• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2020.11.25 トリーター:山本

2020/11/25 枝垂桜クラゲ


日本の国花である桜。その「桜」から名前がつけられているクラゲがいます。「シダレザクラクラゲ」です。現在、江の島で採集してきたものをクラゲサイエンスで展示しています。せっかく綺麗な状態なのですが、存在感がちょっと薄め…ですので、今回は日誌で紹介していきます。


和名:シダレザクラクラゲ
学名:Nanomia bijuga
分類:ヒドロ虫 綱管クラゲ目(胞泳亜目) ヨウラククラゲ科 シダレザクラクラゲ属

リラックスしたとき、ふわっと触手を広げた姿がシダレザクラっぽい…です。
カツオノエボシなどと同じ「管クラゲ」の仲間で、私たちが目にする姿は、それぞれ役割を持った「個虫」が連なっている、いわゆる「群体」と呼ばれる状態です。ぱっと見、何が何だかわからないような、謎の生きもの感がありますが…ごちゃごちゃしているように見えて、意外と構造はシンプルです。
本種の構造は、大きく分けて「気胞体(きほうたい)」・「泳鐘部(えいしょうぶ)」・「栄養部」に分かれています。気泡体で浮力を調整し、泳鐘部で移動、栄養部で摂食・消化を行います。拡大するとこんな感じです。


泳鐘部と栄養部の上部にそれぞれ成長帯のようなものがあり、新しい個虫が作られていきます。つまり、どちらも下へ行くほど古い個虫であるということです。拡大写真で見ると、下の方が大きく、上に行くにつれて小さい個虫が観察できます。本群体は、まだまだ成長途中のようで、泳鐘の数は少なめです。

シダレザクラクラゲを調べていると、面白い論文を見つけました。複数の泳鐘(+その縁膜)を使って、前進・後退・旋回・反転等、かなり複雑に、器用に動くことができるという内容です。考えてみれば、管クラゲ以外のお椀型のクラゲたちは、基本的に拍動して一方向に進みます。それに比べて、シダレザクラクラゲはくねくねと複雑な動きをするんです。
分布もかなり広いようで、世界中の複雑な海流に適応し、器用に生きているのかもしれませんね。普段は外洋で生活している種なので、なかなかお目にかかれないレア種です。ぜひこの機会にご覧ください。

クラゲサイエンス


2020.11.22 トリーター:池光

2020/11/22 ディランのお散歩


オタリアの「ディラン」は4歳の男の子!体重は100kgになりました!!

「ディラン」はおっとりとした性格で、この間も「ディラン」の近くで板が勢いよく倒れ、周りのトリーターは「ディラン」が驚くんじゃないかと慌てましたが、本人はまったく動じませんでした。

そんなまったりとした性格の「ディラン」と一緒に館内のお散歩をはじめました!
はじめは階段5段くらい登ると緊張している顔をしていたのですが、今では慣れてきて大きな前肢で小さい階段を1段ずつ器用にテンポよく登ります!!


そしてお散歩できる範囲も増え、イルカショースタジアムの客席や体験館前の通路にも行けるようになりました!


最初はビクビクしていた「ディラン」がいろんな場所を颯爽とお散歩している姿に成長を感じて、一緒に楽しくお散歩するのがとても嬉しい時間です!!

イルカショースタジアム


2020.11.21 トリーター:八巻

2020/11/21 はじめて育てたかわいい稚エビ!

