMSTECの沖縄トラフ航海に参加しており、その帰りにちょろっと寄った感じでした。
今回はずーっと石垣島。約3日間、寝ても覚めても石垣島なのです。

今回は大きな目的が一つあります。
日本で石垣島の周辺で特有の、ある生物の調査です。
そのついで、といっていいと思いますが、今後の展示の参考とするため、いつものマングローブや、陸上、淡水域の生物も観察しますよ。

今回、直通便が取れなかったので、島に着いたのは夕方。
本格的な調査は明日以降にして、以前行ったことのある近場のフィールドへ行ってみました。
名も無い水路が海に流れて小さなマングローブがあり、ちょっと内陸には水田があります。
現場に着いたときは18時過ぎ。
綺麗な夕焼けを一瞬楽しんだ後、ひたすら地べたをにらんでいました。

干潟上にはおびただしい数の巻貝が埋め尽くしており、拾い上げると結構な割合でヤドカリです。
ツメナガヨコバサミの幼体でしょうか。小石をひっくり返してみると、ハシリイワガニやフタバカクガニがダッシュで逃げていきます。
彼らの暮らしぶりは「木登りをするカニ」として日誌や展示で紹介してきましたが、この時期は一応冬なので、樹上で活動する生物はかなり少なめでした。この点は残念。

水路にちょっと網を入れてみると、カワアナゴの仲間(チチブモドキかオカメハゼ)の幼魚が何匹も採集されます。目が顔の横についており、シャープなシルエットが実に私好みです。神奈川県ではレアな種類も、こっちではごくごくありふれた魚の一つです。

すぐにあたりは真っ暗闇。今度はヘッドライトを装着して水田へ。水面を眺めていくと、外来種のジャンボタニシこと「スクミリンゴガイ」がそこかしこに見られます。水田の区画によっては、透明なヒメアマガエルのオタマジャクシがたくさん。私は初めて出会ったので、感激して写真も取らずに観察しまくっていましたら、もう21時を回っています。ふと気づくとあたりはカエルたちの大合唱です。どうやら3種類。グゴゴゴと機械音のようなオオヒキガエル、ガタガタガタと低い音のヒメアマガエル。キュコココ甲高いヤエヤマアオガエル、でしょうか。
初日から癒されますが、本番の調査に備えて、今日はこの辺で失礼します。

太平洋

ヤエヤマヒルギの育つ干潟
かわいくてカッコイイ、チチブモドキ?
スクミリンゴガイ

このエントリーをはてなブックマークに追加
バックナンバー
一覧 RSS