• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

上皇陛下もご研究された
「オキナワハゼ属の一種」展示中

展示開始日:2020年8月20日(木)~

オキナワハゼ属の一種

学名:Callogobius sp.
スズキ目 ハゼ科
大きさ: 約 2.5cm
展示場所: 皇室ご一家の生物学ご研究


オキナワハゼ属は現在、世界中から 37種が知られていますが、これ以外にもまだ報告されていない種が多くいます。
今回展示したオキナワハゼの仲間は、インドネシアで採集されたもので、採集地や形態、模様から、インド、マンナール湾で採集された個体をもとに 1968年に新種として報告された Callogobius mannarensis と思われます。
ハゼ類のご研究にご尽力されている上皇陛下は、1977年にオキナワハゼ属の分類に関する論文を発表されています。
ハゼの仲間は種類が多く、外部形態で分類する時は鰭の条数などはもちろん、頭部の感覚管や孔器の位置や数も調べます。
体が小さく、岩陰に隠れてしまうことが多いですが、このカラフルな模様を見てもらえるように展示しています。“えのすい”でオキナワハゼの仲間は初展示となりますので、この機会にぜひご覧ください。


※参考文献
明仁親王・黒田勝介, 1977. 日本で採集されたオキナワハゼ属5種及びその類縁関係. Japanese Journal of Ichthyology, 24(2): 113–127.


うさ耳姿がかわいい珍種のクラゲ 江の島沖の「コトクラゲ」

あなたはどっちの柄が好き? オスとメスで柄が違う「ヤイトヤッコ」展示中

ほっそりしたその体が特徴的 「アオヤガラ」展示中

知る人ぞ知る稀種「レンテンヤッコ」 えのすい初展示開始

マングローブの忍者、相模川に現る 「フタバカクガニ」展示開始

キュウリみたい? でも硬いサンゴの仲間「キュウリイシ」展示中

えのすい初展示! サンゴの仲間「シタザラクサビライシ」展示中

希少な巨大魚!!「オオニベ」初展示

成魚と幼魚でこんなに違う! この時期だけ見られる「アオブダイの幼魚」展示開始

怪しく鮮やかなヤドカリを相模湾で発見! 「ベニワモンヤドカリ」展示開始

上皇陛下もご研究された 「オキナワハゼ属の一種」展示中

えのすい初展示! 巨大になるイソギンチャク 「アラビアハタゴイソギンチャク」展示中

星に願いを!! 「シモフリタナバタウオ」展示中

沖縄からやってきた海の守備職人? 「カワテブクロ」展示中

天狗?ユニコーン? 額に角を持つ魚「ヒメテングハギ」展示中

育ててみたら思わぬ珍種 「オシャレコショウダイ」展示開始

北の海のニューアイドル!! 「コンペイトウ」登場!

えのすいトリーターが釣り上げました! 黄色の模様が美しい「ヒメハナダイ」展示中

丸くてかわいいキラキラきれいなアジの仲間 「マルコバン」展示中

新江ノ島水族館初 人工授精でバンドウイルカの赤ちゃん誕生!

平家の怨念? イズヘイケガニ

ノドグロと呼ばれるいわずと知れた高級魚、 「アカムツ」初展示!!

ハサミの先がひづめの形「ヒヅメガニ」展示開始

大きな頭にブヨブヨな体の“ヤマトコブシカジカ”

クリッとした眼が愛らしい“ヨコスジクロゲンゲ”

背中の大きなトゲは怪獣のよう!? “ゴジラエビ”と呼ばれる「イバラモエビ」展示開始

透明なストローから顔を出す姿がかわいい 「ナナテイソメ科の一種」

えのすい初! 細くて赤くて何だか違和感「ハチビキ」の幼魚、展示開始

江の島に深海魚「リュウグウノツカイ」現る リュウグウノツカイの標本公開

おめでたい「ホテイウオ」を展示開始