• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2020.01.17 トリーター:北嶋

2020/01/17 パパは人気者


みなさん、こんにちは。
冬なのに小春日和みたいな日が続いてたと思ったら明日は雪みたいですね。
ウミガメの浜辺は、冬でもウミガメのために海水を温めていますので、寒い日には湯気が立ちます。
この冬はまだ一度も湯気を見ていませんが、明日は立つでしょうか。

そんなウミガメの浜辺で暮らしているアオウミガメ。
ここには、“えのすい”生まれの子ガメが4頭います。
2013年生まれの2頭と2018年生まれの2頭です。
この子ガメたちのママは「のんき」、パパは「シロ」です。
ウミガメは思い思いの場所でよく寝ていますが、子ガメたちはこぞって「シロ」の体の下に潜り込んで休んでいることが多いです。

「シロ」の寝姿は独特で、4つのヒレとオス特有の長い尾の先っぽでバランスをとった5点倒立とでも言うのでしょうか、5点で支え、体を浮かして休むのです。
そうすると体の下には隙間ができます。
そこに、子ガメが我こそは、と1頭のみならず、2頭、3頭と隙間に入って休むのです。
野生のウミガメは岩の隙間やサンゴの隙間など体がフィットするようなところで休んでいることが多々あるようです。
パパの体の下の隙間はちょうどいい落ち着く場所なんでしょうね。

この姿を見て、ウミガメはパパとママを認識できるの?と思う方もいるかもしれませんが、ウミガメは卵は産みっぱなしで子育てをしませんし、そのような話を聞いたことはありません。
しかし、なんだか「シロ」がイクメンであるかのような、想像力を掻き立てられる光景です。
そんなウミガメ親子のようすを、ほっこりした気持ちで見てもらえたら嬉しいです。

ウミガメの浜辺


2020.01.16 トリーター:雨宮

2020/01/16 初めてのジャンプ

みなさんこんにちは。
バンドウイルカの『ミュー』とコンビを組み、練習を始めて約3カ月が経ち少しずつミューとできることが増えてきました。
先日、新しくジャンプの合図を先輩から教わりました。右手を下から上に振り上げるのがジャンプの合図なのですが、ミューにきちんと伝わるように何度も合図の練習をしました。先輩方は簡単に合図を出しているように見えますが、いざ自分がやってみるとなかなか難しいんです。
いざ、ミューの前でジャンプの合図を出しました。1回目はミューと息が合わずうまく伝わりませんでした。気持ちを整えてもう一度チャレンジ!!!


この写真は後から撮影したものなのですが、
とても高いジャンプで私の合図に応えてくれました。
とても嬉しくて感動しました。
これからもミューとできることを沢山増やしたいです。

イルカショースタジアム


2020.01.14 トリーター:小形

2020/01/14 今日のフクとマーチ

フンボルトペンギン「フク」「マーチ」
フンボルトペンギン「フク」「マーチ」

みなさんこんにちは!

今日私が朝出勤すると、いつも掃除を始めると巣箱から出てくる「フク」が出てこない…。
ん??あやしいなぁ??
お腹の下を見てみると、フクは卵を抱いていました。

卵の重さを計り、新しく横に用意した綺麗な巣箱に移し変えてあげると、初めはフクが卵を抱いたのですが、少しすると仲良しのオスの「マーチ」がやってきて、マーチが卵を抱き始めました。

個人的な主観ですが、マーチはまだやんちゃ盛りな若いペンギンというイメージが強いので、あれ?マーチ偉いじゃん!!なんて思って感心していたのですが、少ししてから見ると卵が巣の中で転がっていました…。

それを見たフクがまた自分のお腹の下に静かに引き寄せて抱いていました。

マーチにはまだ最後までしっかり卵を抱く意志は芽生えていないのかもしれません。
以前卵を抱いた際にも、初めのうちはしっかり抱いていましたが、数日経ってくるとだんだん飽きてきたのかサッカーボールのように巣の中で卵を転がしている時もありました。

まだまだやんちゃなマーチ、しっかり卵を抱けるようになるにはもう少し時間がかかるかな?
フクもマーチも、卵を抱いた経験はありますが、まだ子育てをした経験はないので、私たちもサポートしながら、まずは上手に卵を抱くところから見守っていきたいと思います。

まだ分かりませんが、もしかしたら新しい命が誕生するかもしれません。皆さんもぜひ、楽しみに温かく見守っていてくださいね!