(写真 1) 抱卵するタギリカクレエビのメス
(写真 1) 抱卵するタギリカクレエビのメス

こんにちは、八巻です。
私は小さな生き物が大好きで、ぜひみなさんにもその魅力を知っていただきたいと思っています。
以前にもこちらでタナイスタイワンホウキガニの幼生について、書かせていただきました。
今日はタギリカクレエビのお話です。

タギリカクレエビ(写真1)は、鹿児島湾湾奥の水深 100m前後に位置するサツマハオリムシの群生域やその周辺に生息する全長 3~4cmほどの小さなエビです。
カクレエビのなかまは小さな種が多く、浅海から深海まで広く分布しています。
多くは他の生き物と特異的に共生していて、共生相手と同所的に観察できます。
タギリカクレエビもなぜかサツマハオリムシのコロニー内以外ではほとんど見られません。おそらく何かしらの共生関係にあるのですが、詳しいことは分かっていません。
また、サツマハオリムシは硫化水素をエネルギー源に栄養を合成するバクテリアと細胞内共生する、いわゆる化学合成生態系の一員です。タギリカクレエビも広い意味ではその生態系の一員ですが、硫化水素を利用できたり、化学合成バクテリアと共生していたりという事実は今のところ分かっていません。

したがって、タギリカクレエビは普通に餌を食べる比較的飼いやすい生き物です。
しかし、繁殖となると一筋縄ではいきません。
“えのすい”では過去にこのエビの繁殖に成功しているのですが、私自身が関わって稚エビまで育てたことはありませんでした。
それがこの度、稚エビになったのでとても嬉しいのです(写真 2)!


(写真 2) 着底直後の稚エビ

タギリカクレエビのメスは自分のお腹に卵をくっつけて育てますが、卵から生まれた直後はゾエア幼生と呼ばれ、エビとは全く異なった形をしています(写真 3)。


(写真 3) 孵化後約1カ月のゾエア

以前お話したタイワンホウキガニと一緒です。このような幼生(赤ちゃん)は自身も小さくて常に泳いでいるうえに、食べる餌も小さいので、水をきれいに保って飼育するだけでも一苦労なのです。

そしてなによりゾエアの形から稚エビの形にかわる着底と呼ばれるステップがとても難しいのです。
今回飼育していた幼生は約 2ヶ月のゾエアの期間を経て、無事着底しました。
甲殻類は脱皮をして大きくなりますので、ゾエアの時期も何度か脱皮をします。
何度目かのゾエアから脱皮すると、中から稚エビが出てくるというわけで、いつも泳いでいたゾエアがある日突然、水槽の底で稚エビになっているという、サプライズが起こるのです。

今回初めてそのサプライズを体験しました!
いやぁ、本当にうれしいものです。
そして目が大きく、親エビとはかたちも少し違ってとてもかわいい(写真2)。
以前の記録から大体 2ヶ月で着底することが分かっていましたが、いざ本当に着底すると驚いてしまうものです。

そして着底してから約 1週間で着底後初めて脱皮をしました。
心なしか目が小さくなったような気もしますし、倍くらいの大きさになったような気もします(写真 4)。


(写真 4) 初脱皮後の稚エビ

そして脱ぎ捨てられた脱皮殻は見事にエビの形をしていました(写真 5)。


(写真 5) 初脱皮の殻

今回稚エビまで育てられたのはこの 1匹だけですが、まだまだたくさんのゾエアを育てていますので、稚エビにする確率を上げ、親まで育て、水族館生まれ水族館育ちの親から稚エビに出来るよう、頑張っていきたいと思います。

このように水族館で繁殖に力を入れることは、野生生物を水族館内で保全するという域外保全につながります。
さらには野生の個体群に影響を与えることなく展示を続けることで、SDGsにうたわれる “持続可能な” 社会の実現への一端を担うことにもなるのです。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


2020.11.20 トリーター:花上

2020/11/20 トリーター成長日誌 Season 2 Part.2


みなさん、こんにちは!!
えのすいトリーターの花上です!
いよいよ寒くなってきたかな?・・・ と思ったらここ数日はとても暖かかったりと、寒暖差が大きいですね。
風邪をひかないよう、みなさんもお気を付けください。

それでは早速、前回の日誌から今日までの進展を書いていこうと思います!!

