• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2019.11.17 トリーター:伊藤

2019/11/17 漁師さんからの贈り物

ツムブリ
ツムブリ

“えのすい”では近隣で操業する漁師さんたちにお願いして、漁獲物の一部を譲ってもらっています。
その中には、マニアックだけれども「これは!」と声をあげたくなる、興味深いものもいます。
最近のものをいくつか紹介しましょう。

ツムブリ(写真 上)
スマートな体型と、黄色いヒレ、エメラルドグリーンの体を持つ美魚です。
過去何度か搬入歴があり、相模湾大水槽に入れていたのですが、どうも他の魚に競り負けるのか、長生きしませんでした。
今回はちょっとせまいかな、と思いつつも、入口最初の水槽「出会いの海」に入れてみました。
ますます荒磯感アップです([ 2019/10/31 人気がないという思い込み ])。今度こそ、長生きさせられたらと思っています。


ハナデンシャ
お客さまから「ウミウシはいますか?」というお問い合わせが結構あります。
時期によっては「地味なタツナミガイだけです・・・」としょんぼり答えざるを得ないのですが(私は好きです。今タッチプールにいる個体はほとんど私が連れてきました)、今なら一押しがいます。
その名もハナデンシャ。


ハナデンシャ

大きくて、ど派手で、おまけに光るらしい(展示ではお見せできませんが)、すごいウミウシです。
しかも今回の個体は状態も良好です。なるべく長い期間、上手に飼育したいと思っています。相模湾キッズ水槽にいます。
刺激を受けると光る大型ウミウシ「ハナデンシャ」展示開始


ヒヅメガニ
漁師さんが網で魚を取っていたら、どこからともなく現れて、網の中に自ら入ってきたと言います。
図鑑では見知っていた種でしたが、実物を見たのは初めてでした。


ヒヅメガニ

ハサミの先っちょが不思議な形状をしているのが面白いです。
水槽内ではちょっと隠れがちですが、探してみてください。こちらも相模湾キッズ水槽です。
ハサミの先がひづめの形「ヒヅメガニ」展示開始


トウゴロウイワシ
ヒヅメガニと同じ網で採集いただきました。
輸送や搬入のダメージが残っており、死んでしまった個体もあるのですが、いくらか生き残ってくれました。
シラスサイエンスの一番左、広い水槽にカタクチイワシとともに泳いでいます。
色合いがより緑っぽいので、よく見て区別してみてください。


トウゴロウイワシ

ぜひ、ご覧いただけたらと思います。

相模湾ゾーン


2019.11.15 トリーター:唐亀

2019/11/15 七五三のおすすめ

フンボルトペンギン「グット」
フンボルトペンギン「グット」

本日11月15日はお子さまの成長を願う七五三詣とされています。現在では11月の土日などに行う方も多いと聞きます。

“えのすい”にも今年、七五三に該当する仲間たちがいます。七歳はフンボルトペンギンの「グット」、五歳はゴマフアザラシの「ワカ」、三歳はバンドウイルカの「サワ」です。
明日と明後日(16日と17日)は七五三に該当するお客さまには先着200名さまにプレゼントがございます。ぜひご来場くださいませ。
[ 七五三おめでとう! えのすい特製缶バッジ プレゼント! ]


ゴマフアザラシ「ワカ」


バンドウイルカ「サワ」

カピバラの「ヒナタ」と「ココロ」は来年3歳です。来年はねずみ年と合わせて七五三です。まだ先の話ですが。


カピバラ「ヒナタ」


カピバラ「ココロ」


2019.11.14 トリーター:島森

2019/11/14 新たな挑戦!!

突然ですが、この写真いったい誰でしょうか?


