• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2020.09.20 トリーター:花上

2020/09/20 トリーター成長日誌 Part.11


みなさん、こんにちは!!
えのすいトリーターの花上です!
9月も下旬になりましたが、まだ暑い日が続いています。まだまだ熱中症には気を付けて過ごしましょう!

それでは早速、前回の日誌(2020/08/10 トリーター成長日誌 Part.10)からきょうまでの進展を書いていこうと思います!

まずは「ミレニー」からです!
実は今、「ミレニー」はショーには参加しておらず、後ろのプールで生活をしています。少し休憩中です!
そのため、空いている時間は閉館していた時のように楽しく遊んでいます! ショーへの参加はもう少し先になりそうですので、「ミレニー」の活躍する姿を見たいっ!という方はもうしばらくお待ちください!
ちなみに!! 最近「ミレニー」との遊びではやっている事はこちらの「舌出し」です! 僕がプールに遊びに行くと舌を出しながら近づいてきてくれます。


ミレニーのあっかんべ~

そして前回の日誌から登場した「マリン」とは、ぐんぐん絆が深まっていっている!…(と信じています(笑))。
と言いますのも、「マリン」とは大体のことができるようになりました! 前回までは体温を計ったり、合図を出すだけだったりと…本当に基本的なことしかできませんでした。今では体重測定だったり、種目の修正だったり、いろいろなことが楽しくできます!
さらに! 今挑戦中なのは「マリン」の採血です。
僕もですが、やはり採血はみんな苦手です。「マリン」の採血をできるようになったら、さらにステップアップできると思っているので、少し先にはなりそうですが、「マリン」と一緒に頑張りたいと思います!

最後にゴマフアザラシの「ココ」ですが、再びブランクに入っています。なかなか息が合わず、最近は僕が迷走気味です。
先輩トリーターたちがどのように「ココ」と接しているのか、改めて観察し、僕も楽しく「ココ」との時間を過ごせるように頑張りたいと思います。次回こうご期待!

こんな感じで動物たちとはうまくいったり、いかなかったり…。
それでもやっぱり、「心がつながった!!」と思える瞬間を味わいたくて、日々勉強しています!
これからもへこむことなく!楽しむところは楽しみ!課題は少しずつクリアしていき、頑張りたいと思います!!!

イルカショースタジアム


2020.09.19 トリーター:戸倉

2020/09/19 厳かに執り行われました。


きょうから4連休!
とはいえ、コロナ禍の現在では例年のようにはいかず、節度ある行動が必要ですね。

そして、きょうから「お彼岸」です。よく聞く言葉ですよね。
春と秋にあって、「春分の日」と「秋分の日」が彼岸の中日。その前後3日間(中日を入れた7日間)が「お彼岸」となります。
きょうは初日なので「彼岸入り」。ちなみに最終日は「彼岸明け」というそうです。あまり聞いたこと無かったけど・・(^^ゞ

その彼岸入りの日に毎年、新江ノ島水族館で行っているのが、「水の生きものとペットの霊 追悼法要」です。
これは、この1年間に水族館で亡くなってしまった生き物たちの霊を追悼するもので、日蓮宗霊跡本山 片瀬龍口寺貫首 本間日恩猊下をお迎えして執り行われました。

「ペット」とあるのは、近隣の幼稚園で飼育していた生き物や、近所で一緒に暮らしていたペットも含めて追悼するので、ペットという文字が使われています。
ですから、以前は近所の方々も、近隣の幼稚園のみなさんもそれぞれ手に花を持ち、法要に参加していました。

旧・江の島水族館の時代では、マリンランド前の広場にテントを張り、実施していたので、悪天候の時は大変でしたけど・・。

しかし、

今年は、新型コロナウイルスの影響で、大勢が一堂に会するのを避けるため、幼稚園のみなさんの参加は残念ながら取りやめとなり、今年は、藤沢市観光協会のみなさまと水族館のスタッフのみで行われました。

われわれ飼育スタッフも、法要終了後に業務の合間を縫ってお焼香をしてきました。


命あるものは、いつかは・・・ですが、もちろんわれわれ飼育スタッフは「生かす」ことを前提に飼育をしております。
小さな命でも、この世に生を受けて産まれてきている大切な命ですので、何かあった時には最善を尽くしてその命をつなごうとします。
それでも残念な時はありますが、その命は無駄にせず、必ず何かに役立つようにします。
そして、一年に一度この追悼法要で霊を納め、戒めとして気を引き締めることになります。

