• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.08.25 トリーター:笠川

2019/08/25 何、食べた?

ミズクラゲ
ミズクラゲ

つい先日まで、胃腸炎で苦しんでいました。
ということで、胃について書きます。

私が担当しているクラゲの胃はどこにあるかというと、傘の上のほうにあります。
しかも、ほとんどのクラゲは、傘が透明や半透明であるため、胃がスケスケの丸見えです。
つまり、何を食べたかが一目瞭然なのです。

狙い目は、開館してすぐが、見るチャンスです。
朝、いろいろな餌をあげることが多いので、午前中ならまだ胃の中にごはんが残っている可能性が高いです。
ほとんどのクラゲには、アルテミア(ブラインシュリンプ)という動物プランクトンを与えています。
アルテミアはオレンジ色をしているので、食べたクラゲの胃はオレンジ色になります。
わかりやすいクラゲが、ミズクラゲです。
ミズクラゲの傘の上の四つ葉のクローバーのように見える箇所の内側が胃なので、オレンジ色のクローバーになります。
つまり、白っぽいままの状態であれば、ごはんを食べていない。
オレンジ色の状態であれば、ごはんを食べたということです。
わかりやすいですね。

その他だと、ハブクラゲには、生シラスをあげているので、四角い傘の上にまるまるシラスがいます。
食べられたシラスと目が合うかもしれません。


ハブクラゲ

ハナガサクラゲには、殻をむいたアマエビをカットしたものをあげています。
白い大きな塊のように見えます。


ハナガサクラゲ

また、シーネットルなど、触手の長いクラゲたちの胃を見てみると、白い小さな破片や透明な寒天のようなものが見えるかもしれません。
白い破片の正体は、カキのミンチの破片です。こんなものもあげているのです。
透明な寒天のようなものは、ミズクラゲを刻んだものになります。
結構、クラゲを食べるクラゲ、多いです。

クラゲは、魚のようにごはんを食べには来ないので、このように胃の中にちゃんと入っているかでエサ食いを見ます。
スケスケのおかげで、非常にわかりやすいです。

クラゲファンタジーホール


2019.08.24 トリーター:花上

2019/08/24 トリーター成長日誌 part.2

「ミレニー」
「ミレニー」

みなさん、こんにちは!!
えのすいトリーターの花上です。
それでは早速、前回の日誌(7月26日)から今日までの進展を書いていこうと思います!

まずは「ミレニー」。
最近ようやく「ミレニー」の考えていることやしたいことが、少しわかるようになりました!
連日暑い日が続いており、「ミレニー」も若干夏バテ気味になってきています。
そんな状態でジャンプのサインを出しても応えてはくれますが、ジャンプの高さが低くなってしまい、「ミレニー」もモヤモヤした気持ちになってしまいます。
こういった時は少し「リラックスできるような時間」を設けてみます。

「リラックスできるような時間」とは、何もせずにただ一緒にいるだけだったり、体を触ってみたり・・・ 色々あります。
その中でも「ミレニー」は、尾鰭を持って後ろに引っ張ってもらうことが大好きなようです。
この遊びをしている時の「ミレニー」は、全身脱力していて、目を瞑りながらその身をこちらに預けてくれます。
こういったことが「ミレニー」と出来るようになると、少しずつ「ミレニー」が僕のことを信頼し始めてくれているのかな~・・・なんて思っちゃいます(笑)
そして「ミレニー」が一息ついた後からサインを出すと、気持ちが一気に切り替わり、高いジャンプを飛んでくれます!
こういったことが、絆が深まっている証拠になるのかなと思っています!


続きましてはゴマフアザラシの「ココ」です。

「ココ」

「ココ」とはまだコンビを組んでから一ヶ月程しか経っていませんが、なんと既にイベントにデビューしています!
出せるサインはまだまだ少ないものの、日々少しずつ出来ることが増えています。
「ココ」のトレーニングに参加し始めた頃は、急にトリーターが変わり気にしているようすでした。
というのも、「ココ」や他の二頭「オガ」「ワカ」も元々かなり臆病で、人がアザラシプールに入っただけでパニックになってしまうほどだったそうです。
今では考えられません!
今では僕に対してもかなり馴れてくれて、足元まで寄って来てくれるようにもなりました!