まずは新パートナーのバンドウイルカ「ルイ」からです!
「ルイ」とは早くも、イルカ・アシカショー「きずな/kizuna」でパートナーを組むようになりました!
そしていきなり壁にぶつかってしまいました・・・。
どんな問題が起こったかというと、ショー中にジャンプの合図に応えてくれません。
というのも、ジャンプなどのダイナミックの種目は、「ルイ」にとっては全身に力を入れて頑張らないといけない種目であり、とても疲れやすい種目でもあります。
そんな種目を、いきなりパートナーになりはじめた僕が伝えても、「ルイ」としては「え?」ってなってしまうわけです。
みなさんも知らない人にいきなり「1km走ってこい!」って言われたら、「え?」ってなりますよね?
ちょっと雑なたとえですが、恐らくこんな感じなんだろうと思います(笑)。
そして!今はどうなのかと言われると・・・
ばっちりジャンプの合図に応えてくれるようになりました!!
最初の 2週間くらいは全然上手くいきませんでしたが、コンビを組むたびに少しずつ・・・ 少しずつと距離を縮めていった結果かなと思います。
もちろん、「ミレニー」との kizuna と比べればまだまだですが、また「ミレニー」の時と同じように一歩ずつ、kizuna を深めていきたいと思います!!

続きましては「マリン」です!
「マリン」とは最近、新しいことに挑戦し始めました!
どんなことに挑戦しているかというと、くるくると回るダンスという種目です!
もともと「マリン」はこの種目ができます。
しかし回転の向きが反時計回りしかできませんでした。
僕が今挑戦しているのは、時計回りのダンスです!
一見簡単そうに思いますが、これが意外と難しいんです・・・。
もともと反時計回りは得意なため、僕が少しでも油断をすると得意な方向に回ってしまうのです。
それでも、ちょっとずつ体の向きを時計周り側へ誘導していき、まずは時計回りで一回転をすることができるようになりました!
そこからは思っていた以上にスムーズに進むことができました!
回転数を少しずつ多くしていき・・・
合図をつけて・・・ 完成です!!
しかしながら、今でも時々回転の向きが逆になってしまうことがあるので、まだ完璧とはいえません。
これからまだまだ練習していきます!

最後はゴマフアザラシの「ココ」です!
前々回の日誌で「僕が迷走気味・・・」とお伝えしていましたが、何とか気持ちを切り替え、今は楽しい時間を一緒に過ごしています。
特に最近はまっていることは、陸上で膝の上まで「ココ」に上ってきてもらい、すごく近い距離で一緒に過ごすことです!
顔との距離が近くなるとキスをしようとしてくるのですが、それがもう最高に可愛いです!
トリーターだけの特権です!
もちろん口の周りは魚のにおいがすごいですが・・・(笑)。
アザラシに魚をあげる時間は特に決まっていないため、みなさんに見てもらえる機会は少ないですが、もし魚をあげていたらぜひ足を止めて見ていってください!
アザラシたちの愛おしい姿をみなさんにお届けします!!

こんな感じで、今はみんなと楽しく過ごしています!
もちろん辛いこともたくさんありますが、動物たちと一緒に過ごしていれば、それだけで辛いことなんて吹っ飛びます!!
みなさんも悩みがあったり、辛いことがあったら、ぜひ“えのすい”へ吹っ飛ばしに来てください!!


2020.11.19 トリーター:山本

2020/11/19 外洋系クラゲパーティー


本日、江の島の漁師さんに「最近沖にクラゲがいっぱいいるよー」と教えていただき、急遽船で江の島沖まで行ってきました。すると、沖の潮目でとてつもない数のクラゲに遭遇…!普段はなかなか見られないような、外洋で生活するクラゲをいろいろと採集してきました。


うわあ。網を水中に入れると、狙ってもいないのにどんどんクラゲが入ってきます。たくさん採って、状態が良いものは今日の昼ごろからクラゲサイエンスで展示しています。そこで、今日採れたクラゲをいくつかご紹介します。


カラカサクラゲ

江の島の漁港では、ちらほらとほぼ一年中採集することができる種類です。名前は「唐傘」から来ています。自分よりも小さい他のクラゲを食べてしまうので、採れた時には注意が必要です。普段採集されるサイズは大きくても1cm程ですが、今回採れたものはかなり大きく、傘径が3cm弱程あります。船の上からも余裕で見えるくらいの迫力です。


