• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

貴重な深海生物「ホネクイハナムシ」の累代繁殖個体を公開

展示開始日:2017年3月1日(水)~

ホネクイハナムシ

学名:Osedax japonicus
多毛綱 ケヤリムシ目 シボグリヌム科
展示場所:深海l~JAMSTECとの共同研究~


ホネクイハナムシ(学名: Osedax japonicus)は、2006年に鹿児島県野間岬沖で採集された個体をもとに種の記載がなされました。現在、累代繁殖が可能なホネクイハナムシ類は本種のみです。

ホネクイハナムシ類(俗称:ゾンビワーム)は2004年に初めてカリフォルニア沖の鯨骨から発見・報告された Osedax 属の動物です。
ゴカイを含む多毛類のなかまで、現在世界で11種類(未記載種を含めると約30種)が報告されていますが、いずれも海底に沈んだ鯨骨から発見されています。
Osedax はラテン語で“骨をむさぼり食う者”という意味で、名前のとおり、体の一部(樹根状栄養体部、通称“根”)から酸や消化酵素を分泌することで骨を溶かし、根から栄養を吸収しつつ、その内部に入り込みます。
体内に共生する細菌もホネクイハナムシ類の栄養獲得に関与していると考えられていますが、詳しいことはまだわかっていません。
また実験的にさまざまな脊椎動物の骨を海底に設置した結果、鯨骨だけではなく、豚骨や魚の骨にも付着して生きられることがわかっています。
メスは40mmほどで、分泌した薄いゲル状の棲管の中に収まっています。一方、オスは顕微鏡サイズ(約0.5mm)の矮雄(雌雄異体の動物で、メスに比べて著しく小型なオス)で、オスがメスの体に付着することによって、受精します。棲管の外側に粘液を分泌し、その粘液中に産卵し、幼生になるまでは粘液中で発生します。
受精卵は発生して幼生になると繊毛を使って泳ぎ、新たな骨に付着すると変態して成体になります。

公開を開始したホネクイハナムシは、2012年にJAMSTEC 宮本教生研究員らにより鹿児島県野間岬沖の水深225mで採集され、JAMSTECとの共同研究のために、2016年10月より当館で飼育を開始した個体が繁殖したものです。
宮本研究員より技術指導を受け、当館での累代繁殖の方法が確立されたため、このたび公開に至りました。現在当館では繁殖を行いながら、飼育方法の改善や水温と生存期間の関係などの研究を進めています。
※2006年2月に当館で公開したOsedax sp.とは別種となります。


新江ノ島水族館では、2004年より国立研究開発法人海洋研究開発機構(以下 JAMSTEC)と共同で深海生物の長期飼育方法に関する研究開発を行っています。

“龍馬海老”は1種じゃなかったぜよ! 「タイワンリョウマエビ」

その姿、まさにニンジャ!「ヒョウモンダコ」展示開始!

自由自在に岸壁を走る「ミナミイワガニ」展示開始!

カラフルなチビ団子 ダンゴウオ(団子魚)展示開始!

8つのパドルで上手に泳ぐ 「オオヒライソガニ」展示開始!

えのすい初展示「キンメモドキ」展示中

うさ耳姿がかわいい珍種のクラゲ 江の島沖の「コトクラゲ」

あなたはどっちの柄が好き? オスとメスで柄が違う「ヤイトヤッコ」展示中

知る人ぞ知る稀種「レンテンヤッコ」 えのすい初展示開始

マングローブの忍者、相模川に現る 「フタバカクガニ」展示開始

キュウリみたい? でも硬いサンゴの仲間「キュウリイシ」展示中

えのすい初展示! サンゴの仲間「シタザラクサビライシ」展示中

希少な巨大魚!!「オオニベ」初展示

成魚と幼魚でこんなに違う! この時期だけ見られる「アオブダイの幼魚」展示開始

怪しく鮮やかなヤドカリを相模湾で発見! 「ベニワモンヤドカリ」展示開始

上皇陛下もご研究された 「オキナワハゼ属の一種」展示中

えのすい初展示! 巨大になるイソギンチャク 「アラビアハタゴイソギンチャク」展示中

星に願いを!! 「シモフリタナバタウオ」展示中

沖縄からやってきた海の守備職人? 「カワテブクロ」展示中

天狗?ユニコーン? 額に角を持つ魚「ヒメテングハギ」展示中

北の海のニューアイドル!! 「コンペイトウ」登場!

えのすいトリーターが釣り上げました! 黄色の模様が美しい「ヒメハナダイ」展示中

丸くてかわいいキラキラきれいなアジの仲間 「マルコバン」展示中

新江ノ島水族館初 人工授精でバンドウイルカの赤ちゃん誕生!

ノドグロと呼ばれるいわずと知れた高級魚、 「アカムツ」初展示!!

ハサミの先がひづめの形「ヒヅメガニ」展示開始

大きな頭にブヨブヨな体の“ヤマトコブシカジカ”

クリッとした眼が愛らしい“ヨコスジクロゲンゲ”

背中の大きなトゲは怪獣のよう!? “ゴジラエビ”と呼ばれる「イバラモエビ」

透明なストローから顔を出す姿がかわいい 「ナナテイソメ科の一種」