そういったことも少しずつ馴らしていくことで、今のような関係性が築けています。
長い時間をかけて築いていったこの関係を崩さず、より深めていけるように頑張ります!

少しずつではありますが、確実に前進できていると日誌を書いていて思います。
これからも動物たちと一緒に前進あるのみ!!

イルカショースタジアム


2019.08.23 トリーター:伊藤

2019/08/23 今週のおすすめ

カツオノエボシ
カツオノエボシ

涼しくなってきた気がしますね。
夏の海、誰もが出会う可能性がある危険な生き物を、私のリアルな痛みの思い出とともに、3連発でおすすめします。
※一部痛々しい表現が出てきます。あらかじめご了承ください。

カツオノエボシ

クラゲサイエンスに展示したりしなかったりを繰り返し中です。長期飼育が難しいので、ちょくちょく担当者が採集してきているのです。
2度、刺されています。
1度目は小学生のころ。地引網に参加していて、波打ち際に打ち上げられた本種に遭遇。その時はクラゲだとは全く思わず、青い水風船かと思ったのです。ビーサンで踏んづけたのが運の尽きです。毒系の痛みの思い出としては、トップ3に入っています。その後、親が「蛇焼酎」という祖父自家製のお酒を患部に塗ってくれた怪しげな思い出もあります。
2度目は13年前、新婚旅行で行ったハワイの海で二の腕を刺されました。バシッと痛みが走り、腕を見ると小さな本種がぺっとりと乗っていました。つまんで取り外し、しばらく無治療で遊んでいたら痛みが引いていました。私の体質だと、痛みが持続しないのかな、と思いました。

ガンガゼ


相模湾ゾーンの湘南港に吊り下げてある、漁師かご風のケース内にいます。
大学生の頃、南の海で遊びながら巨大なガンガゼを見つけました。ふと「食べてみよう」と思い立ち、長いトゲをざっくりと取り除いた後、厚手の手袋をしていたので、まあ大丈夫だろうと手で「産毛のように残ったトゲ」を取ろうとしたのが運の尽きでした。
手袋なんて意味なく貫通してきたトゲが指に何本も刺さり、嫌~な痛みが。慌てて手袋を外すと、見事に皮下にトゲの破片が…。この痛みに比べたら、切り傷の方がまし、ということで、刺さった部分を「広げて」、取り除きました。思い出しただけで痛すぎます。もちろん食べるどころではありませんでした。

クロソイ

相模湾ゾーンの岩礁水槽にいます。
彼らはもともと水族館後半の「太平洋」の冷たい海の水槽にいたのですが、老成してきたため、当時の担当者と相談して相模湾ゾーンで引き取ったのです。
それより数年前は、私が冷たい海の担当者でして、潜水掃除をしていたら驚いたクロソイが水槽内で突っ走り、運悪くヒレのトゲがスーツを貫通して足に刺さりました。ミノカサゴやハオコゼにも刺されたことがありますが、それらと比べていわゆる毒々した痛みはそうでもなく、クギ系の痛みでした。
その後も、痛みにわずらわしさを感じながらも仕事していました。今も岩礁水槽に潜水し、年老いた彼らと接近しますが、掃除に夢中になりすぎて、気づかず彼らを驚かせないように気を付けています。

いわゆる毒魚に限らず、多くの魚にはヒレにトゲがあります。「典型的な毒成分でなくても、魚の粘液や体液自体が、人体にとっては異物であるから、体内に入ってくれば毒なのだ」という名言があります。
たとえメバルやナマズであっても、トゲには十分気を付けたいです。また、毒にやられても対処をしなかった上記の私の所作は、まったく参考にしないでください。
毒の作用は人によって重い場合がありますから、きちんと対処することをおすすめします。今ならスマホとかでささっと対処を調べられますし。また、忙しさでてんてこ舞いの社会人のみなさまは、心の痛みにもご注意くださいね。