そんな、背筋のピンッとなる、一日でした。


2020.09.18 トリーター:雨宮

2020/09/18 新パートナー


みなさんこんにちは。

今日は、私の新しいパートナーを紹介します。

とても頼もしいバンドウイルカの「シリアス」です。


「シリアス」とコンビを組んで約2ヶ月がたちました。
2020年4月21日に誕生した「ミライ」のお母さんイルカでもあり、とても頼れる存在です。
どんな所が頼れるかというと、トリーターが「シリアス」に伝えたいなと思っていることを良くくみ取ってくれます。
なので新米トリーターの私は、「シリアス」に何度も助けられることがあります。

そんな中、最近練習しているのが、


口を開けてプールを泳ぐ、という種目です。

もともと「シリアス」はこの種目を上手に応えてくれます。
もっと上手になるために、プールの外側の縁に沿って泳いでねということを伝えています。

私たちの言葉は動物たちには通じません。
どうしたら私の気持ちが「シリアス」に伝わるか、ということを考えて毎日練習に励んでいます。


これからも少しずつ成長していけるように頑張ります!


イルカショースタジアム


2020.09.17 トリーター:今井

2020/09/17 仔犬のようなオオカミウオ


8月の猛暑真っ只中に、北海道の室蘭水族館からオオカミウオ2尾が、当館に送られてまいりました。一箱に1尾ずつ入っています。


空港到着時、箱に名前が大きく記されていて、航空会社の方々も興味津々でしたので、点検がてらに御覧いただいたところです。
飼育水温は5℃くらいを望みますので、パッキングされたビニール袋の下には氷が敷き詰められています。


本種は、その姿からは想像し難いのですが、大変慣れやすく、それでいて温和な性質です。もともと、当館にいる2尾はもう1mほどの成魚で、どっしりと落ち着いています。ゆっくりと寄ってくるので、大きく柔らかな頭部を撫でながら給餌ができます。
今回の新入りは全長60㎝くらいですが、見た目は前者の4分の1ほどに感じます。
室蘭でもかわいがられていたのでしょうね。大変好奇心旺盛で、人間にももちろんベタ慣れしています。しかも、混泳の魚とも仲良くしようね!みたいな素振りをするのを見てしまうと、なんて良い子なんだ!と思ってしまいます。
また、アクリルガラス面のコケ取りをしていると、スポンジに(パクッではなく)じゃれついて来たりもします(本当は食べようとしているのでしょうが・・)。

そんなこんなで、見た目と違う魚なんです。

あっ。
どんな素振りかと?
臭いを嗅ぐように吻先で軽く触れて、視線を合わさないようにして、体の後半の一部をピタッとくっつけとくような。
えっ!
押しのけてるんじゃない? 電車の席取りみたい?

柔らかな頭部って。
金魚好きの私にとって、本種の成長とともに発達する頭部肉瘤の触り心地は、ランチュウに似た感触ですよ。
ちなみに、金魚の頭部肉瘤は皮膚の組織が著しく入り組んで、肥厚したものとされています。

太平洋


2020.09.17 トリーター:加登岡

2020/09/17 展示更新情報!


みなさんこんにちは。
前回に引き続きここでは「展示更新情報!」と勝手に題して、最近展示した生物を簡単にご紹介していきたいと思います。

今回は2020年9月14日(月)から「ウミガメの浜辺」にて展示を開始した「タイマイ」を紹介いたします。

タイマイ
学名:Eretmochelys imbricata
カメ目ウミガメ科


タイマイは暖かい海域に生息しているウミガメの仲間です。
神奈川県内でも稀に記録があります。尖ったくちばしと甲羅の縁甲板が鋭利なのが特徴です。尖ったくちばしを使って海綿などを食べています。この尖ったくちばしの特徴から英名では「Hawksbill sea turtle」と呼ばれています。

“えのすい”で飼育しているタイマイの愛称は「ショウ」と言います。ウミガメの繁殖期間外の秋から冬は、バックヤードで飼育しているウミガメたちの日光浴のため、交代でアカウミガメプールに展示する予定です。期間限定なので、この機会をお見逃しなく、「ショウ」に会いに来てください。

ウミガメの浜辺


2020.09.16 トリーター:城戸

2020/09/16 たくさんの応募ありがとうございます!!


9月13日まで募集していたフンボルトペンギンの愛称募集にたくさん素敵な名前を送っていただきありがとうございます。
いつもよりヒナが若い時期に名前の募集を行ったので、早く覚えてくれるといいなぁ。と淡い期待をしつつ、ドキドキしながら、名前で呼べる日を待っています。

そんな中、すでに次の繁殖へ向けて動いているペンギンもいます。
先日、「ユメ」が産卵をしました。「ユメ」は「ホワイト」と仲良くなってから数回繁殖シーズンを過ごしていますが、今までヒナを育てられたことがありません。
今年こそは上手くいくよう、私たちもサポートしていきます。

昨年は一足先に「ユメ」の妹の「フク」と、「ホワイト」の弟の「マーチ」が子育てを成功させているので、妹・弟に続いて頑張ってほしいです。

「ユメ」と「ホワイト」の姿が見えない場合は、ペンギンプールの左上にある巣を覗いてみてください。卵を抱いている姿が見えるかもしれません。

ペンギン・アザラシ


2020.09.15 トリーター:水村

2020/09/15 クラゲの不思議・・・。


暑い、暑い夏から、少しずつ涼しい風が吹く日が出てきましたね。
でも、まだ暑い。とにかく、今年はマスクもしています、暑くても、少し涼しくても、まだ熱中症には注意が必要ですよー!