オビクラゲ

私がクラゲの中で最も綺麗だと思うクラゲの一つです。透明色。別名「ヴィーナスの帯」とも呼ばれます。有櫛動物門に属し、毒針を持った所謂「クラゲ」ではなく「クシクラゲ」の仲間です。よーく観察すると、櫛板がピロピロと動いているのが分かります。

ヨウラククラゲ



カツオノエボシなどと同じ、管クラゲの仲間です。群体と呼ばれる構造をしており、体は少しの衝撃でバラバラになってしまいます。こんなに完璧な状態で搬入されることはかなり稀ですので、思わずたくさん写真を撮ってしまいました。お時間のある方は是非じっくり観察してみてください。


ハダカゾウクラゲの仲間

「クラゲ」と名の付く生き物ですが、広く言えばクリオネなどと同じ「貝」の仲間です。殻を持たない貝だから「ハダカ」、吻が細長くゾウの鼻のような形をしているから「ゾウ」と、それぞれ名前に入っているんですね。それに加え、透明な体でくねくねと動くそのようすは、クラゲにそっくりです。正直、船の上からはクラゲだと思って採り、近くで見てようやく気が付きました。全世界の温熱帯海域に分布し、日本では太平洋沿岸域で見られるそうです。こんなにきれいな個体は初めて見ました。不思議な動きが面白い…。

外洋で生活するプランクトンたちは、飼育が難しい種類ばかりです。もしかしたら短期間の展示になってしまうかもしれません。ぜひこの機会にご覧ください。

クラゲサイエンス


2020.11.18 トリーター:橋本

2020/11/18 セブンと練習2


以前から行っている、「セブン」との尾鰭振りの練習のお話です。
2020/08/16 セブンと練習をご覧ください。

最近、ステップ2の「合図で答えてもらうこと」ができるようになりました!

どのように伝えたのかというと、逆さまの姿勢ができるようになったところで、合図を出してから誘導をして逆さまの姿勢になってもらいます。

まだこの時点では、合図と逆さまの姿勢はつながっていません。

しかし、これを何度も続けていると、「セブン」が、この合図の後にいつも逆さまの姿勢に誘導されていることに気づき、ある日、合図を出した瞬間に誘導をしなくても自分で水中に頭を沈め、逆さまの姿勢になったんです。

この瞬間嬉しすぎて、「すごいっ」と思わず大きな声を出してしまいました!!

今はステップ3へ進み、尾鰭を左右に振って、その状態をキープすることを目指して練習しています。

これがまた難しいのですが…
次の日誌では、また良いご報告ができるよう、日々「セブン」と成長していきます。

イルカショースタジアム


2020.11.17 トリーター:加登岡

2020/11/17 明と暗


魚類の担当になってから、日々の業務はもちろんのこと、江の島の生物調査を行ったり、生物の採取に出かけたりとさまざまな経験を積ませてもらいました。全てが一からになるため、大変ですが、その分新しいことを学べて新鮮な気持ちで過ごしております。

その中で、最近調べているのが無脊椎動物です。幼少期から魚は好きでしたが、無脊椎動物についてはさほど興味を持っていませんでした。
しかし、今は無脊椎動物を追いかけています。
無脊椎動物は私たち哺乳類と異なり、名前の通り脊椎を持たない生物です。ナマコやヒトデ、イソギンチャクやサンゴなどが該当します。そしてエビやカニ、タコなども無脊椎動物の仲間です。
思い出してみれば、私が魚類担当になって、水槽の新展示を任されたときに最初に手に入れたのも無脊椎動物でした。その後、ホームページの新着生物でも「カワテブクロ」や「アラビアハタゴイソギンチャク」、「シタザラクサビライシ」に「キュウリイシ」を紹介しました。