水族館では他にも毒のある生き物を数多くご覧頂けます。自然下では近づきがたい彼らを、安全を保障されながら間近でご覧いただけますので、ぜひお楽しみください。


2019.08.22 トリーター:白形

2019/08/22 水分補給

暑い日が続いていますね。
熱中症にならないように、トリーターたちも毎日しっかりと水分補給をしています。



いつも以上に水分補給をしているのはトリーターだけではありません。
実はイルカやアザラシたちも、ある方法で水分をとっています。
どうやっているかというと・・・

こちら!



ゼリー

ゼリーを作って与えているのです。

普段は魚に含まれている水分で足りているようなのですが、さすがにこの暑さでは追いつかないようで・・・。
こうやって、脱水予防をしています。
これまでゼリーを食べたことがなかった動物たちも、魚を食べるときと同じようにぺろっと飲み込みます。


夏バテしないように、みなさんも水分補給をしっかりしましょう!


イルカショースタジアム


2019.08.21 トリーター:北嶋

2019/08/21 子ガメのトレーニング開始


「何やっているのかな?」

「ごはんだ!」

そうです。ごはんをあげているのです。
ただごはんをあげているのではありません。
大きなプールに引っ越しする準備として、ターゲットタッチのトレーニングをしているのです。
他のカメたちと一緒に大きなプールでごはんを大きなカメに負けずにちゃんと食べてもらうためには、子ガメだけを呼んで、ほかのカメたちから隔離したところでごはんをあげる必要があります。

ただ、子ガメだけ呼びたくても、簡単に潜って捕まえるわけにもいきません。
そこで、特定のターゲットを憶えてもらい、ターゲットで呼べば子ガメ自らトリーターのところに来てもらう、という目論みです。
これは他のカメたちでも実施しています。

アカウミガメは白いターゲット、2013年生まれの先輩アオウミガメの子どもたちは赤いターゲットを憶えています。
これらのカメたちにごはんをあげているときは、ターゲットで呼んでいるようすをご覧いただけます。
子ガメはまだトレーニングを始めたばかりです。
いつごろちゃんと憶えて、大きなプールにデビューできるでしょうか。

ウミガメの浜辺


2019.08.20 トリーター:田窪

2019/08/20 採血のトレーニング

トリーター日誌をご覧のみなさま、はじめまして! 今年の5月から“えのすいトリーター”になりました、獣医の田窪と申します。これで“えのすい”の獣医チームは3人体制となりました。動物たちにより元気に暮らしてもらえるよう、日々努力していきたいと思います。

私はこれまで、他の仕事で動物の診療をしていたのですが、イルカやアザラシは初めて診る動物です。先輩獣医に教えてもらいながら、日々勉強しています。
採血の方法も、動物によってさまざまです。イルカたちから採血をする時は尾びれの血管に針を刺します。もちろん、私がイルカから採血するのは初めてでした。



尾びれの丁度真ん中あたり、線が入っているのが何となくお分かりになるでしょうか。
この下に血管が走っているので、この線を目印にして針を刺します。
ただ刺せばいいという訳ではありません。針を刺す角度、深さ、針の向きや持ち方など、さまざまなことに注意して刺さないと、うまく採れなかったり、少しずつしか血が入って来なかったりすることもあります。
一度で上手に針を刺さないと、針を動かしたり、刺し直したりしなければならず、イルカたちに余計な痛い思いをさせてしまうことになります。実際、最初の何回かは上手に採血することができず、刺し直しをしてしまいました。
上手に採血ができるようになるために、イルカたちに協力してもらいながら、「私が」トレーニングをさせてもらっている、という訳です。


2019.08.18 トリーター:松崎

2019/08/18 氷をプレゼント♪

氷で遊ぶルイ
氷で遊ぶルイ

ショーの中でイルカたちが見せてくれるジャンプ!
かっこいいですよね?
ショーを見終わったお客さまの中でも、合図を出してみたい!
と思う方も多いようでショー終わりにアクリル面で合図を出してみているお客さまを見かけることも多いです。

