• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 研究発表

研究発表

Effect of Head Shape Change with Growth on the Dolphin Drafting of Bottlenose Dolphin

2017年07月 Annual Main Meeting of the Society of Experimental Biology in Gothenburg 2017(口頭発表)
Maako MIYAKE,Yukina MARUSHIMA,Yoshinobu INADA,Fumio TERASAWA,Mai SAKAI and Tadamichi MORISAKA

定住海域以外に出現したミナミハンドウイルカ様個体の種判別および種間交雑の可能性

相模湾で救護し仙台湾で放獣したオットセイについて

マツカサガイ北東本州固有種幼生の宿主としてのウグイの初記録

Record of new host species for glochidia of the freshwater unionid mussel Nodularia douglasiae in experimental tanks

アンケート結果から分析した日本の鯨類飼育施設における⾧期飼育及び繁殖の現状

Embryo and fetal position during pregnancy by ultrasonographic examinations in bottlenose dolphin (Tursiops truncatus)

Tiaricodon orientalis sp. nov., a new species (Hydrozoa, Anthoathecata, Halimedusidae) from Sagami Bay, eastern Japan

竜宮城プロジェクト-片瀬江ノ島駅への水槽設置-

新江ノ島水族館におけるシロウリガイ類の飼育14年間の変遷 ~深海からのロジスティクスと飼育法改良への挑戦~

特集「第68回全国博物館大会報告」分科会1「コロナ禍の下での博物館の取組」

相模湾・東京湾沿岸で記録されたハクジラ亜目マイルカ科について

2018年に相模湾から得られたホホジロザメ(ネズミザメ目ネズミザメ科)と同湾および周辺海域における出現状況

相模湾江の島沖からの原記載以来79 年ぶりのコトクラゲ Lyrocteis imperatoris の再発見

シイラの安全な移動のための担架収容トレーニング

江の島周辺の飛沫帯及び潮間帯の環境特性とカニ類の生息状況

相模湾初記録のシマダコ Callistoctopus ornatus(八腕形目:マダコ科)について

大型水槽下で確認されたゴンズイとホンソメワケベラの掃除行動

コロナ渦の水族館におけるアオウミガメ展示の新たな試みについて

伊豆半島南東部で確認されたミナミアシハラガニ Pseudohelice subquadrata (Dana, 1851)

キイロホソゴミムシによるツマグロヨコバイとクワキヨコバイ属の1種の捕食例

駿河湾初記録となるハシリイワガニモドキ Metopograpsus thukuhar (Owen, 1839)(甲殻類:十脚目:イワガニ科)

駿河湾で初記録となるミツボシカスベ(ガンギエイ目ガンギエイ科)について

相模湾・東京湾沿岸で記録されたヒゲクジラ亜目(Mysticeti)について

Host species for glochidia of the freshwater unionid mussel Lanceolaria grayana in tanks

鯨類の豚丹毒菌感染症を考える:特集論文の趣旨説明

新江ノ島水族館における豚丹毒菌感染症の現状と対策

飼育下で判明したイシガイ幼生の宿主魚類

ウミガメ類のターゲットトレーニングとその応用について

アカウミガメの多頭混泳を目的とした水槽改修について

1歳齢アオウミガメの海外輸送