ペンギン・アザラシ


2020.01.13 トリーター:大下

2020/01/13 行ってまいりました!シカゴ!

本日、成人式を迎えられた方々、おめでとうございます。
と言いつつ、成人式とは全く関係のない内容です…ここまで書き綴った海外出張の話を今回で終わらせてください。ようやく最終地であるシカゴにたどり着きましたので…


シカゴと言えば、やはりシェッド水族館でしょう。五大湖のほとりにある水族館です。
建物自体が歴史を感じさせ、非常に荘厳です!! 右の写真は入館口ですが、かなりこだわりを持つ門構えで、このたたずまいで来館者を出迎えるシェッド水族館に私は入る前から圧倒されます。でも、私は2回目でして、到着した時には「再び来たー!!」と思いつつも、何か感慨深いものがありました。


シェッド水族館の象徴と言っても、言い過ぎではない展示です。
非常に歴史を感じる水槽で、あえて“古さ”を前面に押し出しています。
解説は魚の写真ではなく、レトロ感が満載な絵です。あえての統一感にセンスが光ります!


サンゴの展示です。驚きなのは水槽周りのサンゴの造形物の多さ! そして、造形サンゴに見劣りしない展示のサンゴの多さ、そして非常にいきいきと生長していること!!
飼育員にとって、この造形物の多さは物凄く高いハードルでしかありませんが、シェッドの職員は見事に展示内のサンゴを生育させて造形サンゴに打ち勝ち、ハードルを飛び越えています!!


特別展の水槽なのですが期間限定にも関わらず、非常にクォリティーが高いです。
海水の透明度は恐ろしく澄んでいて、魚の状態も非常に良好でした。(水槽内の良さをお伝えできる写真が取れませんでした…)
不思議だったのは水槽内にはエアレーションがなく、水流もほとんど見られず、コケが全く付いていません。どのように維持をしているのかが不可解?! でも知りたい!!


子供が遊べる施設です。左はペンギンの展示を模していて、擬岩や巣穴があります。
右は潜水艦です。さまざまな計器やレバー、潜望鏡が付いていてかなり本格的です。
両施設ともに子どもだまし的な感じはなく、非常に精巧に作り込まれています。
私も入って触ってみたかったのですが、子どもたちがホントに楽しそうに遊んでいたので、さすがに入れませんでした。


水族館内のフードコートの看板です。これを見て何か気づいた方は鯨類マニアだと思います。書かれている「バブルネット」とはザトウクジラの摂餌方法です。そして、そのザトウクジラの食事とわれわれ人の食事とをかけてネーミングしています。

駆け足でシェッド水族館を紹介しましたが、とにかく展示はセンスが輝き、生物の状態も良く、さまざまな設備があって羨ましく、とにもかくにも相変わらず、非常に素晴らしい水族館でした。
みなさんも行く機会がありましたら、ぜひ、立ち寄ってみてはいかかでしょうか?

ようやく、この回をもって海外出張の報告を終わりにします。この出張では当館の取り組みを世界へ発信ができ、良い経験を積み、さまざまな方々との出会いもあり、いろんなトラブルも乗り越え、ホントに実り多き出張でした。
盟友(私見です…)となった鈴木さんとは発表の作成では生みの苦しみをともにし、アメリカではともにハラハラしながらも、何とか全てを無事に終えることができました。
鈴木さんは私におんぶに抱っこと言っていましたが、私は今回を通じて、鈴木さんからさまざまなことを学び、さまざまな面で背中をかなり押してもらいました。
そして、2人でニューオーリンズ、アトランタ、シカゴの街をたくさん歩き回り、アメリカを肌で実感することが出来ました。いやぁ~ホントに凄く歩きましたよ。

最後に私の念願が叶ったのをご紹介。


今回、移動の間隙を突き、鈴木さんも巻き込んで、見てきました!!
名前は“ス―”と言います。どこの何者か?!は鈴木さんのトリーター日誌でお答えします。
鈴木さんに振っておきますので、お楽しみに!
長きにわたり、お付き合いいただき、ありがとうございました。
最後の最後に一言だけ言わせてください。決して旅行記ではありませんよ!
“海外出張”ということだけはちゃんと覚えておいてください!(笑)

関連日誌
2019/09/23 行ってまいりました!国際会議!
2019/10/05 行ってまいりました!国際会議! 2
2019/10/15 行ってまいりました!国際会議! 3!
2019/11/09 行ってまいりました!アトランタ!
2019/12/01 行ってまいりました!国際会議! 4
2019/12/23 行ってまいりました!アトランタ 2!