ジャンプの種類もいくつかあって、「スカイホップ」「バックフリップ」「スピン」「ベリービート」などなど…

そして、そのイルカたちによっても飛べるジャンプはさまざまです。

私のパートナーのハナゴンドウのビーナは、ショーの中でジャンプしている種類は「スカイホップ」という背中が上のジャンプです。

実は…「バックフリップ」お腹が上のジャンプもできるのですが…

合図がどっちか解らなくなるなか、気分で飛んでいるのか、出した合図と違うジャンプをしてしまうことが多いのです。

なので今は、「スカイホップ」を合図で飛ぶことを優先しています。

このジャンプの高さも高いときもあれば低いときもあるのですが、大きく関わるのが動物たちのモチベーション!

「楽しい」や「頑張ればいっぱい褒めてもらえる」という気持ちがジャンプの高さに素直に出ることもあります。

そこで気分転換!
ショーのない自由な時間に遊びで、バケツやバットで作った大きい氷をプレゼント♪


いちばん嬉しそうに氷を持って遊んでいたのは… ルイとミレニーでした。

大きいままの氷は、口では咥えられず、でも一生懸命取られないように氷を押して逃げたり、溶けて小さくなると咥えてプール底に持っていったり、とても楽しそうに遊んでくれました。


氷を見つけたミレニー


待ちきれずステージに上がるルイ

イルカショースタジアム


2019.08.17 トリーター:山本

2019/08/17 カツオノエボシの最新情報


今年もこの季節がやってきましたね。夏だ! 海だ! カツオノエボシだ!(泳ぐときは気を付けてください。)
“えのすい”でも、近くの砂浜に打ち上がるたびに展示しています。最近では、適切な飼育方法がなんとなーくわかってきて、ちょっとずつですが長く飼えるようになってきました。でもその話はまた今度…
今回は、あるカツオノエボシについての論文のご紹介です。

それは2019年5月27日に投稿された「Morphology and development of the Portuguese man of war, Physalia physalis」という論文です。
カツオノエボシの形態や成長の仕方など、現時点知られていることがとても詳しく書かれていました。著者様に感謝!
せっかく頑張って読みましたので、今回はその論文に書かれていたことで、とくに印象的だったことを紹介していこうと思います。カツオノエボシを知らない方にはかなり難しく、知っている方でもちょっと難しいかもですが、ご覧ください!

【体の構造について】

体の構造について、従来の図鑑や論文での情報とは少し違う解釈がされている箇所がありました。せっかくですので、去年私が書いた日誌(2018/05/25 カツオノエボシの魅力その1【体の構造】)で説明した構造と比較してご紹介します。
図ではそれぞれをとっても簡略して書いています。また、日本語訳がない単語に関してはそのまま英語で表記しております。





これまでは、カツオノエボシの構造は、大きく分けて4つで
① Pneumatophore(気泡体)浮くところ
② Gastrozooid(栄養個虫)餌を食べて消化するところ
③ Gonozooid(生殖個虫)有性生殖をするためのところ
④ Dactyrozooid(感触体)餌を捕まえるところ
その他+α
と解釈していましたが、今回の論文では

① Pneumatophore(気泡体)
② Gastrozooid(栄養個虫)
③ Gonodendron(生殖枝)→A: Gonophore(生殖体)+ B: Palpon+ C: Nectophore(泳鐘)+D: Jelly polyp
④ Tentacular palpon

と説明されていました。大きな違いは、いわゆる触手の部分です。
これまで触手は「Dactylozooid(感触体)」だと思っていたのですが、「Tentacular palpon(触手を持つパルポン)」という単語が出てきました。これは、他の管クラゲには無いカツオノエボシ特有の部位であるとのことです。餌を捕まえる時に触手を使い、刺胞の産生に特化しているそうです。触手で一つ!と思っていたのですが、Palpon+触手で一セットなのですね。改めて観察してみると、確かに、、、!

