• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2020.10.25 トリーター:西川

2020/10/25 ゾンビワームが愛らしい


だんだんと気温が低くなってきて、水の冷たい深海生物の飼育水槽に手を入れるのが辛い季節になってきました。今回紹介するホネクイハナムシOsedax japonicus
(俗称:ゾンビワーム)もそんな冷たい水の中で暮らしています。


ホネクイハナムシは深海に沈んだクジラの骨(鯨骨)に棲みつき、そこから移動することはありません。この仲間は世界で11種類(未記載種を含めると約30種)が報告されていますが、“えのすい”で飼育しているホネクイハナムシは他の近い種と比較すると浅い水深で暮らしています。(採集地:鹿児島県野間岬沖 水深225m)
それでも水温は約10℃。その冷たさは10秒ほど触っているとジンジンと痺れてくるほどです。この間温泉に行った時の水風呂の温度は16℃でしたので水風呂よりも冷たい、言うならば冷水風呂の中で暮らしているのです。釣り餌に使われるゴカイと同じ環形動物に分類され、お世辞にもかわいいとは言えない見た目をしています。

そんなホネクイハナムシですが、“えのすい”では繁殖に成功しています。寿命が3-5ヶ月程度と短いながら、展示開始から約3年半その命を絶やすことなく展示を継続しています。
今年の夏は繁殖が上手くいかず不安な時期もありましたが、現在は「深海Ⅰ~JAMSTECとの共同研究~」の鯨骨に付着したたくさんのホネクイハナムシが次々と繁殖していて絶好調です。

かわいいとは言えない見た目と言いましたが、私は気持ち悪いとも思いません。大きな動きはありませんが水流などの刺激に対して揺れたり伸び縮みしたり、そんな姿をみていると愛らしくも思えてきます。
鯨骨からエネルギーを得ることから学名のOsedax はラテン語で“骨をむさぼり食う者”という意味を持ち、また一方ではゾンビワームと呼ばれていたり、あまり人に好かれる要素は持っていませんが、そんなものは人間が後付けしたものです。じっとホネクイハナムシと向き合って隅々まで観察してみると、私と同じようにかわいい一面を発見できると思います。

大人の指先程の大きさで虫めがね越しになりますが、是非じっくりと観察してみてください。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


2020.10.22 トリーター:濱田

2020/10/22 ペンギンプールにウェットリーター


ウェットスーツ始めました。これから何が起きるのでしょうか!

最近急に寒くなりましたね。毛布にくるまっている時間が長くなった濱田です。
今日はペンギンのお話です!


ペンギンたちは年に一度の換羽が終わり、恋の季節になりました!
ペンギンプールではオスがメスにアピールをしていたり、鳴き叫んでいたりとかなりうるさい時があります…
みなさんにも聞いてもらいたいものです…

最近はウェットスーツを着て、朝から掃除もしました。
僕はウェットスーツを着ていると、どこか懐かしさを感じます。
いろいろな思い出がありますよね~

今後何かが起きるかもしれないし、起きないかもしれないし、どうなるのかは僕もわかりません!!
ウェットスーツの将来を乞うご期待!!笑

ペンギン・アザラシ


2020.10.21 トリーター:櫻井

2020/10/21 なんじゃこりゃ!


やっとこ、やっとこさ出てきました。赤い星が。
アカホシイトヒキクラゲの名前の由来ともなっている、赤い斑紋がなかなか出ず、これ、実はアカホシイトヒキクラゲじゃなくてカワイトヒキクラゲなんじゃね?って、疑心暗鬼になっていました。小さい頃は結構形が似ているのです。でも明らかにポリプの形も違うしコンタミ(コンタミネーション:ポリプの混入)では無い、クラゲの形もわずかに違う、気がする。
期待を込めて信じていたら、ようやくてんてんが出てきたのです。
正確にはまだ赤くないですが。
こちらをご覧ください。



ちょっとざらざらした感じの傘の質感に、つるっと、はげたような点がいくつも見られます。
これがだんだん赤くなってくるのかな?
へーこんな感じで出てくるんだなーと、かなり感動しています。

アカホシイトヒキクラゲはなんと、ちょうど本日展示替え予定です!
明日から展示で見られるかも知れませんよ。

さて、表題の件ですが、なんじゃこりゃということで一体何がなんじゃこりゃでしょう。
実は、赤い星とともに出てきてはいけないものまで出てきてしまいました。
こちらをご覧ください。


