• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 航海・採集日誌

航海・採集日誌

2008.07.06 トリーター:伊藤

2008/07/06 沖縄マングローブ調査(4)
マングローブよいつかまた

期間:2008年6月22日〜7月6日
場所:沖縄
目的:琉球列島陸域生物調査


さて、マングローブの生物がいかに素晴らしいものか、昨日までつづってきました。
とても楽しかったですが、楽しい楽しいで終わらせず、最後に石垣島の自然がかかえる問題について触れておこうと思います。

今回、石垣島でもっとも多く採集された生物は何だと思いますか?
実は日本の生き物ではないのです。
グッピー、ティラピア、オオヒキガエル(オタマジャクシ)です。
どれもものすごい数。
グッピーは鑑賞用やボウフラ退治用として、ティラピアは食用として、オオヒキガエルは害虫駆除用として日本に持ち込まれたとされ、主に亜熱帯の温かい地方で勢力を拡大しています。

外来生物の問題は色々なところで指摘されていますのでご存知の方も多いのではないかと思いますので、詳細は省きますが、実際に現場で目の当たりにすると、本当に深刻だと実感できます。
私は本州でもオオクチバスやブルーギルといった外来魚が在来のタナゴなどを追い詰めてしまった現場を見てきましたが、石垣島でも種類は違えど同様の「侵略」が行なわれているのが分かりました。
今回の調査では、特にマングローブ域より上流の小川などがひどくて、外来魚以外ほとんど採れなくなっている場所もあり愕然としました(7年前は面白いハゼがたくさん見られたのに・・・ )。

石垣のマングローブはまだまだ豊かに見えますが、こうした目に見えにくい問題をはらんでいることを皆さんにも知って頂きたいと思い、あえて紹介させて頂きました。
今回のマングローブ調査では私もいろいろ勉強にもなりました。
今回の調査で得られた事を、今後の水族館での活動に生かしてゆきたいと思います。

いつかまた機会があれば、是非、石垣のマングローブを訪れ、昔と変わらぬ姿を拝みたいと切に願いつつ、日誌を締めくくりたいと思います。

太平洋

素晴らしい石垣マングローブ全景
・・・ グッピー(外来魚)
・・・ ティラピア(外来魚)
つかまった!ヤエヤマイシガメ(在来種)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008.07.05 トリーター:伊藤

2008/07/05 沖縄マングローブ調査(3)
マングローブは多様なジャングル

期間:2008年6月22日〜7月6日
場所:沖縄
目的:琉球列島陸域生物調査


石垣島2日目です。
今日は石垣島でも大規模なマングローブを訪れる事にしました。
バケツと網をかついで険しいヤブをこいで川に出ると、なんとも壮大なマングローブが広がっていました。
感動を通り越して、心揺さぶられる感じです!

ところで皆さん、マングローブというと、どんな場所を想像しますか?
おそらく、泥の浅瀬にヒルギがタコ足の根をおろすという景観ではないでしょうか。
これは正しいですが、全てではありません。
私が石垣島で見たマングローブはまさに「ジャングル」でした。
生い茂る植物の種類はヤエヤマヒルギ、アダン以外にも多様で、ヒルギのタコ足だけではく、垂れ下がった葉や細かい枝なども水中に複雑な構造を作り出しています。
そして、水中は勿論、水面から樹冠部まで余すことなく生物たちが利用しています。
マングローブを展示や写真などで紹介するときには、もっとも「らしい」水中部分だけではなく、水際や樹上の魅力も紹介したいと改めて思わされました。
「木登りカニ」を展示したいと思ったのもその想いがあってのことです。