水槽のレイアウトを作るときに、その生物の生息する環境を再現しようと思うと、どうしても魚だけでは作ることができません。作り物の擬岩や擬サンゴなどを使用して、レイアウトすることもあるのですが、できれば本物を、と思うとどうしても外せないのが無脊椎動物たちです。しかし、この無脊椎動物たちは魚よりも飼育が難しいことが多いです。

特に無脊椎動物の中でも私が調べているのが、六放サンゴ、八放サンゴと呼ばれる種類です。
簡単な言い方をするとサンゴの仲間たちです。
水質にうるさかったり、光が必要だったり、餌が必要だったりといろいろな条件があります。
「太平洋」の暖かい海のゾーンではカクレクマノミのいる水槽とチンアナゴのいる水槽があります。カクレクマノミの水槽は明るい光が必要なサンゴ仲間のキュウリイシやイソギンチャクモドキを。一方のチンアナゴの水槽には光は必要なく、給餌が必要なやや深い場所や暗い場所にいるサンゴの仲間のヤギやイソバナ類を展示しています。

そして、私のおすすめは最近展示し始めた「ナンヨウキサンゴ」です。こちらはチンアナゴのいる水槽にいます。


ナンヨウキサンゴ

相模湾ゾーン海岸水槽の逗子沖サンゴの水槽でもキサンゴの仲間は展示していますが、そっちのキサンゴとは色がだいぶ異なり暗い緑色をしているんです。当館では初めて展示しますのでこの機会にご覧ください。


逗子沖サンゴに展示しているオオエダキサンゴ

まだまだ奥が深い無脊椎動物について、もっと調べてみなさまにお伝えできるようになりたいと野望を抱き、日々勉強しております。

太平洋


2020.11.16 トリーター:長野

2020/11/16 NEWパートナー PART2!


みなさん、こんにちは。
11月に入り、寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
私は、早く夏がきてほしくてたまりません。
夏はいいですよね。。。

さて、そんな話は置いておいて本題に入りましょう。

と、言いながらもその前に…
私事ながら“えのすいトリーター”となり、半年以上が経ちました。
当初は、先輩方のイルカショー「きずな/kizuna」や動物のトレーニングを見て学ぶことばかりでした。
しかし、現在は先輩方と同じステージに立ち、ショー参加や動物とのトレーニングを行っています。

そこで、一緒に「きずな/kizuna」に参加し、トリーターの基本を教えてくれている新しいパートナーのイルカについてお話しします。
私のパートナーはバンドウイルカの「ルイ」です。
「きずな/kizuna」でともに活躍している「ミレニー」と「サワ」のお母さんである「ルイ」は私にトリーターとしてのスキルだけでなく、トリーターの存在意義そのものを教えてくれています。

「ルイ」と過ごした時間はまだまだ短く、どんなことをしたら「ルイ」が楽しんでくれるのかわからないことが多いです。
まだまだ心が通っていない今だからこそ、「ルイ」のことが少しでもわかるととても嬉しいです。
毎日の小さな発見が「ルイ」に一歩近づけた、そんな気がしています。
心を通わせて、もっともっと「ルイ」に一緒にいる時間が楽しいと思ってもらえるように新人トリーターはこれから必死になって頑張ります。

今だからこそ見せられる、初々しい「ルイ」と私のきずなをみなさんにお届けしていきます!

イルカショースタジアム


2020.11.15 トリーター:鈴木

2020/11/15 浅場の沿岸水槽とそれを支える2人の助っ人


こんにちは、鈴木です。

今回は相模湾ゾーン・沿岸水槽の入り口の水槽、相模湾の5~10mの浅海の魚を集めた水槽にご注目。最近のこの水槽の魚種が大変充実しております。
というのも、直接採集に行かないと手に入らない、江の島(の浜辺や磯場)で見られる小型魚種が多く揃っております。

この水槽が実現できたことについては、(以前にも少しここで書きましたが)我々トリーターの強力な助っ人で、魚類の飼育を手伝ってくれているスタッフ2人の活躍なしには語れません。この二人、メインはクラゲショー(現在休止中)の案内などを担当していますが、それ以外の時間で魚類の飼育を手伝ってくれています。