また、生殖をつかさどる部分であるGonodendron(生殖枝)も、詳しく解説されていました。図ではシンプルに一つずつ書かれていますが、実際はA・B・C・Dがもっとたくさんあって、ごちゃごちゃしています。
AのGonophore(生殖体)は、群体が♂なら精子、♀なら卵が入っています。
BはPalponで、Gastrozooid(栄養個虫)から派生したものであると考えられています。消化をつかさどるアクセサリー的な個虫であると考えられており、Tentacular palponとは区別されています。
CはNectophore(泳鐘)で、有性生殖をする際、群体からGonodendronを切り離すときに役立っていると考えられています。
DはJelly polypで機能は不明だそうです。切り離されてちょっとだけ動き、有性生殖をするなんて、なんだかこの部分は「カツオノエボシのクラゲ」みたいですね。
カツオノエボシにクラゲは無いという認識でしたが、彼らにとって、Gonodendronがクラゲなのかもしれません。

ちなみに、これらの情報は、最新の情報というわけではなく、研究者の考え方によっていろいろあるみたいです。どれを支持するとかではなく、こういう情報もあるんだというご紹介ですので、それを知っていただければと思います。

【若群体の成長について】

次に、若群体の成長についてです。各成長段階の固定された標本を並べられ、どの個虫がどの部分に、何番目に作られているのかが考察されていました。
うーん、難しい。そして、昨年私たちが“えのすい”で観察できた幼生とは少し違った形をしている標本の写真が載っていました。
2018/07/19 カツオノエボシの魅力その3【赤ちゃん生まれました!】

ただ、採集された標本を並べての考察ですので、同群体の初期成長を観察したわけではありません。やはり、われわれが見た幼群体の成長は結構貴重なものだったようです、、、!



これです↑
ただ、論文を書いて世に出したわけではないので、この話は“えのすい”で完結してしまっております。
僕も、先輩トリーターたちのように、論文を書いて、もっと生き物たちの不思議を科学的に解明していきたいなと改めて思ったのでした。

そして、私はみなさまに謝らなければならないことがあります。この分野に関して認識の違いがありました。
カツオノエボシの成長について、私はこれまで受精卵からプラヌラ幼生に成長し、そこからさらに成長して気胞体+栄養個虫を持ったものを「Protozooid幼生」だと思っていたのですが、どうやらProtozooidというのは「最初の栄養個虫」のことを指すようです。
微妙な違いのようですが、過去のトリーター日誌で間違った説明をしてしまいまして、、、すみません。正確な情報をお伝えできるようにもっともっと勉強いたします。

その他にも、さまざまな最新情報が詰め込まれている論文です。カツオノエボシが好きならば! とにかく目を通してほしい! 本当は隅から隅までご紹介したいのですが、それこそ論文くらい長くなってしまいそうなので、ここらへんにしておきます。
続きはまた、日誌や夏のあいだ行っているイベント「クラゲのひみつ」の後とかに! ぜひ聞きに来てくださいね!

今回参考にした論文:Morphology and development of the Portuguese man of war, Physalia physalis 著者:Catriona et al. (2019)

クラゲサイエンス


2019.08.16 トリーター:鈴木

2019/08/16 今週のおすすめ

フウセンウオ
フウセンウオ

こんにちは、鈴木です。
今週私からは二つおすすめさせて頂きます。

一つめはすでにお馴染みかも知れませんが、冷たい海のアイドルことフウセンウオです。

実は最近、今までのフウセンウオたちを新たなフウセンウオに入れ替えました。
新たに水槽にデビューをしたフウセンウオたちは、入れ替える前のフウセンウオ(2017年えのすい生まれ)を親に持つ、水族館生まれ飼育下3世のフウセンウオです。
2018年4~6月に複数のメスがこの水槽で産卵し、同年6~8月に孵化した1歳(2019年8月 現在)のフウセンウオたちです(以前に同水槽の小ケース内で展示していた世代です)。
まだ体色は鮮やかですが、あと半年くらい経つと、おそらく貫禄ある色と形になってくると思いますので、鮮やかな姿をご覧になりたい方はどうぞお早めにお越し下さい。
さらに、バックヤードでは令和生まれのフウセンウオも着々と成長しているので、これも近いうちにお披露目できればと考えております。