さて、小難しい事はこのくらいにして、実際にそんなマングローブの生物を紹介してみます。
まず、マングローブの根元、やや陸の方をみると、泥の上にピンポン玉からこぶし大の穴が開いています。
この穴には、オオベンケイガニやオカガニといった地上性のやや大型のカニたちがいます。
また、本来水中だけにすむワタリガ二類も水の干満に適応して地上で活動できるようなものが見られます(ノコギリガザミやミナミベニツケガニ)。
ずーっと樹の上の方を見ていくと、枝葉に巻貝の仲間や塩分に強いキリギリスの仲間がたたずみ、それらを食べようと日本最大のオオジョロウグモが巣を張り、ヒルギハシリイワガニが物陰に潜んでいます。そんな彼らも間違って水中に落ちれば、水中で待ち構える大型のハゼなどに瞬時に飲まれてしまう・・・ とこんな具合でしょうか。

どこを見ても魅力的、それがマングローブです。
訪れるたびに新しい発見があります。
是非また訪れたい、と心から思わされます。

太平洋

マングローブの多様な植物
ノコギリガザミ
葉裏のイロタマキビ
アダンでたたずむツユムシの仲間
巨大オオジョロウグモ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008.07.04 トリーター:伊藤

2008/07/04 沖縄マングローブ調査(2)
マングローブよ久しぶり

期間:沖縄
場所:琉球列島陸域生物調査
目的:2008年6月22日〜7月6日


無事、石垣島にてなつしまから下船です。
ある人はうきうきと観光へ、ある人はへとへとで足早に空港へ、さて私はといえば、深海生物を無事に送り出してから、石垣島内へ調査採集に出発です。
今日は三宅さんと一緒です。

訪れたのは海にほど近い水田用水路です。
水田の間を流れてそのまま海に注ぎ、その周辺が小規模なマングローブになっています。
三宅さんが数年前の深海調査後にも一度来ているポイントで、その時釣り上げた大物ホシマダラハゼは、現在も今上天皇のご研究コーナーにて展示飼育中です。

現場に着くや否や、私は胴長をはいてハゼやカニを探し、三宅さんはルアー釣りで別行動です。
早速辺りの転石や倒木をひっくり返すと、本島でも出会った「木登りカニ」たちやミナミトビハゼが素早く駆けていきます。
水路をさかのぼりながら物陰に網を入れると、さっそく色々出会えました。
ヤエヤマノコギリハゼ、石垣島以外では採ったことがありません。
コチのような細くて平たい口、ヒルギやアダン(タコノキ)の水中部分に逆立ちして定位する生態、是非とも展示でお見せしたいです。

喜び覚めぬまま水面に目を凝らすと、メダカよりも小さな魚が群れています。
ゴマハゼという日本最小の魚で、その小ささに似合わぬ精密な動きが魅力的です。
さらに水路を少しさかのぼり、段差の下に出来た淵をさぐると、バシャッと大きな手ごたえあり。
巨大なオオウナギです。
旧江の島水族館でも展示していたマダラ模様の迫力ある魚です。
喜んで抱えて戻ると、ぼうず(何も釣れないの意)の三宅さんが顔を真っ赤に焼いてたたずんでいたので、写真を撮ってもらいました。

さすが石垣島、那覇と似ているけど明らかに違う!
これは勉強になります。
というわけで、明日もまだまだ島に滞在します。

太平洋

マングローブ構成植物代表ヤエヤマヒルギ
キバウミニナに入ったツメナガヨコバサミ
カニの巣から顔をだすミナミトビハゼ
久しぶり!ヤエヤマノコギリハゼ
大迫力のオオウナギ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008.07.04 トリーター:伊藤