正解は、ミナミアメリカオットセイの「ライラ」です。


朝寝起きで、部屋の掃除中他のオットセイ’sと遊んでいた時の一枚。なので体の毛はフワフワに乾いています。写真を撮ろうとすると動く動く…ぶれてますが、可愛かったので載せてみました(^^)

さて、本題の「新たな挑戦!!」についてですが。ゴマフアザラシのオガとここ最近一緒に挑戦していることがあります。それは、プールの中での『超音波検査』。

超音波検査は、音波の出るプローブを体に当てて体の中の状態を知るための検査です。
なぜ超音波検査をするの?と思われた方もいるかもしれません。特に体調が悪いわけではありませんのでご安心を! 健康で元気な時の状態を知らないと、体調が悪くなった時にどこが悪いのか知ることができません。なので元気な今、超音波検査に挑戦しています。

実は一度だけ、実際の機械を使って体にプローブを当ててみようと試みました。すると、超音波が聞こえた途端、びっくりしてアザラシプールにいるオガ・ワカ・ココ、みんな大慌てで泳ぎ回っていました。私にはあまり超音波の音は聞こえないんですが、アザラシたちには水の中でしっかりと音が届いていたようです。

今はこの音が聞こえている中でも落ち着いていられるように練習中。つい最近、かなり近づいても落ち着いていられました。今度は実際にプローブを体に当てて、体の中の診察をしてもらおうと思います。

もしも見かけたら、頑張れって応援してくださいね☆

イルカショースタジアム


2019.11.13 トリーター:八巻

2019/11/13 ダイビングショーデビュー!

水中パート(バックヤードから)
水中パート(バックヤードから)

みなさん、こんにちは!! えのすいトリーターの八巻です。
ついこの間まで暑い夏だった気がしますが、あっという間に11月も半ば、冬の足音が聞こえる季節になりましたね。私が“えのすい”に入社したのは、今年の5月。ようやく暖かくなり始めた頃でした。振り返ればすでに半年経ってしまったようです。

この半年でいろいろな仕事に挑戦してきましたが、今日は特別でした! というのも、ナイトダイビングショー「今夜はサカナNight」のショーダイバーとしてデビューすることができたのです!

ここ1ヵ月ほど、先輩トリーターに手伝ってもらいながらダイビングショーのダイバー練習をしてきました。私は潜水作業の経験はたくさんあるのですが、「水中でしゃべる」ということは、まるで未知の世界でした。実際にやってみるととても難しく、陸上でしゃべるのとは全く別物で、とても苦労しました。今回どうにかみなさんに聞いてもらえるレベルには達しましたが、これからも日々ブラッシュアップを続けていきます。
水の中にいると、魚との距離が近い分、その魅力を文字通り肌で感じとることができるので、日々新たな発見があります。その気持ちをダイレクトに伝えられるのは、とてもうれしいことだと、改めて感じました。

「今夜はサカナNight」は、12月25日まで毎日行う予定です。“えのすい”には「今夜はサカナNight」の他にも、「フィンズ」、「うおゴコロ」というダイビングショーがあります。私もそれらのダイビングショーを通じて生き物の魅力をみなさんへ伝えられるよう、さらなるダイバーデビューを目指して、これからも頑張ります!


これから潜ります!


水上パート(展示側から)

相模湾ゾーン


2019.11.11 トリーター:佐野

2019/11/11 安全な採血への道


今朝は月に一度のウミガメの定期採血です。何度かトリーター日誌でも紹介していますが、ウミガメの採血は4人でウミガメを保定して1人が採血をします。
大きくて力のある動物を保定するのは人とウミガメの両者にとって大変なことです。そこで、海獣類で実施しているような動物に協力してもらう採血方法を目指してトレーニングを開始しました。

まずターゲットを見せて「ターゲット=そこに行くと良いことが起こる物」であることを覚えてもらえます。
その後、採血位置まで誘導するのですが、これがとっても難しいのです。
これまでアカウミガメたちにとって、採血位置である浅瀬は「そこに行くと捕まえられて針を刺される嫌な場所」というイメージがばっちり植えつけられてしまっているのです。なので、勢いよくターゲットに付いて来た! と思っても、浅瀬手前ではたと気づいてきびすを返してしまうこともしばしばでした。
これを何度も浅瀬で餌を与えることで、浅瀬への悪いイメージを取り除いてゆきます。

なんとか浅瀬まで上がって来てくれたら、針に刺されることにびっくりしないように慣れさせます。
ウミガメの場合、首から採血するのですが、この刺激に慣れさせるためにつまようじが登場します。上がってきたカメの首にぷすっと刺します。その後プールに戻して餌を与えます。

今朝、いざこの方法で採血を試みました。
結果は… できたっちゃできたというのが正直なところです。採血はできたものの、途中で嫌になってしまったり、採血に時間がかかってしまったりしたため、目標は達成したけれど… でもまだやれる…! といったところでした。
今後もトレーニングを続けて安定安全の採血を目指していきます。

ウミガメの浜辺


2019.11.10 トリーター:濱田

2019/11/10 初投稿!