一人は採集のベテランで、江の島での採集歴はかれこれ4年に突入します。これがただの4年ではなく、出勤日はほぼ毎回採集にでかけてくれています。最初の方は採れる魚種も限られていましたが、最近では、え?こんなのも捕まえたの?と驚かされる魚もしばしばです。
さらに、何がどこにいるかを経験的に把握しているので、言えば希望通りの魚種を採集してきてくれます。

私もそれなりに江の島周辺で採集をしていましたが、ここまでの魚種を捕まえたことはなく、改めて江の島周辺の魚種の豊富さに驚かされると同時に、毎日新鮮な発見と勉強をさせてもらっています。おそらく、“えのすい”の誰より江の島周辺の採集魚(手網で採集できる範囲のもの)を把握している存在です。

彼の採集力のおかげで、この水槽でさまざまな魚種を展示できるようになりました。
彼を見ていると継続は力なりという言葉が自然と出てきます。毎日コツコツ海に行き、今ではスペシャリストにまで昇華させた採集技術には学ぶところが多いです。

そして助っ人のもう一人は、主にバックヤードで採集した魚たちの飼育水槽の管理をしてくれています。
たとえ、たくさんの魚種を採集しても飼育がうまくできなければ意味がありません。連れてきた生物をきちんと飼育し、最大限にお客さまにお見せすることは、我々トリーターの大きな使命で、それをするためには日々の生き物や水槽管理が欠かせません。

彼女のおかげで、採集した生物を畜養しているバックヤードの水槽は細かい部分まで常にきれいです。水槽を綺麗にする、といったごく当たり前のことですが、その状態を常に維持するのは結構大変なことです。やるべきことを毎日継続できる力は、我々トリーターの仕事で重要な能力です。小型水槽のろ過設備の掃除は右に出るものはいないかも知れません。2人ともいつもありがとうございます。

そんな陰の功労者ともいえる助っ人たちに支えられている浅場の沿岸水槽、ぜひご注目ください。
本当にいろいろな生物が隠れていますので、ご覧の際は水槽をよく観察をしてみてくださいね。

沿岸水槽とは、目の前の相模湾沿岸の生物を展示する水槽で、相模湾大水槽をぐるりと見ながらスロープを進んだ先、シラスサイエンスのとなりから、タカアシガニがいる大きな水槽までのエリアで、スロープを下るにつれて徐々に深場の生物の水槽になり、深海へとつながります。

実はここのゾーンには、飼育が難しい一点ものの魚が多く見られるエリアで、案外玄人好みな渋い魚も多いですよ。

相模湾ゾーン


2020.11.14 トリーター:伴野

2020/11/14 親子のゲーティングのお話し


みなさん、こんにちは!
寒さが厳しくなってきました。
体調を崩さないように気を付けましょう。

イルカショースタジアムの一番奥にあるブリーディングプール(以下BP)では、
お母さんイルカの「シリアス」
お姉さんイルカの「マリン」
弟イルカの「ミライ」
計3頭の親子が生活をしています。

今日私がお伝えするのは、親子3頭のプール間の移動トレーニングについてです。
8月のトリーター日誌(2020/08/22 「シリアス」親子の近況)では「ミライ」がゲートを通過したのはほんの数回とお伝えしましたが最近では親子でとてもスムーズに隣のプールに移動することができるようになりました!!

これはとてもすごいことです!
ストレスなく自由にプール間を移動したり、他の個体と会うことができるというのは「ミライ」の未来にとってとても良いことです。

最近では、目の前にいる「シリアス」に、別のプールにいる「ミライ」をここに連れてきてねの合図を出すと、しっかりと連れてきてくれるようになりました!!

どんどん成長している「ミライ」。
最近では魚を食べ始めた!?
このあたりはきっと「ミライ」を担当しているトリーターから報告があるでしょう。


これからも「ミライ」の成長を見守って下さい!!
本日はこの辺で!!

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!