二つめはハリセンボンです。
この名前を聞くと、我々トリーターは二種の生物を思い浮かべます。
一種は、トゲトゲの可愛いフグ、もう一種はトゲトゲの可愛いカニです。
今回は後者です。

このハリセンボンは底曳網などで採集される深海性の小型のカニで、成長しても甲羅は1.5cm程度です。名前の通り、トゲトゲした体が特徴です。
フグの方のハリセンボンとは違い、こちらは針というよりは棘といった感じです。
ちなみにフグのハリセンボンの針は300本程度ですが、このカニの針(棘)は1000本くらいあるかもしれませんね・・。数えたことはありませんが。
タカアシガニと同じクモガニ類というグループに属しており、水槽でも蜘蛛のようにレイアウトのヤギ類にしがみ付いています。

このハリセンボンは、えのすいのどこにいるかと言うと、深海Ⅰ水槽の小ケースの中です。
しかも、このケースには前述した同じグループのタカアシガニの稚ガニもいるんですが、この2種、実は小さい時はとっても良く似ています(写真参照)。
脚を含め全体的に小さい方がハリセンボンですのでお間違いなく。


左:ハリセンボン 右:タカアシガニ稚ガニ



ハリセンボン


2019.08.16 トリーター:矢作

2019/08/16 夏といえばなんでしょう

夏らしい毎日が続いています。
お仕事中のみなさんも夏休み真っ最中のみなさんも、室内・屋外にかかわらずこまめな水分補給を忘れずに、体調管理には十分注意しましょうね。

さて、みなさん!
「夏」といえばなんですか?
スイカ! プール! 海! 花火! お祭り!(大人の方は…)ビアガーデン!
などなど、いろいろなものを思い浮かべますよね。

カワウソたちにとっての「夏」は、ズバリこれ。「氷」です。
(と言っても、年中あげているのですが…)


ごはんの時間が終わったら、おもちゃと一緒にカワウソたちが大好きな「氷」をプレゼントします。

「ヨモギ」
お父さんカワウソの「ヨモギ」は、大きくてゴツゴツした氷がお気に入りです。
大きな氷を大事そうに抱えて水中に持って入るのですが、しばらくすると溶けてなくなってしまうのでまた次の氷を探します。

「ミサキ」
お母さんカワウソの「ミサキ」はトリーターの膝の上で、氷を見せびらかしながら美味しそうにバリバリと頬張ります。ん~美味しそう!

3頭の子どもたちにとって今年が初めての夏ですが、「カシワ」も「オモチ」も「サクラ」も、口いっぱいに氷を頬張って美味しそうによく食べるので夏バテは心配なさそうです。

「カシワ」
「カシワ」は器用にからだをくねらせてイナバウアースタイルで…

「オモチ」
「オモチ」は水辺で半身浴しながら…

「サクラ」
「サクラ」は陸場で器用に手先を使って上品に…
こちらの写真、美形「サクラ」を激写していたら…おもちゃをくわえた怪しげな姿(カシワ)が後ろから現れました。

とても美味しそうに氷を食べる5頭のカワウソたちを見ていると、私たちトリーターも一緒に「かき氷」を食べたい気分になります。

この夏、氷を食べるカワウソたちを見ながら涼むのもおすすめです!


「おまけの一枚」
いっぱい食べて、思いっきり遊んだら、ゆっくり寝る時間です。
こちらはある夕方のお昼寝中の様子です。とっても気持ちよさそうに寝ています。
日中、展示エリア内にカワウソたちが見当たらないときはこうして麻袋のハンモックで仲良く寝ているかもしれません。


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!