左/フンボルトペンギン「チッチ」 右/コツメカワウソ「ヨモギ」
左/フンボルトペンギン「チッチ」 右/コツメカワウソ「ヨモギ」

はじめまして!ペンギンとカワウソを担当しています。
入社してまだ 2ヶ月、新人トリーターの濱田です。

ペンギン、カワウソのことをもっともっとみなさんに知ってもらいたいと思っています。ライバルはたくさんいますが、地道に頑張ります!
館内で僕を見かけた際はぜひ声をかけてください!
時間が許す限り、一緒にお話しましょう!

初めての日誌に登場してもらったのは、ペンギンは「チッチ」、カワウソは「ヨモギ」です。
「チッチ」はのんびりしていて、マイペース。自分が羽繕いをすると決めたら、掃除をしていても絶対にその場から動きません。
「ヨモギ」はハイタッチをしている瞬間の顔が、『可愛い!!』と僕の中でかなりヒットしました!
日差しが強い日は、少し眩しそうに目をつむる所も癒やしです。


今回は『可愛さ部門』でノミネートされた「ヨモギ」と「チッチ」。
次回は何部門になるのでしょう?乞うご期待です!
これからよろしくお願いします。


2019.11.09 トリーター:大下

2019/11/09 行ってまいりました!アトランタ!

どうやら、鈴木トリーターからの国際会議での発表より、先にトリーター日誌の順番が回ってきてしまいました…が、前回の予告通り、今回はアトランタでの視察になります。
アトランタに行く目的はアメリカ国内でも有名なジョージア水族館を見るためです。
非常に大きな水族館なので、視察する時間をなるべく多く取るためにニューオーリンズのホテルを早朝4:30に出発してアトランタへと向かいました。アトランタで宿泊するホテルに荷物を置いた後、徒歩でジョージア水族館へ。


世の中、便利になったもので、スマートフォンがナビをしてくれますので安心です。
歩きながらアトランタの街並みを楽しみつつ、ジョージア水族館が見えて、喜びもひとしお。
さて、このジョージア水族館は魚類の飼育に携わる人であれば、誰もが一度は訪れたいと思う水族館です。(そのはずです…)水族館の規模が非常に大きく、巨大な水槽があります。
また、アルファベットの“G”と魚の組み合わせたデザインのロゴが超カッコいいです!

そして、この出張ではいろいろなことが起きて、その度に乗り越えてきました。そして、ジョージア水族館でも、われわれにとっては高いハードルがそびえ立ちました…
鈴木:「バックヤードを見せてもらえるように○○さん(海外勤務経験のある上司)がジョージア水族館で働いている友人に連絡を取ってくれましたよ。」
大下:「ヤッター!と言いたいけど…さすがにその方は日本人ではないよね…」
鈴木:「違います…アメリカの方です…」
大下:「マジか!?どうする…」
鈴木さんに比べて海外の経験があるとはいえ、全く話せないわけではありませんが、流暢な英会話は持ち合わせていない自分。
とりあえず「Hi!」で挨拶をして、言っていることは何となく分かるのですが、返す英会話を持たない私は「Yeah」で切り抜け、「Bye」で会話を終えるという手段を取っていた自分。通訳なんて…もってのほかです。
そして、一瞬…「入場料を払って、入るか…」と悪魔の囁きがありました…が!
上司が与えてくれた機会(試練…)を無下にするわけにはいかない!ということで、いざ入場券を購入する窓口へ!