さて、本日は私のクラゲって不思議、面白いと思ったお話をします。
クラゲチームは毎日、換水(クラゲのポリプや、クラゲの赤ちゃんが入った瓶やタッパーなどの水交換です)を行います。
あるクラゲのポリプの換水をしていると、クラゲの赤ちゃんになりそうなものが、ちらほらありました。


これはストロビラといいます。よくみると。ぼこぼこしていますよね。
この一つ一つがクラゲになります。これは、まだばらばらになっていなくて繋がっている状態です。
クラゲに詳しい方からすると、なんてことない普通のことなんでしょうが、わたしからすると、不思議。繋がっているのに、ばらばらに動いていたり、連動して動いていたり。ポリプからストロビラになって、そこからエフィラ(クラゲの赤ちゃん)が出てくるなんて・・・。何度も見ていますが、じっと見ながら考えてしまいます。

ちなみにこちらの写真にポリプ(左上と、中央下の肌色のかたまり)、ストロビラ(中央下の赤みのあるもの)、エフィラ(ストロビラの上にある、小さくて、薄く赤みがって傘のように見えるもの)が映っています。
 

こんなに小さいエフィラが、水槽に展示されるほど、大きくなるなんてっ!と思うわけです。
まだまだ不思議が増えてきそうですね。

クラゲサイエンス


2020.09.13 トリーター:番長

2020/09/13 どこから来たの?(2020年 version)


昨年のちょうど今頃、同じタイトルでトリーター日誌を書きました。
なぜかというと・・・
それはずばり、季節来遊魚たちがやってくる時期になったからです!

簡単に言うと、季節来遊魚とは、初夏頃から黒潮に乗って日本の太平洋沿岸にやってくる南方に生息する魚の幼魚のことです。
冬になると水温が下がり、いなくなってしまうことから別名、死滅回遊魚とも言われます。

昨年はトビウオ、サザナミフグなどがやってきていましたが、今年はというと台風が少ないからかやってくる種類が少ない気がします・・・ 。
季節来遊魚の大本命と言えば、“えのすい”の季節来遊魚水槽にもいるチョウチョウウオ・ヤッコ・モンガラ系ですが、近くの漁港で私が狙うのは オニカマスです。


オニカマスの幼魚

オニカマスは大きくなると 全長 2mほどにもなる大型の魚食魚で、成魚は鋭い歯を持ち、その風貌はとても勇ましいです。
勇ましいのは見た目だけではありません。体内にはシガテラ毒という毒を持ち、そして性格も荒くて時にはダイバーを襲うこともあるそうです。
どうして私がこんなにもオニカマスに固執するかというと、ほんとに個人的で大した理由ではないのですが、学生時代にダイビングを始める時に危険な生物として紹介されて、とてもインパクトが強くて衝撃を受けたからです。(笑)
そしてこのオニカマスは「バラクーダ」とも呼ばれますが、その名前もまた印象的でなんだか心に残ってしまいました・・・。
初めてバラクーダの存在を知った時、一緒にダイビングを始めた友だちと、なんて生き物なんだと盛り上がって怖いもの見たさで見てみたいなんて言っていたのですが、残念ながら暖かい海に生息するので、この辺では簡単に見ることができませんでした。

そんなバラクーダがいたんです!こんなに近くに!
初めて見つけた時(先輩トリーターが教えてくれました)それはもうとても舞い上がってしまいました(笑)

そして今年は独り立ちして昨年と同様に漁港へ。
何回か見かけるものの沖に行ってしまったり、潜ってしまったりで採れず・・・ 。
しかしつい最近、やっと採ることができて相模湾キッズ水槽に現在展示しています!



見た目は地味ーかも知れませんが、成魚の姿を想像するとこんな風になるんだと不思議ですし、はるか遠い海からこの地にやってきたと思うとなんだか感慨深いです。
ぜひ、この機会にオニカマスを見てみてください。

ちなみに一緒に展示しているクロホシマンジュウダイは本来、マングローブ域などに生息する魚です。


この子たちも一体どこから来たんでしょうね~

関連日誌
2019/08/27 どこから来たの?