2020.01.11 トリーター:山本

2020/01/11 信じられない動き

チョウクラゲ
チョウクラゲ

今日ご紹介するクラゲは「チョウクラゲ」です。
有櫛動物門・有触手綱・カブトクラゲ目に属します。
そこまで珍しいという訳でもなく、海でよく遊んでいる方は、もしかしたら見たことがあるかもしれません。
このクラゲ、魅力たっぷりです。
図鑑などでは「名前の通り、体の袖状突起と呼ばれる部分を、蝶のように羽ばたかせて泳ぎます」という説明をよく目にするのですが、みなさんは実際に見たことがありますか?
私は、初めてその動きを見たとき、衝撃的過ぎて今でも忘れられません。
採集しようとしたら「バフッバフ!」といきなり泳ぎ、漁港で一人声を出して驚きました。どこにそんな筋肉があるのか・・・ 。

また、クシクラゲ特有の見た目の美しさも魅力の1つです。
横から見ていると、「袖状突起あたりと水との境目のライン」が何とも綺麗です。
これは・・・ なかなか文で伝えるのが難しいのですが・・・
「ここまではチョウクラゲ、ここからは海水」という視点で、私はいつも見とれてしまいます。

そんなチョウクラゲは、現在クラゲサイエンスで絶賛展示中です。
水槽に入っているのは私が11月に大分で採って来たものが4個体と、12月に江の島で採ったものが1個体(一番小さいやつ)。飼育が難しいと思っていましたが、意外と調子よく綺麗な姿を見せてくれています。
このまま、とりあえず半年元気でいてもらうことが私の一つの目標でもあります。
普段はそんなに動きませんが、私たちが餌をあげるときに遭遇したら、そのダイナミックな動きを見るチャンスです。
有櫛動物(クシクラゲ)の常識が変わります。ぜひご覧ください。

クラゲサイエンス


2020.01.10 トリーター:倉形

2020/01/10 ただいまミサキとヨモギ奮闘中


お正月気分も抜けつつある今日この頃ですが、みなさんはいかがでしょうか?

カワウソたちも昨年12月土日限定『見てみよう!コツメカワウソのごはん(クリスマス編)』で大活躍してくれたのも束の間で、今月19日(日)から2月14日(金)までの土日祝の12:45~(約10分間)『見てみよう!コツメカワウソのごはん(バレンタイン編)』を開催します。

あと1週間ほどで始まる、クリスマス編に続くバレンタイン編。コツメカワウソ(ミサキとヨモギ)が、ごはんを食べつついろいろなかわいらしい姿をみなさんにお見せできるよう、ただいま練習に励んでいます。
しかし、人間とは違いカワウソたち集中力が長続きしません。と言うものの・・・私を含め特に最近集中力が長続きしません。
話が反れてしまいましたが、それでもミサキとヨモギがみなさんに素敵なバレンタインの贈り物ができるよう一生懸命に練習しています。

特にまじめに練習に励んでいるのがヨモギです。確かに性格かも知れませんが、ヨモギは根っからのまじめです。何事においてもよく観察し、それから慎重に行動するタイプのようです。
一方のミサキはというとまだ若いせいか?それとも性格なのか?甘えん坊で少し落ち着きがないタイプです。
そんなタイプの異なる2頭ですが、いつも仲良く寄り添ってごはんを食べたり、遊んだり、寝ています。その中の良さのおかげで一昨年3頭の子宝(カシワ、オモチ、サクラ)に恵まれました。

