• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

うさ耳姿がかわいい珍種のクラゲ
江の島沖の「コトクラゲ」

展示開始日:2020年11月19日(木)~

コトクラゲ

学名:Lyrocteis imperatoris
クシヒラムシ目 コトクラゲ科
大きさ: 20cm
採集場所: 江の島沖 水深 130m
展示場所: 相模湾ゾーン 沿岸水槽


ウサギの耳のようなかわいい姿が印象的なコトクラゲは、ミズクラゲなど刺胞動物とは違う有櫛動物(ゆうしつどうぶつ)で、クシクラゲの仲間です。
クラゲといっても水中をただようことはほとんどなく、海底にある基質に付着しています。
また、ピンク色や黄色、紫色、赤い水玉模様など、いろいろな体色の個体がいることで知られています。

初めて発見されたのは1896年のこと。相模湾で採集されました。
当時は何の動物の仲間のか分からないままでしたが、それから 45年、1941年にクラゲ類の研究で著名な昭和天皇が江の島沖水深 70mでご採集し、翌年に京都大学の駒井卓博士によって新種として記載されました。
その後、他海域ではまれに採集されるものの、相模湾では全く採集記録がありませんでした。
今年の7月、当館と産業用水中ドローンメーカー・株式会社FullDepthとの深海探査共同プロジェクトで、江の島沖にて発見、採集しました。相模湾における本種の採集記録としては昭和天皇のご採集以来 79年ぶり、3例目となります。
今回の展示個体は、11月18日に行われた同調査で、江の島沖 130mの海域から採集されました。相模湾では4例目となります。

※短期間の展示となる可能性があります。ご了承ください。




本調査研究は、船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の支援を受けて実施しています。

うさ耳姿がかわいい珍種のクラゲ 江の島沖の「コトクラゲ」

あなたはどっちの柄が好き? オスとメスで柄が違う「ヤイトヤッコ」展示中

<展示終了>ほっそりしたその体が特徴的 「アオヤガラ」展示中

知る人ぞ知る稀種「レンテンヤッコ」 えのすい初展示開始

マングローブの忍者、相模川に現る 「フタバカクガニ」展示開始

キュウリみたい? でも硬いサンゴの仲間「キュウリイシ」展示中

えのすい初展示! サンゴの仲間「シタザラクサビライシ」展示中

希少な巨大魚!!「オオニベ」初展示

成魚と幼魚でこんなに違う! この時期だけ見られる「アオブダイの幼魚」展示開始

怪しく鮮やかなヤドカリを相模湾で発見! 「ベニワモンヤドカリ」展示開始

上皇陛下もご研究された 「オキナワハゼ属の一種」展示中

えのすい初展示! 巨大になるイソギンチャク 「アラビアハタゴイソギンチャク」展示中

星に願いを!! 「シモフリタナバタウオ」展示中

沖縄からやってきた海の守備職人? 「カワテブクロ」展示中

天狗?ユニコーン? 額に角を持つ魚「ヒメテングハギ」展示中

育ててみたら思わぬ珍種 「オシャレコショウダイ」展示開始

北の海のニューアイドル!! 「コンペイトウ」登場!

えのすいトリーターが釣り上げました! 黄色の模様が美しい「ヒメハナダイ」展示中

丸くてかわいいキラキラきれいなアジの仲間 「マルコバン」展示中

新江ノ島水族館初 人工授精でバンドウイルカの赤ちゃん誕生!

平家の怨念? イズヘイケガニ

ノドグロと呼ばれるいわずと知れた高級魚、 「アカムツ」初展示!!

ハサミの先がひづめの形「ヒヅメガニ」展示開始

大きな頭にブヨブヨな体の“ヤマトコブシカジカ”

クリッとした眼が愛らしい“ヨコスジクロゲンゲ”

透明なストローから顔を出す姿がかわいい 「ナナテイソメ科の一種」

えのすい初! 細くて赤くて何だか違和感「ハチビキ」の幼魚、展示開始

江の島に深海魚「リュウグウノツカイ」現る リュウグウノツカイの標本公開

おめでたい「ホテイウオ」を展示開始

釣り師の憧れGT 「ロウニンアジ」展示開始