相模湾ゾーン


2020.09.12 トリーター:長野

2020/09/12 NEWパートナー!


みなさん、こんにちは。
新人トリーター 長野です。

以前のトリーター日誌で”同期“である子イルカの成長についてお話しさせていただきました。

そんな子イルカのビックニュースといえば、名前が「ミライ」に決まったことです!
早速、トリーターの間で子イルカを「ミライ」と呼び合い、より一層愛される存在になったと思います。
着々と成長するミライに負けない活躍をしていきたいです。

そこで、今回は「ミライ」の成長ではなく、新人トリーターの成長についてお話ししようと思います。

なんと!僕の初めてのパートナーが決まりました!

僕のパートナーは...カマイルカの「クロス」です。


「クロス」は今年で“えのすい”歴42年の大ベテラン。
1年目の新人トリーターからすると頭が上がりません。。。
トリーターとして駆け出しということもあり、「クロス」に伝えたいことが伝わらず、息が合わないことばかりですが、毎日のトレーニングを通じて「クロス」のことをもっと理解できるように向き合っていきたいです。

毎日、大ベテランの「クロス」とのトレーニングを通じて、イルカトレーナーの基本や“えのすい”トリーターの意義を学んでいます。

イルカトレーナーとして、そしてえのすいトリーターとして1人前になるために、1日1日を大事にしていきたいと思います!

次回のトリーター日誌では、「クロス」と新人トリーターの成長した姿についてもっとお話ししできるように頑張ります。

イルカショースタジアム


2020.09.11 トリーター:黒川

2020/09/11 かめらいぶ、9月も開催してます!

ウミガメショー「かめらいぶ」
ウミガメショー「かめらいぶ」

みなさん こんにちは!

8月から始まったウミガメショー「かめらいぶ」はもうご覧いただけましたか?
このショーは、“えのすい”でくらしているアオウミガメ9頭を紹介しながら、ウミガメの生態についてのクイズ、トレーニング風景などご覧いただける、ウミガメもトリーターものんびりお送りするショーになっています。


私の最近のお気に入り、「エル」。
ごはんの時間になると1番に泳いできてくれます。
今日は自分の出す泡を一生懸命食べていました。
次回 MCの日に紹介したいな。

この「かめらいぶ」は夏の間限定かな?と思っていましたが、なんと!(おそらく)大好評につき、9月も期間延長してお送りしています!!

ショーを行う ウミガメの浜辺 が野外にあるため、雨が降ったら中止になってしまうのですが、不思議なことに7月の練習期間から、今まで一度も雨が降ったことが無いんです。
最近も、朝はザーザー降りだったのに、「かめらいぶ」の時間には止んでいたり、「かめらいぶ」が終わると同時に大雨になったり。
ウミガメ担当班の中に強烈な晴れ男、晴れ女がいるのでしょうか、、、
不思議です。

平日の 12時からスタートします。
ぜひ 「かめらいぶ」を見て、9頭の中からみなさんのお気に入りの1頭を見つけてくださいね!

ウミガメの浜辺


2020/09/20 トリーター成長日誌 Part.11

2020/09/19 厳かに執り行われました。

2020/09/18 新パートナー

2020/09/17 仔犬のようなオオカミウオ

2020/09/17 展示更新情報!

2020/09/16 たくさんの応募ありがとうございます!!

2020/09/15 クラゲの不思議・・・。

2020/09/13 どこから来たの?(2020年 version)

2020/09/12 NEWパートナー!

2020/09/11 かめらいぶ、9月も開催してます!

2020/09/10 展示更新情報!

2020/09/10 ディランとマルコム

2020/09/09 ウツボ好きトリーターのウツボの話 2

2020/09/08 ビーナの変化

2020/09/07 上陸カエルウオ見つけた!

2020/09/06 トリーターもトレーニング

2020/09/05 9月テーマ水槽

2020/09/04 スパルタ父・「ヨモギ」

2020/09/03 これからも元気よく

2020/09/02 カワウソのごはんの量

2020/09/01 幻のコトクラゲがいた! 新江ノ島水族館×FullDepth深海探査共同プロジェクト

2020/09/01 相模湾旬の魚図鑑 3rd season その8 ナガレメイタガレイ

2020/08/31 野菜の日

2020/08/30 久しぶりのロケットライダー

2020/08/29 カワイトヒキクラゲの成長日誌 最終話

2020/08/28 赤ちゃんの成長日誌 3

2020/08/27 それっぽいようでそうでない

2020/08/26 毎年このネタ書いているけど

2020/08/25 ついにオウムガイ展示しました!

2020/08/24 この漢字の生き物はなんでしょう ~Final~




見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!