まだ、子どもたちは親のミサキやヨモギたちのようなことはできませんが日々いろいろなことに興味を持ち挑戦し、両親たちを超えるようなかわいらしい姿をみなさんにお見せできるようにトリーターとともに成長して行きたいと思います。
みなさん、どうぞ温かく見守っていてください。

そして、ぜひ『見てみよう!コツメカワウソのごはん(バレンタイン編)』を見に来てください。お待ちしております・・・。


2020.01.09 トリーター:佐野

2020/01/09 ねずみ

パンダマウス
パンダマウス

お正月気分もそろそろ抜けてきたころでしょうか? まもなく終了のテーマ水槽から今年の干支神様をご紹介します。

[ テーマ水槽 子年~海鼠とねずみの縁起の良い話~ ]

まずはジャパニーズファンシーマウス。パンダマウスと言ったほうが通りが良いかもしれません。
このネズミ、古くは江戸時代に「まめぶち」という名前で書物にも登場していたネズミです。当時ヨーロッパで日本ブームが起こり、持ち出されたものが里帰りしました。
また、ネズミは視覚よりも触角に頼る部分が大きいので、とっても立派なひげがたくさん生えています。肉眼では気付きませんでしたが、写真で見るとかなりしっかり生えていることが分かります。



アフリカコビトネズミ

もう一方は世界最小クラスのネズミ、アフリカコビトネズミです。名前の通り小さいです。一円玉と比べるとこんな感じです。
体は小さいですが、初めて見る一円玉に動じることなく横で毛づくろいする胆の太さを見せてくれました。生まれてすぐは1cmほどだそうです。


ナマコは漢字で書くと「海鼠」です。タッチプールではマナマコに触ることもできますので、タッチするとご利益があるかもしれませんよ。

テーマ水槽


2020.01.08 トリーター:鷲見

2020/01/08 今年も健康でありますように・・

みなさん、新年明けましておめでとうございます。
2020年を迎えて早くも1週間が経ちましたが、みなさん風邪など引いてないですか?
トリーターたちは「2020年も“えのすい”で生活をしている動物たちがみんな健康でありますように、、」と毎年これを願うばかりです。
さて、どうやって動物たちの健康管理をしているか、みなさんご存知ですか?

健康かどうかをチェックする方法はたくさんあります!
元気に私たちの近くに来てくれるか、眼はしっかり開いているか、もりもり魚を食べるか、泳ぎ方、歩き方はどうか、熱はあるか。などなど、しっかり動物たちを観察することが大切ですが、それでも体の中の小さな変化が分からないことがあります。
それを知るための方法の一つが採血です。

最近、ミナミアメリカオットセイの「セシ」の採血を任せてもらえるようになったので、
今日は「セシ」の採血のようすをお話しします。


まず、どこから血液を採取するでしょうか?
実は、後肢です。後ろ肢のヒレにある血管に針を刺し、採血をします。


写真では見にくいのですが、矢印のある指で押さえている辺りに血管があります。
ここから血液を採っています。

採血時の全体像はこんな感じです。


採血を行うにあたり、いちばん大切なことは、セシが落ち着いてその場に長い時間いてくれることです。

日頃からセシが私を長い時間見てくれるような練習をしたり、人がたくさんいてもセシが緊張しないように練習したりしています。

今年も「セシ」の健康を守れるように、いつでもどんな検査でもできるようにこれからも一緒に練習していきたいです。

みなさま、今年も“えのすい”をどうぞよろしくお願いいたします!

イルカショースタジアム


2020.01.07 トリーター:西川

2020/01/07 タイワンホウキガニのアップ

あけましておめでとうございます。
去年何してたかなーとふと思い出してみると、ちょうど去年の今日、インフルエンザ罹ったのを思い出しました。体調を崩しやすい時期でもありますのでみなさんも気を付けて過ごしてくださいね。
そんな中、調子のよい生き物がいます。タイワンホウキガニです。私の前回のトリーター日誌( 2019/12/25 今日はクリスマス! )でも紹介したのですが、肝心のタイワンホウキガニがあまり見えない日誌になってしまったので今回は大アップで紹介していきます。
まず、こちらが展示中のタイワンホウキガニです。


あまり目立たず、名前の由来にもなっているハサミの先のホウキが見えないですよね。とても小さいのでうす暗い中でホウキを見るのはなかなか難しいものがあります。なので今回は乾燥標本を使ってホウキを大アップにしてみます。


