• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

マングローブの忍者、相模川に現る
「フタバカクガニ」展示開始

展示開始日:2020年10月15日(木)~

フタバカクガニ

学名:Parasesarma bidens
十脚目 ベンケイガニ科
採集場所: 相模川
展示場所: 相模湾ゾーン 相模湾キッズ水槽


千葉県および島根県より南に分布します。南方系の種で、南西諸島では多く見られます。
相模湾周辺では少ない種でしたが、近年増えている印象です。
相模川では20年ほど前に初めて記録され、その後行われた当館の調査では、生息地点や個体数は年や時期によって異なりますが、たびたび確認されています。

茶褐色とアイボリーのまだら模様は、干潟水槽に展示しているカクベンケイガニとよく似ていますが、はさみが黄色いこと、眼の下に稲妻のような黒い模様があること、そして甲の脇に2つの尖った部分(歯)があることから、区別できます。
最後の特徴が和名の「二歯」の由来になっています。

その動きは高速かつ巧みで、樹上を駆けまわったり、枝から枝へ飛び移るような動きを見せます。地上でもジグザグに素早く逃げるため、野外での観察は至難です。


水族館で展示されることが少ない種ですが、当館では10年ほど前から数回にわたり、南西諸島産の個体をメインに展示してきました。
今回は相模川の個体となります。
水槽内ではゆっくりと活動しますので、本種をじっくりと観察するチャンスです。ぜひご覧ください。

※生物が隠れて見えにくくなる場合があります。予めご了承ください。


うさ耳姿がかわいい珍種のクラゲ 江の島沖の「コトクラゲ」

あなたはどっちの柄が好き? オスとメスで柄が違う「ヤイトヤッコ」展示中

ほっそりしたその体が特徴的 「アオヤガラ」展示中

知る人ぞ知る稀種「レンテンヤッコ」 えのすい初展示開始

マングローブの忍者、相模川に現る 「フタバカクガニ」展示開始

キュウリみたい? でも硬いサンゴの仲間「キュウリイシ」展示中

えのすい初展示! サンゴの仲間「シタザラクサビライシ」展示中

希少な巨大魚!!「オオニベ」初展示

成魚と幼魚でこんなに違う! この時期だけ見られる「アオブダイの幼魚」展示開始

怪しく鮮やかなヤドカリを相模湾で発見! 「ベニワモンヤドカリ」展示開始

上皇陛下もご研究された 「オキナワハゼ属の一種」展示中

えのすい初展示! 巨大になるイソギンチャク 「アラビアハタゴイソギンチャク」展示中

星に願いを!! 「シモフリタナバタウオ」展示中

沖縄からやってきた海の守備職人? 「カワテブクロ」展示中

天狗?ユニコーン? 額に角を持つ魚「ヒメテングハギ」展示中

育ててみたら思わぬ珍種 「オシャレコショウダイ」展示開始

北の海のニューアイドル!! 「コンペイトウ」登場!

えのすいトリーターが釣り上げました! 黄色の模様が美しい「ヒメハナダイ」展示中

丸くてかわいいキラキラきれいなアジの仲間 「マルコバン」展示中

新江ノ島水族館初 人工授精でバンドウイルカの赤ちゃん誕生!

平家の怨念? イズヘイケガニ

ノドグロと呼ばれるいわずと知れた高級魚、 「アカムツ」初展示!!

ハサミの先がひづめの形「ヒヅメガニ」展示開始

大きな頭にブヨブヨな体の“ヤマトコブシカジカ”

クリッとした眼が愛らしい“ヨコスジクロゲンゲ”

背中の大きなトゲは怪獣のよう!? “ゴジラエビ”と呼ばれる「イバラモエビ」展示開始

透明なストローから顔を出す姿がかわいい 「ナナテイソメ科の一種」

えのすい初! 細くて赤くて何だか違和感「ハチビキ」の幼魚、展示開始

江の島に深海魚「リュウグウノツカイ」現る リュウグウノツカイの標本公開

おめでたい「ホテイウオ」を展示開始