2008/06/22 沖縄マングローブ調査(1)
マングローブよこんばんは

期間:2008年6月22日〜7月6日
場所:沖縄
目的:琉球列島陸域生物調査


皆様こんにちは。
実はこの日誌、2週間ほど前に書いています。そうです、昨日までつづってきた深海航海の「前日」です。

実は今回、深海生物の採集以外にもう一つの裏メニューがありました。航海の前後に琉球列島の陸域で生物を調査することです。

那覇に着いてすぐレンタカーを借りて、市内にある海岸へ向かいました。
目的は「カニ」です。
当館では現在、「発見の小窓“小さな地球”」水槽でカニを特別展示、さらに「暖かい海」コーナーの「木登りカニ」の常設展示があります。
ここは是非とも面白い南国のカニ達の暮らしぶりを知り、展示に生かしたい・・・ !
何故か筋肉痛(数日前に何かしたかな?)のヒザを引きずり訪れた海岸は、メヒルギを中心とした塩分に強い樹木が水中に根を下ろす、いわゆるマングローブ林です。
超絶至極な光景で感激し、久々に心踊る私(航海より楽しそうなのは・・・ 気のせいです)。
視力0.4の私の両目もこの時ばかりは回復フル回転。
目を凝らすと、泥の上でおびただしい数のシオマネキがハサミを振ってダンスしています。
近づくとサッと穴に逃げてしまいますが、こちらがじっとしているとすぐに穴からソロソロ出てきます。
シオマネキは種類によって色彩も様々、ブルゥの宝石をちりばめた様なルリマダラや、毒々しいほど赤いベニ、涼しげなヒメまで・・・ つい見とれてしまいます。

次に、ヒルギの根元や幹に眼を凝らすと、残像を残しながら幹の真裏へと走る何者かが・・・ 。
正体は察しがついています。
現在展示している「木登りカニ」たちです。
ヒルギハシリイワガニは最も樹上に適応したカニで、肢は真横ではなくクモのように八方に広がり、細い枝を抱え込んで「前進」できるようになっています。

フタバカクガニは形こそ普通ですが、入り組んだ樹の上へと猛スピードでかけ登っていきます。
これらのカニと追いかけっこをしていると、意外なほど頭の良い?カニの動きに驚かされます。
捕まえようと伸ばした手にフェイントをかけてきたり、逆に私の方へと向かってくると見せかけて水中に消えたり・・・
裏の裏をかくカ○ジ的な攻防を繰り広げていたら、あたりはすっかり闇の中、時間は5時間経過していました。
体はヘトヘトです(さらにこの後、夜な夜な調査の整理を・・・ )。

乗船前からこんなで大丈夫なのか、大丈夫でなかったらこの日誌はお蔵入りさせるつもりでしたが、無事公開できて良かったです。
というわけで明日はこの12日後、下船後の石垣島のお話です。

太平洋

抱卵しているヒルギハシリイワガニ
やっとこ捕らえたフタバカクガニ
ヒルギにたかるヘナタリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008.07.04 トリーター:伊藤

2008/07/04 沖縄トラフ(12)
船の食事

期間:2008年6月23日〜7月4日
場所:沖縄トラフ
目的:深海生物 調査採集


今回の日誌もこれが一区切りになります。
調査船「なつしま」は、下船地の石垣島まであと少しの所へ来ています。
皆さん昨日の内から下船荷物をまとめる作業をしていましたが、私たち水族館関係者はそれ以外に生物の梱包と発送があります。
俗に言うパッキングです。
水族館から大量の箱とビニール袋を予め積んできているので、生物を少しの水と一緒にビニール袋にいれてパンパンに膨らませた状態で輪ゴムでしばっていきます。
これを箱積めしてクール宅急便などで水族館へ送るのです。
今回は生物の数がなかなか豊富ですから大忙し。まさに嬉しい悲鳴です。

さて、これまで調査や生物のことをお伝えしてきましたが、最後なので船内の食事について書かせて頂きます。
船には司厨長をはじめとする一流の料理人さんが乗り込んでおり、1日3食の食事を作って下さいます。
毎日メニューは違い、船内生活のひそかな楽しみでもありました。
写真上はカレーライス。
「なつしま」のカレーは1航海中に1回はあるそうで、その美味さは研究者の間でも評判です。
私は色々なところで大食いだ、食べすぎだ、と言われるのですが、最近は食も細くなり、大体2膳くらいで満腹。美味しく頂きました。

それではそろそろ船をおります。
これまで日誌を読んで頂き、どうもありがとうございます。

[今日の写真]
船のごちそう


海洋研究開発機構(JAMSTEC)NT08-12 「なつしま/ハイパードルフィン」による沖縄トラフ 深海生物調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-

