• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

“龍馬海老”は1種じゃなかったぜよ!
「タイワンリョウマエビ」

展示開始日:2021年1月16日(土)~

タイワンリョウマエビ (台湾龍馬海老)

学名:Nupalirus chani
英名:Longarm spiny lobster
十脚目 イセエビ科(種同定:駒井 智幸氏)
大きさ:15cm
採集場所: 西七島海嶺
展示場所: 深海Ⅰ~JAMSTECとの共同研究~


「リョウマエビ」は 1955年に土佐湾の水深 200mで初めて採集され、土佐出身の幕末の志士「坂本龍馬」にちなんで和名がつけられました。
しかし 1種だと思われていた「リョウマエビ」を詳細に検討したところ、体色や大きさ、形態が違うもの 3種が混在していることがわかり、1994年に新たに 2種が新種として記載されました。そのうちの 1種が今回公開している「タイワンリョウマエビ」です。

タイワンリョウマエビは西太平洋の日本、台湾からニューカレドニアの水深 150~340mまで広く分布します。
数が少ないものの、日本でも採集・展示例があるようですが、「タイワンリョウマエビ」として展示・公開された例は見当たりません。


公開個体は、国立研究開発法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC)との連携と協力に係る協定により長期飼育実験を行っています。

公開個体は環境省の令和2年度沖合海底自然環境保全地域調査等業務(JAMSTEC請負、KM20-10C航海)において採取しました。

沖合海底自然環境保全地域の指定について

KM20-10C 航海航海日誌


真っ白で毛むくじゃら、赤い小さな目がチャームポイント「トゲヒゲガニ」

全身がほとんど脚! ヤマトトックリウミグモ展示開始

全身毛むくじゃらのおじいさん?!「オキナエビ」

大きな口の恐竜みたいなウミウシ 「ムカデメリベ」展示開始!

“龍馬海老”は1種じゃなかったぜよ! 「タイワンリョウマエビ」

その姿、まさにニンジャ!「ヒョウモンダコ」展示開始!

自由自在に岸壁を走る「ミナミイワガニ」展示開始!

カラフルなチビ団子 ダンゴウオ(団子魚)展示開始!

8つのパドルで上手に泳ぐ 「オオヒライソガニ」展示開始!

えのすい初展示「キンメモドキ」展示中

うさ耳姿がかわいい珍種のクラゲ 江の島沖の「コトクラゲ」

あなたはどっちの柄が好き? オスとメスで柄が違う「ヤイトヤッコ」展示中

知る人ぞ知る稀種「レンテンヤッコ」 えのすい初展示開始

マングローブの忍者、相模川に現る 「フタバカクガニ」展示開始

キュウリみたい? でも硬いサンゴの仲間「キュウリイシ」展示中

えのすい初展示! サンゴの仲間「シタザラクサビライシ」展示中

希少な巨大魚!!「オオニベ」初展示

成魚と幼魚でこんなに違う! この時期だけ見られる「アオブダイの幼魚」展示開始

怪しく鮮やかなヤドカリを相模湾で発見! 「ベニワモンヤドカリ」展示開始

上皇陛下もご研究された 「オキナワハゼ属の一種」展示中

えのすい初展示! 巨大になるイソギンチャク 「アラビアハタゴイソギンチャク」展示中

星に願いを!! 「シモフリタナバタウオ」展示中

沖縄からやってきた海の守備職人? 「カワテブクロ」展示中

天狗?ユニコーン? 額に角を持つ魚「ヒメテングハギ」展示中

北の海のニューアイドル!! 「コンペイトウ」登場!

えのすいトリーターが釣り上げました! 黄色の模様が美しい「ヒメハナダイ」展示中

丸くてかわいいキラキラきれいなアジの仲間 「マルコバン」展示中

新江ノ島水族館初 人工授精でバンドウイルカの赤ちゃん誕生!

ノドグロと呼ばれるいわずと知れた高級魚、 「アカムツ」初展示!!

ハサミの先がひづめの形「ヒヅメガニ」展示開始