• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > 展示 > 新着生物

新着生物

実は新種だった!
水族館で人気の「ギヤマンクラゲ」

展示開始日:2021年6月16日(水)~

ギヤマンクラゲ (義山水母)

学名:Tima nigroannulata
ヒドロ虫綱 軟クラゲ目 マツバクラゲ科 ギヤマンクラゲ属
傘の直径 8cm
展示場所: クラゲサイエンス


新江ノ島水族館と鶴岡市立加茂水族館は、ロイヤルオンタリオ博物館(カナダ・トロント)、アメリカの海洋調査探検隊(Ocean Research Explorations)、ハワイ太平洋大学(アメリカ・ハワイ州ホノルル)と共同研究を行い、日本の水族館ではおなじみの「ギヤマンクラゲ」が、実は新種であることを発見しました。

ギヤマンクラゲは新江ノ島水族館が世界で初めて繁殖に成功し、現在では日本各地の水族館で展示されています。
ギヤマンクラゲの「ギヤマン」とは、オランダ語で「ガラスのように透明」という意味を持ち、その名の通り透き通った美しい体をしているため、水族館で展示されているクラゲの中でも人気の高い種類です。

日本では、1925年に初めて出現が記録されてから現在まで、北アメリカで見られるTima formosa と同種だと考えられていました。しかし、本研究で遺伝子解析や詳細な形態観察をすることによって、これまで記載のない新種のクラゲであることが分かりました。
そこで、新たな学名を Tima nigroannulata (ティマ・ ニグロアニュラータ)とし、特徴を記載して発表しました。

本種の最大の特徴は、傘の縁に沿って黒色素顆粒があることです。
Tima formosaや他のギヤマンクラゲ属のクラゲとは、最大サイズや触手の数、傘の縁にある黒色素顆粒の有無などの違いによって見分けることができます。

本研究は、日本とカナダ、アメリカとの国際的な協力関係によって得られた成果です。
昨今の世界状況においても、このように力を合わせて研究し、科学的な知見を得ることができたことは新江ノ島水族館・鶴岡市立加茂水族館にとって大きな一歩と言えます。

※この研究成果は2021年6月10日に学術雑誌「Zoological Science」でオンライン公開されました。

発表論文について
[掲載誌]
Zoological Science ※2021/6/10にオンライン上で公開
[論文タイトル]
Tima nigroannulata (Cnidaria, Hydrozoa, Eirenidae),
a new species of hydrozoan from Japan
(日本産の新種 Tima nigroannulata (刺胞動物門、ヒドロ虫綱、マツバクラゲ科))
[著者]
Dale R. Calder[1]、Gerald L. Crow[2]、池田 周平[3]、足立 文[4]、山本 岳[4]、Anita Harrington[5] and Brenden S. Holland[2][5]
[1] ロイヤルオンタリオ博物館
[2] アメリカ海洋調査探検隊(Ocean Research Explorations)
[3] 鶴岡市立加茂水族館
[4] 新江ノ島水族館
[5] ハワイ太平洋大学 


えのすい初展示 地味だけど綺麗!「カガミチョウチョウウオ」展示中

夢の共演、美しいクラゲの混泳展示 「リゾストマ・パルモ」 「コティロリーザ・ツベルクラータ」

マングローブの忍者、相模川に今年も現る「フタバカクガニ」展示開始

卵から育てた「ハクレンの稚魚」展示中

タコのファンタジーホール イイダコ展示のはじまり

毒蛇ハブに勝る猛毒をもつといわれる「ハブクラゲ」展示開始!

えのすい初展示 共生ハゼたちの巣穴にお邪魔しています 「スミゾメハナハゼ」展示中

えのすい初展示 小さなオキナワハゼの仲間 「ヒレグロフタスジハゼ」展示中

飼育が難しいカマスの仲間2種 「アカカマス」「ヤマトカマス」展示中

実は新種だった! 水族館で人気の「ギヤマンクラゲ」

新江ノ島水族館初! 江の島の海から新種クラゲを発見 命名「ワタボウシクラゲ」世界初展示!(標本)

白い鼠(ねずみ)は大黒様の使いですが、白い海鼠(なまこ)も縁起物 「白いマナマコ」展示開始

太い蛇腹がかっこいい深海生物 「ミョウガガイ科の一種」

大きな目が可愛い「ギンアナゴ」展示開始!

日本初展示! 水深 1,127mの深海に咲くナデシコ「ナデシコクラゲ」 ~北里アクアリウムラボ・新江ノ島水族館・加茂水族館にて展示開始~

全身がほとんど脚! ヤマトトックリウミグモ展示開始

えのすい初展示「キンメモドキ」展示中

あなたはどっちの柄が好き? オスとメスで柄が違う「ヤイトヤッコ」展示中

えのすい初展示! サンゴの仲間「シタザラクサビライシ」展示中

希少な巨大魚!!「オオニベ」初展示

成魚と幼魚でこんなに違う! この時期だけ見られる「アオブダイの幼魚」展示開始

怪しく鮮やかなヤドカリを相模湾で発見! 「ベニワモンヤドカリ」展示開始

上皇陛下もご研究された 「オキナワハゼ属の一種」展示中

えのすい初展示! 巨大になるイソギンチャク 「アラビアハタゴイソギンチャク」展示中

星に願いを!! 「シモフリタナバタウオ」展示中

天狗?ユニコーン? 額に角を持つ魚「ヒメテングハギ」展示中

丸くてかわいいキラキラきれいなアジの仲間 「マルコバン」展示中

新江ノ島水族館初 人工授精でバンドウイルカの赤ちゃん誕生!

ノドグロと呼ばれるいわずと知れた高級魚、 「アカムツ」初展示!!

ハサミの先がひづめの形「ヒヅメガニ」展示開始