胃です。
胃の一部が、ぶよんぶよんです。
プンクタータなど、同じく熱帯性の根口クラゲの仲間が、以前胃が出てきてしまった事があるらしいのですが、ここまで立派に出てくるとすごいですね。餌で取り込んだアルテミアがばっちり見えます。
傘の形も奇麗だし拍動もしっかりしてるしアカホシも出てきたし、めでたしめでたしと思っていたら胃が…。拍動が元気なだけに、胃のぶよんぶよん具合がものすごいです。拍動のリズムに合わせてぶよんぶよんしています。
これはちょっと経過観察ですね。

何にしろみなさまに見てもらえるのが本当に嬉しいです。
愛情たっぷり注いで育てたアカホシイトヒキクラゲを、ぜひ見にいらしてください。
(カワイトヒキクラゲも超立派になって展示中です)

クラゲサイエンス


2020.10.20 トリーター:花上

2020/10/20 トリーター成長日誌 Season 2 Part.1

バンドウイルカ「ルイ」・「ミレニー」
バンドウイルカ「ルイ」・「ミレニー」

みなさん、こんにちは!!
えのすいトリーターの花上です!
季節も一気に進み、寒い時期になってしまいました。みなさんも体調にはくれぐれもお気を付けください。
それでは早速、前回の日誌(2020/09/20 トリーター成長日誌 Part.11)から今日までの進展を書いていこうと思います!…と書きたいところではありますが! なんと今回から「トリーター成長日誌」はSeason 2となります!!

なぜこんな中途半端な時期に、いきなりSeason 2になるのかというと… 実は担当個体が変わることに…!
というのも、以前よりコンビを組んでいた「ミレニー」は10月7日をもって担当を外れることになりました。僕自身も急な担当変更でしたので最初はとても驚きました。

「ミレニー」とは2019年5月からコンビを組んできました。以前の「トリーター成長日誌」を読み返してみると考え深いものがあります。「ミレニー」と楽しんでいる時期、「ミレニー」に悩まされる時期、「ミレニー」と新しい挑戦をしている時期… やはり自分にとって大切な存在はいなくなったときに気づくものですね…。

とはいえ、これから一切「ミレニー」とコンビを組まないわけではありません! 一緒にショーに出ることもあると思います! その時は今までと変わらず、「ミレニー」との時間を楽しんでいきたいと思います!!!


そして! 新たに「ルイ」とコンビを組むことになりました!

正直なところ、僕は「ルイ」のことが全然わからないです…。好きな遊びやリラックスできる時間などなど… 右も左もわからない状態です。
ですがそれは一年半前くらいに「ミレニー」と初めてコンビを組んだ時も同じでした。そして、その時は本当にゼロからスタートでした。
しかし今では「ミレニー」から教わったことが僕の中にはあります。つまりゼロからではなく、一からスタートできるということです!

「ミレニー」から教わったことを忘れずに、「ルイ」との関係もどんどん深めていきます!そして、次は「ルイ」とのkizunaを皆さんに伝えていきます!!

きずな/kizuna


2020.10.19 トリーター:堀内

2020/10/19 かくれんぼ


皇室ご一家の生物学ご研究のゾーンにあるこちらの水槽。かくれんぼが得意な生物たちがたくさん生活をしています。みなさん見つけることができるでしょうか?

まずは「キイロサンゴハゼ」


サンゴのすき間に隠れていますが、綺麗な黄色い体が目立ってすぐに見つけられますね!
ぱっちりおめめでとてもかわいい顔をしています。


難易度が上がって次は「モミジガイ」
カイと言う名前がついていますが貝ではなくヒトデの仲間です。
体は淡い水色をして体の周りには多くの棘が生えており、日中は砂の中に潜っていて見つけるのはとても難しいです。時々砂の中がもぞもぞすることがあり、その砂の下にはモミジガイが隠れています。ご飯をあげると臭いを嗅ぎつけて凄いスピードで砂から出てきます。ヒトデなのにこんなに早く動けるんだととても驚きました。


最後は「オキナワハゼ属の1種」
この水槽に2匹飼育しています。これまでは水槽の中に小さな水槽を設置し、その中で飼育していましたが、この度他の魚たちと一緒に飼育することになりました。


小さな水槽で暮らしていたオキナワハゼ属の1種

体の大きさは3cm程。岩の影?サンゴのすき間?私たちトリーターでも見つけるのがなかなか困難な種類です。
かくれんぼがとっても得意な魚たちが生活しています。水槽をじっくり観察して生物たちを見つけて見てくださいね!

皇室ご一家の生物学ご研究


2020.10.18 トリーター:城戸

2020/10/18 このペンギンの顔は誰でしょう?


