「しんかい2000」が「ふね遺産」に認定されました

2021年7月、JAMSTECの有人潜水調査船「しんかい2000」が「ふね遺産 33号(現存船 第12号)」に認定されました。

「ふね遺産」とは、歴史的で学術的・技術的に価値のある船舟類およびその関連設備などを社会に周知し、文化的遺産として次世代に伝えるため、公益社団法人日本船舶海洋工学会が認定しているものです。

有人潜水調査船「しんかい2000」は、日本初の本格的な潜水調査船で、深度 2,000mまで潜航することができました。
1981年の完成後、1982年1月から2002年11月までの20年以上にわたって、1,411回の潜航をおこない、数々の研究成果をもたらすとともに、日本の深海研究の飛躍的発展に貢献しました。

また本船によって培われた技術や運用ノウハウは、その後に続く有人潜水調査船「しんかい6500」などの深海探査技術の開発に活かされました。チタン合金製の耐圧容器、日本初のシンタクティックフォーム浮力材、大容量の均圧型酸化銀亜鉛電池、インバーター制御による電動機など、当日の技術の粋が集約されました。

日本船舶海洋工学会

第5回 ふね遺産認定のお知らせ

深海Ⅱ-しんかい2000-

RSS