(C)JAMSTEC
(C)JAMSTEC

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008.07.03 トリーター:伊藤

2008/07/03 沖縄トラフ(11)
未知なる「海オタマ」

期間:2008年6月23日〜7月4日
場所:沖縄トラフ
目的:深海生物 調査採集


最後の調査は2日の夜に実施されました。
実はどうしても目的の「海オタマ」が採れず、研究者と船とJAMSTEC本部とで相談が持たれ、今回特例的に夜の潜航が可能となったのです(通常は安全面などから、夜間潜航は実施されません)。

さて、問題の「海オタマ」、6月23日の日誌で少し紹介しましたが、他の海域でもいるにはいます。
が、その巣(ハウス)はとってももろく、しかも透明ですから、ある程度密度が高くないと、さすがのハイパーでもまとまった数をサンプリングすることは出来ないのです。

これまで2回、北伊平屋で潜っても、少ししか見られませんでした。
さて、今回はそれより少し南、水深1600mの伊是名海穴「ドラゴンチムニー」で最後の勝負です。
結果は大成功!1500mを過ぎる頃になると、おびただしい数の「海オタマ」が吹雪のように舞っています。
その幻想的な光景と、最後の最後で目的の生物に出会えた喜びで、研究者から
「感激するなぁ〜」
「この密度生まれては初めて見るよ・・・!」
といった声があがりました。

今回のハイパーは「海オタマ」採集装備になっています。
プランクトンネットを広げたまま吹雪の中をゆっくり航行し、プランクトン採集用容器「ゲートサンプラー」に納めていきます。
ゲートサンプラーは通常使用するビン(キャニスターボトル)よりも華奢な生き物をやさしく受け止めて採集することができます。
人がつまんだだけで壊れてしまう「海オタマ」を大事に抱えて、ハイパーは最後の潜航を無事こなしたのでした。

最後の最後で十分な数の「海オタマ」を得ることができた研究者の皆さんは、夜中であるにも関わらず、ニコニコ顔で顕微鏡をのぞいたり、専用の飼育装置に入れたりして各々の作業を楽しんでいました。
私もその一部を顕微鏡で見せて頂きました。
遠めに見ると丸い頭に尾が付いた「オタマ型」ですが、その頭部には各臓器がすけて見え、体の各部を複雑に素早く動かす様は、何やら人知を超えた生命体のようでした。
「海オタマ」の飼育技術については、実験室レベルで一定の成果が上がっていますが、水族館での展示飼育にはいくつかの課題が残されています。
いつの日か、こんな面白い生物を皆さんにも生きてお見せできるように頑張らなくてはなりません。

[今日の写真]
上/オタマ採集用の「ゲートサンプラー」
中/大量のハウス
  (ハイパーのまわりの雪のようなもの全部)
下/海オタマの頭拡大


海洋研究開発機構(JAMSTEC)NT08-12 「なつしま/ハイパードルフィン」による沖縄トラフ 深海生物調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-

(C)JAMSTEC
(C)JAMSTEC
(C)JAMSTEC

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008.07.02 トリーター:伊藤

2008/07/02 沖縄トラフ(10)
発想の転換

期間:2008年6月23日〜7月4日
場所:沖縄トラフ
目的:深海生物 調査採集


今日も北伊平屋海丘で潜航がありました。
昨日同様、おびただしい数のゴエモンコシオリエビやオハラエビ、貝類、ゴカイ類などを採集します。

ところで、当たり前ですが、ハイパーが一度に持って浮上できるサンプルの量は限られています。
また、研究者によって、その採りかた(採集道具や方法を運航チームの方に指示します)が違います。
少しずつ大事に大事に採る方もいれば、ごっそり採れるだけ採る方もいます。
さて、今回はご存知、元えのすいトリーターの三宅さん(現北里大学講師)です。