これは、私がひそかに開催しているペンギンの顔だけを見て誰だか当てるクイズ大会のようすです。
最初にペンギン担当になった時に、目印がなくても誰だかわかるようになりたい!!
と思ったのがきっかけで、やるようになりました。

“えのすい”のペンギンたちは、翼に色の目印をつけていますが、意外と体の一部やシルエットで見分けなくてはいけない場面があります。
例えば消灯後に見分ける時は立ち姿などで判断しています。

顔だけみて当てているのは、主に給餌の時間です。
“えのすい”では1羽1羽階段を上って来て、そこで給餌をしますが、次のペンギンが誰かによって、どのような順番で魚を与えるかなど、事前に短い時間で考えるので、ちらっと見える順番待ちのペンギンの顔から給餌手順を準備しておきます。


給餌が始まるのを待っている「ヒカル」

最初は、姉妹の「アカリ」と「ヒカル」を間違えたり、親子の「フク」と「ハク」を間違えたりしていましたが、今ではほぼ正解します。


「ヒカル」  「アカリ」


「フク」  「ハク」

えのすいペンギンマスターにみなさまがなれるように、顔だけの写真の裏に名前が書いてある単語帳を作ろうかと考えたこともありましたが、需要はあるのでしょうか?

学生時代に使用した英単語帳のように、電車でペンギンの顔おぼえようとしていたら、注目の的かもしれませんね。

ペンギン・アザラシ


2020.10.17 トリーター:鈴木

2020/10/17 オオニベ展示中です

オオニベ
オオニベ

こんにちは、鈴木です。

先月より沿岸水槽で大変珍しい魚の展示が始まりました。
その名も「オオニベ」です。

大型のニベ科の魚ということで、オオニベと呼ばれますが、これが本当に大きいんです。
魚屋さんによく並ぶニベ科の魚にイシモチ(シログチ)という魚がいますが、せいぜい30㎝程度です。対してこのオオニベはなんと最大150㎝! 大きい!!
そして150㎝の大きさになるころには体重は30㎏に達します! 重い!!
日本で17種類ほど知られるニベ科の中では最大です。

ぎらぎらしたしっかりとした鱗に覆われ重厚感がありカッコよく、さらに何ともスマートな小顔でとにかくぎらぎらしている魚です。思わずぎらぎらと2回言いたくなるくらい本当にカッコいい魚です。
ぎらぎらした魚の代表種といえばスズキですが(私感)、その度合いではスズキにも劣りません。それもそのはず、この魚には有名な別名があって、「ミナミスズキ」といわれているんです。
現在展示の個体は60㎝ほどなので、今の倍以上になると考えると、期待が膨らみますね。

オオニベは、南日本の太平洋側、東シナ海、台湾、オーストラリア南部、インド洋に分布し、水深150mまでの砂地や河口付近に生息します。
日本では、九州が主な産地となっており、特に宮崎県では県魚に指定され、養殖も行われているそうです。砂浜の大物釣りとして人気があり、釣り関係のメディアにもよく取り上げられています。
もともと、九州以外ほとんど市場に出回ることはなく、さらに、釣ることが難しいことから、この魚を狙う釣人たちの間では「幻の魚」と呼ばれるそうです。

最近では関東の市場にも出回るようになり、切り身などでスーパーでも売られているとのことですが、私はまだ見たことはありません。・・と言いますか、私はもちろん、大ベテランのトリーター含む、“えのすい”の現トリーターの誰も実物は見たことがないんです。
地元の定置網には幾度となく乗船していますが、気配すら感じたこともなく、水揚げされているところも見たことはありません。図鑑を見ると相模湾で採れるのは稀、と書かれています。

今回のオオニベは、私ともう一人のトリーターで乗船した定置網で運よく採集できました。
実は見つけたのは私ではなくもう一人のトリーターです。このトリーター、実はこの回が初の定置網乗船でした。
無数に入網する他の魚の中に1匹だけいたオオニベを見つけるなんて・・・。
ほんと、持ってるなーっと思いましたね(笑)GJですね!!

私もこのような珍しい魚を飼育できる機会に出会えて本当に嬉しい限りです。
このオオニベ、もちろん “えのすい”初展示です。
ただいま絶賛試行錯誤飼育展示中ですが、まだ摂餌を確認できておりません。
体は大きいですがかなり繊細なので、おそらくまだ水槽に慣れていないのだと思います。
大きく成長する姿をお見せできる日を目指して、これからも頑張りたいと思います。
もしかしたら、短期の展示になるかも知れませんので、ご覧の際はぜひお早めに!




定置網採集のようす

[ 希少な巨大魚!!「オオニベ」初展示 ]


2020.10.15 トリーター:番長

2020/10/15 出会いの海リニューアル!