何とか、こちらの意図は伝わりましたが、われわれが来るというのは聞いてないとのこと…
さて、どうする?と思ったのですが、実は私はジョージア水族館に来たのは2回目で、その際に入った別の入り口へ行こうと思いつき、その場所へと移動。
セキュリティーチェックを通過して、受付の方に○○さんの友人を呼んでもらったら、
なんと!居ません! そして、やっぱり来ることも伝わっておりません…
さすがアメリカ…Great againです。
上司の友人は居ませんでしたが、飼育を担当している女性が対応をしてくれました。
そして、ジョージア水族館のバックヤードへ! なんとか案内の方とやり取りをしつつ、鈴木さんに日本語で説明をして見学しました。追い込まれれば、何とかなるものですね。

さて、肝心のバックヤードですが、残念ながら映像をみなさんにお見せすることができず、申し訳ありません。
簡単に言えば、とにかく裏側も全てが巨大です。2匹のジンベイザメがゆうゆうと泳ぐ大水槽を上部から見たのですが、天井が非常に高く、50mの競泳プールかと思うぐらい巨大です。展示側から見るより、見応えがあります!
バックヤードにあるメインの通路は非常に広く、スロープになっていて、階段がありません。なぜ、階段がないかと言うと、この通路を台車にのせたシロイルカを通過させるためです! シロイルカを転がして通すという発想もさることながら、凄くて、羨ましいです。シロイルカを飼育しているプールの上部にはレールが設置してあって、担架に入っているシロイルカを吊るだけではなく、移動することもできます。これまた凄い、そして羨ましい。
そして、水質を検査する部屋や医療設備など見たことがないほどのいろいろな機器が揃っています。こうなってくると羨ましいしか出てきません…

こうして、裏側にある設備を見つつ、通訳しつつ、羨ましさから出るため息をつきつつ、バックヤードツアーを無事に終了。
一眼レフを構えてましたが、使う余裕などありませんでした…
上司からの試練ではありましたが、クリアする(?)ことで自分にとってはホントに良い経験となりました。

バックヤードをお見せできないので、展示側から見たジョージア水族館のいちばん大きな水槽の画像がこちら。


何となく、サイズ感はおわかりいただけるでしょうか? とにかく、巨大です。
そして、日本では見たことがない大きさのジンベイザメが2匹、そして、たくさんの魚が泳いでいます。

それではジョージア水族館の展示を!と言いたいところですが、長くなってしまったので、今回はここまでとさせていただきます。相変わらずのドタバタ感が満載ですいません。

鈴木さんと行った出張の話はいつになったら、終わるのやら…。そして、まだIMATAでの発表をみなさんに話せていないという始末…。
とはいえ、楽しみにしている方もいるのを期待しつつ、次回へと持ち越させていただきます。
まだまだ続きますので、お付き合いください。


2019.11.08 トリーター:白形

2019/11/08 2020年カレンダー発売中!


今年もカレンダー発売の季節がやってきました!

実はこのカレンダー、毎年展示飼育グループで撮影し、デザインチームが整え、商業チームが販売、というように水族館のメンバーで一からデータを作成しています。

1,写真を撮る(1~8月まで)
2,撮りためた写真を集めてデザインミーティングを行い、厳選(8月中)
3,デザインを整える(8月中)
4,入稿(8月末)
5,商業チームがショップに陳列(10月)


という過程を経て、販売にこぎつけているのです。

難しいクラゲ写真も、クラゲ撮影のプロ、S山トリーターにかかればあんなに美しく!
動きの早いコツメカワウソも、カワウソたちの視線を集めることができるK森トリーターにかかれば全員集合で!
というように、トリーターだからこそ撮影できた写真が満載です。

私のお気に入りは2月のアザラシキス写真。
「かわいい~!」を連呼しながら撮影していました(笑)

このように、えのすいの色んなチームの手を経て出来上がっているカレンダー。
メインショップに並んでいます!ぜひ見本を手にとってみてください!


2019.11.08 トリーター:黒川

2019/11/08 今週のおすすめ

ネコザメ(テーマ水槽)
ネコザメ(テーマ水槽)

みなさん、初めまして! 10月よりえのすいトリーターになりました! 黒川です!! 現在私はウミガメ、温かい海の水槽、タッチプールなどを担当しており、はやく仕事に慣れるよう日々の業務に取り組んでいます。どうぞよろしくお願いします!!
初投稿ですが、今週のおすすめをご紹介します。