三宅さんのハイパーの使い方は「コロンブスの卵的発想」と「飼育者的発想」がブレンドされた独特のスタイルで、普通の研究者とは「明らかに違って」います。
今回の潜航を例にとってみますと、まず、全部で6つ装備できる採集ビンを5つしか装備しません・・・ さらにその1ビンにはアイスノンがぎっしり詰め込んであるのです・・・ 。
使えるビンは4つだけ?
普通に考えると2ビン分生物が採れなくて損なのでは?と思えるのですが、これには実に合理的な理由がありました。

三宅さん、潜航しての4ビン分はデリケートなプランクトンやゴカイ、オハラエビなどを状態よくキープしていきます。
その後で「ビンがないとこ回してください」。
そこはビンとビンの隙間、スペースが広くあいています。
ここで「ゴエモンすって下さい」。
比較的頑丈な体のゴエモンたちをこのスペースに収めていきます。
意外と広くて、かえってビンを入れないほうがたくさん入っている気がします。
そして次に「水換えして入口をアイスノンにして下さい」。
採集ビンの中を「水換え」する研究者は少ないと思います。飼育者の発想です。
さらに、アイスノン入りのビンで各ビンの入り口を塞げるため、生物を冷たい水のままで陸揚げすることが出来るわけです。
これをしないと浮上中にビンの入り口から暖かい表層の水がジャンジャカ入ってきて、高温に弱い生物は死んでしまいます。

揚がってきたビンの水をさわると狙い通りキンキンです。
深海生物を生かして採集する際は、温度と圧力の変化によるダメージが深刻なのですが、この方法で温度をかなり改善したと言え、大変参考になります。

さて、水槽も生物でかなりにぎやかになってきましたが、肝心の「海オタマ」の話がでてきませんね。
外を見ると、今日で潜航は終わりのはずなのに、ハイパーは運航チームの方たちによって新たな装備をほどこされています。
この後何が起こるのでしょうか?

[今日の写真]
上/ネットを装備したハイパー
下/採集されたばかりのゴエモンコシオリエビ


海洋研究開発機構(JAMSTEC)NT08-12 「なつしま/ハイパードルフィン」による沖縄トラフ 深海生物調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-

(C)JAMSTEC
(C)JAMSTEC

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008.07.01 トリーター:伊藤

2008/07/01 沖縄トラフ(9)
初めての「熱水」

期間:2008年6月23日〜7月4日
場所:沖縄トラフ
目的:深海生物 調査採集


今日からは調査の目的ががらりと変わります。当館ではすでにおなじみの「熱水」の調査です。
おなじみといっても、実は当方、実物の「熱水」を見るのは初めてです。
深海ベテランの北田さんや根本さんに話では聞いていたのですが、いまいちそのすごさがピンときてませんでした。

潜航したのは北伊平屋海丘と呼ばれる水深1000mの熱水噴出域です。ハイパーが潜り底に近づくにつれ、海底の岩が一面白くなっているのが分かりました。
さらに近づくとその白さはゴエモンコシオリエビの白さだと分かりました。
ゴエモン同士がすき間なくビッシリと岩にたかるその光景は、想像していた以上の迫力で、ハイパーの「水中掃除機」によってスポスポと吸われていく様子も新鮮でしたが、なんといっても一番ガツンときたのは、採集されたゴエモンがとても大きかった事です。
もしうまく持ち帰ることができれば、ひときわ大きなゴエモンをお見せできるかも知れません。
そして私も、今度からは熱水のすごさを実感を込めて皆さんに伝えることができます。

・・・ 実は残念な事に、一番の狙いだった「深海オタマ」はあまりいませんでした。
明日は最後の潜航日です。
もっともオタマがいそうなポイントを目指し、「なつしま」は今夜も移動を続けます。

[今日の写真]
大きなゴエモンコシオリエビ


海洋研究開発機構(JAMSTEC)NT08-12 「なつしま/ハイパードルフィン」による沖縄トラフ 深海生物調査航海

新江ノ島水族館は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-

(C)JAMSTEC

このエントリーをはてなブックマークに追加