• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

日本初展示!
水深 1,127mの深海に咲くナデシコ「ナデシコクラゲ」
~北里アクアリウムラボ・新江ノ島水族館・加茂水族館にて展示開始~

展示開始日:2021年4月6日(火)~

ナデシコクラゲ (仮称)

学名:Earleria purpurea
刺胞動物門 ヒドロ虫綱 軟クラゲ目 クロメクラゲ科
採集場所: 岩手県山田町沖 水深 1,127m
大きさ: 1.5~2cm


ナデシコクラゲ Earleria purpurea は、2011年に米国のモントレー湾水族館とモントレー湾水族館研究所が水深 300~550mでクラゲを多数採集して、そこから繁殖させることに成功し、2016年にモントレー湾水族館で展示されました。Earleria purpurea は標準和名がありませんが、クラゲの口唇がナデシコの花のようにみえることから、ここでナデシコクラゲ(仮称)とします。

東日本大震災からほぼ 1年後の2012年3月8日、岩手県山田町沖にて、海洋研究開発機構の研究船「かいれい」による KR12-07航海、ROV「かいこう7000 l l」の第 548潜航調査が行われ、当館スタッフも乗船しました。北里大学海洋生命科学部 三宅 裕志准教授らの研究グループは、この航海の目的の 1つであった深海底における海底ごみの生態系への影響の研究のために、水深 1.127mに空き缶を発見し回収しました(賞味期限 1984年 5月)。どのような生物が付着しているのかを調べるために、水槽でしばらく空き缶にプランクトンを与えて飼育したところ、クラゲのポリプが増殖しました。このポリプからクラゲを育て形態観察し、さらに遺伝子解析したところ、日本では見つかっていなかったナデシコクラゲであることが分かりました。
クラゲ類のポリプを自然界で見つけることは非常に難しいのですが、本研究で、ナデシコクラゲのポリプが水深 1,127mに生息していることが明らかになりました。
また、水深 1,127mに生息していたポリプを研究室及び水族館で維持管理し、育てたクラゲを状態良く水族館で展示するのは、世界初だと思われます。
さらに水深1,127mに沈んだ海底ごみがポリプの着底基質になっていることも明らかにしました。私たちの生活から出たごみが、遠く離れた深海の生態系にも影響を与えているという事実が明らかになったのですが、逆に海底ごみを回収して、飼育していると深海生物を増やすことができ、その生態を明らかにできることも分かりました。これらの成果は、米国の出版社のクラゲ特集号に掲載予定です。

※この研究の一部は、公益財団法人さんりく基金(旧 財団法人三陸地域総合研究センター)助成金 2011年度調査研究事業(課題解決研究)によってなされました。

北里アクアリウムラボ
※北里アクアリウムラボは新型コロナウイルス感染拡大予防のため休館中
鶴岡市立加茂水族館


新江ノ島水族館は、JAMSTECと深海生物の長期飼育技術の開発に関する共同研究を行っています


えのすい初展示 地味だけど綺麗!「カガミチョウチョウウオ」展示中

夢の共演、美しいクラゲの混泳展示 「リゾストマ・パルモ」 「コティロリーザ・ツベルクラータ」

マングローブの忍者、相模川に今年も現る「フタバカクガニ」展示開始

卵から育てた「ハクレンの稚魚」展示中

タコのファンタジーホール イイダコ展示のはじまり

毒蛇ハブに勝る猛毒をもつといわれる「ハブクラゲ」展示開始!

えのすい初展示 共生ハゼたちの巣穴にお邪魔しています 「スミゾメハナハゼ」展示中

えのすい初展示 小さなオキナワハゼの仲間 「ヒレグロフタスジハゼ」展示中

飼育が難しいカマスの仲間2種 「アカカマス」「ヤマトカマス」展示中

実は新種だった! 水族館で人気の「ギヤマンクラゲ」

新江ノ島水族館初! 江の島の海から新種クラゲを発見 命名「ワタボウシクラゲ」世界初展示!(標本)

白い鼠(ねずみ)は大黒様の使いですが、白い海鼠(なまこ)も縁起物 「白いマナマコ」展示開始

太い蛇腹がかっこいい深海生物 「ミョウガガイ科の一種」

大きな目が可愛い「ギンアナゴ」展示開始!

日本初展示! 水深 1,127mの深海に咲くナデシコ「ナデシコクラゲ」 ~北里アクアリウムラボ・新江ノ島水族館・加茂水族館にて展示開始~

全身がほとんど脚! ヤマトトックリウミグモ展示開始

えのすい初展示「キンメモドキ」展示中

あなたはどっちの柄が好き? オスとメスで柄が違う「ヤイトヤッコ」展示中

えのすい初展示! サンゴの仲間「シタザラクサビライシ」展示中

希少な巨大魚!!「オオニベ」初展示

成魚と幼魚でこんなに違う! この時期だけ見られる「アオブダイの幼魚」展示開始

怪しく鮮やかなヤドカリを相模湾で発見! 「ベニワモンヤドカリ」展示開始

上皇陛下もご研究された 「オキナワハゼ属の一種」展示中

えのすい初展示! 巨大になるイソギンチャク 「アラビアハタゴイソギンチャク」展示中

星に願いを!! 「シモフリタナバタウオ」展示中

天狗?ユニコーン? 額に角を持つ魚「ヒメテングハギ」展示中

丸くてかわいいキラキラきれいなアジの仲間 「マルコバン」展示中

新江ノ島水族館初 人工授精でバンドウイルカの赤ちゃん誕生!

ノドグロと呼ばれるいわずと知れた高級魚、 「アカムツ」初展示!!

ハサミの先がひづめの形「ヒヅメガニ」展示開始