脱皮殻を使って2匹作りました。
そしてこれが腹側。片方を開いてみました。


ホウキをアップにしてみると、こんな感じ。


ハサミの先端が黄色くなっていて他の部分と違うのが分かります。
もっとアップにしてみましょう。


ハサミの先端が繊維状になっています。どうでしょう、ホウキに見えますか? 同じ方向に繊維が並んでいてホウキっぽい感じはしますよね。
タイワンホウキガニはこのホウキを使って岩や体にこびりついたバクテリアをむしって食べるような動作をします。アップにしてみると普段見れないものが見えてきて面白いです。みなさんが良く知っている生き物でも大アップにしてみるといろんな発見があるかもしれませんね。

[ 超貴重!ジャグジー付き海底温泉にくらす「タイワンホウキガニ」展示開始 ]

◎ 本展示は、北里大学海洋生命科学部と新江ノ島水族館の学術協定に関わる研究の一環です。

深海Ⅰ-JAMSTECとの共同研究-


2020.01.06 トリーター:伴野

2020/01/06 学名をじっくり見てみよう

みなさん、こんにちは。
今年も1年よろしくお願いします。

いきなりですが、みなさんは水族館や動物園で種名板をご覧になる際、学名に着目することはあるでしょうか?
何やら斜体で、しかも難しそうなラテン語で書いてあるのでなかなか馴染みにくいですよね。

そこで今日は生き物の学名についてご紹介。
少し講義のようなお堅い話になりますがお付き合いください・・・
後半は写真もでてきますからね!!
前半大変なら後半だけでもお楽しみに m(_ _)m

学名というのは全世界共通で通用するもので、18世紀にスウェーデンの植物学者カール・フォン・リンネによって提案されました。
それまで国や地域によって、同じ種類の生き物でも呼び方がばらばらでしたが、ラテン語を使った二名法という表記で統一をしました。
二名法はまず初めに属名、次に種小名で表します。
属名は似ている生き物をグループ分けしたもの、種小名はその種類の特徴を示した言葉になります。

では、早速イルカショースタジアムでくらす種類の学名に注目。


Tursiops truncates
  Tursiops: イルカのような顔
  Truncates: 先端を断ち切る
 → 吻先が短いイルカのような顔の生き物:バンドウイルカ
  回りくどい!!(笑)


Lagenorhynchus obliquidens
  Lagenorhynchus: ボトルのようなくちばし
  Obliquidens: 斜めの歯
 → ボトルのようなくちばしに斜めの歯を持つ生き物:カマイルカ
  斜めの歯!? チェックだ、チェックだ!!


カマイルカ「クロス」の口内写真

どうでしょう?
言われてみれば少し斜めのような気がしないでもない気がします。
隣で写真を見比べているA山トリーターは、確かに曲がってる!!と反応しております。


バンドウイルカ「サワ」の口内写真

うーん、「クロス」と比べたらこれは真っ直ぐなのかなぁ・・・

そんなに曲がっていないと思ったそこのあなた!!
Gooleで【カマイルカ 骨格 歯】と検索してみてください。
どうやら外から見える所より内部が曲がっているようですよ。
気になることがすぐに調べられる!いやー便利な時代ですね。


Grampus griseus
  Grampus: 大きい魚(くじら)
  Griseus: 灰色の
 → 灰色のくじら
  そのまんますぎる!!


ハナゴンドウ「ビーナ」

確かに灰色です。
そして下顎に控えめに生えている6本の歯がなんともいえません。


みなさん、いかがでしたでしょうか。
学名と聞くと難しそうな響きですが、意味は意外と単純なものが多いです。
水槽をのぞく際は、隣にある種名板もあわせて見ることをおススメします。
生き物の名前は、外見、特徴、生息地、見つけた人物などが由来になっていること多いです。

気になる生き物、名前を見つけた際はまずはトリーターへ、次にGooleですよ。

今回は鯨類の学名に注目しましたが、水族館には魚類も鰭脚類もいますからね。
次は鰭脚類編かなぁ~。

それでは本日はこの辺で!!

イルカショースタジアム


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!