ネコザメ

現在のテーマ水槽では、クリスマスにちなんだいろいろな生き物を展示しています。切り替え当日、閉館後に魚類チームで協力して作り上げた水槽です。
私は上段に展示しているこどものネコザメが特に可愛いなぁと思います。顔が猫のように丸い形をしているので、ネコザメという名前ですので、ぜひじっくりとネコ顔を観察してみてください。
[ テーマ水槽 クリスマス ]

オビクラゲ


クラゲサイエンスで展示している、オビクラゲです。先輩トリーターが大分県に出張に行った際、採集してきてくれました。透き通って無駄のない体は、神秘的でとても美しいです。
私は初めて見ましたが、その美しさに驚きました。いつ頃まで展示できるか分からないので、遊びに来た際はぜひ見てみてくださいね!

トロピカル水槽

生き物ではありませんが、現在のトロピカル水槽もおすすめです!
私が教えてもらった仕事の中で、最近は特にトロピカル水槽の掃除を頑張っています。この水槽では、ウェットスーツを着て潜りながら掃除をしますが、立つとギリギリ顔が出るくらいしか水深が無いので、タンクなどは使わず、素潜りで掃除をします。息が長く持たず、かなりひぃひぃになりながら一生懸命コケを取っています。
掃除をしていると、よくお客さまが手を振ってくださり、とっても嬉しくて笑顔で手を振りかえしていますが、内心かなり必死です。笑
ピカピカに掃除したトロピカル水槽もぜひご覧ください!

私は、以前は淡水魚をメインとした水族館で飼育員をしていました。
前の水族館では、飼育員として多くの事を学ばせていただきましたが、潜水業務もウミガメのような大きな生き物を扱うのも初めてなので、なかなか慣れないことも多いです。ですが、みなさまに生き物の魅力を伝えられるよう、頑張りたいと思います! これからどうぞ、よろしくお願いします!!!!


2019.11.07 トリーター:山本

2019/11/07 オビクラゲの体


「いちばん好きなクラゲは?」と聞かれると、決めきれなくて困ってしまいますが、「いちばんきれいなクラゲは?」と聞かれれば、私はまずこの「オビクラゲ」を挙げます。
一週間ほど前から、大分県で採集してきたオビクラゲをクラゲサイエンスで展示しています。その透き通った体は、生き物とは思えないほどに美しく、英語では「ヴィーナスの帯」と呼ばれているほどです。
そんなオビクラゲですが、沖の方で生活しているため、実物を見る機会は少なく、私は正直なところ、体のどこがどーなっているのか全然理解していませんでした…。有櫛動物門(クシクラゲ)の有触手綱だということで、触手を持っているということは知っていたのですが、どこにあるのか、どんな触手なのかわからない…。
そこで、ばーっと調べてみましたので、ご紹介していきます!
オビクラゲの真正面からの図を作ってみました!


ちゃんと口・胃・感覚器・水管(栄養や酸素を運ぶ管)・櫛板・触手(とそれから出る二次触手)があって、冷静に見てみると他の有触手綱のクラゲたち(カブトクラゲやフウセンクラゲなど)と、それとなく似ているような体をしていることが分かります。クラゲサイエンスで展示している個体は150㎜弱ほどですが、大きさは最大で1500㎜ほどにもなるそうです。あと10倍かー…。


みなさまに、ちゃんと触手と二次触手(実際は上の図よりもたくさんあります)があることをお知らせするため頑張って写真を撮ってみたのですが… とても細く小さいため、なかなかきれいに写りません。これはもう実物を見るしかないですね!

間近で観察していると、触手を使ってしっかりとアルテミアをつかみ、中央にある口まで運んでいるようすを見ることができました。今までどうやって餌をとっているのだろうと思っていたのですが、これで納得です。やはり、体の構造を知るって大事ですね。
あと、このクラゲは動きがとてもユニークです。蛇のように体をくねらせて、結構なスピードで泳ぎます。初めて見たときは驚きました。水槽の中でもたまーに動いています。これだけ早かったら、海で出会ってもゆっくりと観察するのは難しいだろうなあ。

このオビクラゲですが、実は飼育が難しく、いつまで展示ができるか分かりません。普段外洋にいるクラゲで、間近に観察できるチャンスはなかなかありませんので、この機会にぜひクラゲサイエンスまで足をお運びください。


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!