題名の通り、相模湾ゾーンの出会いの海がガラッと変わりました。
ちなみに出会いの海は水族館に入って最初に目にする水槽、波が打ちつける水槽のことです。
何が変わったかと言いますと、外観は全く変わっていませんが、生き物がほぼまるっと変わりました。

以前はカンパチ、ブリ、イシダイ、ギンガメアジなどの大きい魚が中心で、波に向かって力強く泳ぐ魚たちのようすを見ることが出来ました。


ブリ


ギンガメアジ

そして今回はクサフグを中心として、ヒイラギ、カゴカキダイなどの他に、無脊椎動物のイシダタミヤドカリやアカヒトデ、よーく見るとタッチプールでお馴染みのタツナミガイなんかもいます。他にもチョウチョウウオも隠れています。


ヒイラギ


クサフグの幼魚

さて、どうしていきなりこんなに変わったのかと言いますと、出会いの海をもっと江の島の海に近い環境の展示にしたいということから端を発しました。
カゴカキダイ、チダイは前からいましたが、他の生物はほぼ全部、私たちが近くの海に釣りや素潜りに行き、採ってきました。
クサフグもヒイラギも他の水槽で飼っていることは多々ありましたが、なかなか残りにくかったそうです。ですが、展示替えから2週間近くたった現在は比較的安定しているように思えます。

なるべく本物に近くなるように生き物を選んでいますが、まだまだ手探り状態で、今入れている生き物のようすを見て、足していきたい種を考えて、少しずつアップデートしていければなと考えています。
江の島周辺ではある時期となると、クサフグたちが産卵のために集まります。私はその光景を今年初めて見たのですが、なんだか神秘的で生き物の力強さを感じました。
自然でのクサフグたちの産卵する姿にはまだまだ程遠いですが、今いるクサフグたちも大きくなって、そんな姿を見てもらえたらなと思います。
日々移ろっていく出会いの海のようす、ぜひ注目してみてください。

相模湾ゾーン


2020.10.15 トリーター:黒川

2020/10/15 展示更新情報~海に棲むナマズの仲間~


みなさんこんにちは! 展示更新情報です。

みなさんは、海に棲むナマズをご存じですか?
「え!?ナマズって海にもいるの??」とお思いでしょう。
海の中でも沿岸域とそこに注ぎ込む河川の河口域(海水~汽水域)に生息するナマズの仲間がいます。


そのナマズがこちら!
皇室ご一家の生物学ご研究にて、ハマギギ科の仲間を展示しています。
ナマズの特徴である長いヒゲがポイントです。

実は2,400種以上もいるナマズ類は、魚類の中でもとても大きなグループです。
みなさんがイメージするあの「ナマズ」の他にも、体がガラスのように透けている、「トランスルーセントグラスキャット」


口角をあげて笑ったような顔に見える「パービャウ」


体をさかさまにして泳ぐ「サカサナマズ」


先ほど紹介した海でくらすハマギギ科の仲間など、“えのすい”では、さまざまな姿かたちをしたナマズの仲間を展示しています。

皇室ご一家の生物学ご研究エリアで、ナマズたちの多様性を知っていただけたら嬉しいです。


皇室ご一家の生物学ご研究


2020.10.14 トリーター:長野

2020/10/14 サブプールに注目!!


みなさん、こんにちは。
新人トリーター 長野です。

徐々に気温が下がり夏好きの私からすると、少し寂しい季節となってしまいました。
最近の急激な気温変化には、みなさん十分留意してお過ごしください。

さて、本日は僕のパートナーの「クロス」についてお話しします。

「クロス」はカマイルカという種類の雄イルカで、今年で飼育年数が42年目。
“42年”という数字は“えのすい”飼育歴最長記録かつ日本におけるカマイルカ飼育歴最長記録を更新し続けています。
人生の大先輩であり、“えのすい”の大先輩です。

そんな「クロス」は現在、サブプールで生活しています。

サブプールには、「クロス」を含め2頭のカマイルカが生活しており、もう1頭は「セブン」という雄イルカです。
ちなみに「セブン」は“えのすい”飼育年数は18年目です。「クロス」に劣るものの飼育年数はとても長いです。


同じ種類の「クロス」と「セブン」を見分けられる方はなかなかいないと思います。
この写真では左が「クロス」、右が「セブン」です。

よーく見ると…「クロス」はつぶらな丸い瞳をしているのに対して、「セブン」はギラギラな鋭い目つきをしています(笑)
さらに、口先から頭部にかけての白い模様の範囲が狭いのが「クロス」、広いのが「セブン」です。

どちらにもいろいろな特徴があり、かわいらしくかっこいい面がたくさんあります。
今回のトリーター日誌でサブプールには、2頭のカマイルカがいるのではなく「クロス」と「セブン」がいるということをみなさんに知っていただけたら嬉しいです!

これから飼育年数だけでなく、僕とともに成長していく「クロス」に注目ください!

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!