2021年11月18日

エビなの? カニなの? どっちなの?
後ろに進め!? バック、オーライ! 横へはいけない、アサヒガニ

  • 展示開始日:2021年9月4日(土)
  • アサヒガニ(朝日蟹)
  • 学名:Ranina ranina
  • 英名:Red flog clab
  • 十脚目 アサヒガニ科
  • 採集場所:伊豆および三浦
    展示場所:相模湾ゾーン 相模湾キッズ水槽

相模湾~九州の太平洋、インド洋の水深 20~80mの砂地に生息しているカニの一種です。
エビとカニの中間のような体型をしています。歩脚で砂を掘り、後退しながら潜ります。全身を見ることがなかなかできませんが、例えるなら競泳選手のような逆三角で引き締まった体型をしています。
泳ぎは後方に平泳ぎをしているような感じでじりじりと後退して動きます。普段はじっとしていますが、餌であるアサリの剥き身を与えると、ハサミで掴んで一目散に後退して潜ろうとします。一生懸命後退するのですが、潜り切れずに途中で諦めてアサリを食べ始めてしまう姿がなんだかツボです。
本当に後ろに退がる一方で、カニのなかまではめずらしく、横には歩けません。

とにかく後ろ後ろへと進むエビみたいなカニ、アサヒガニをぜひご覧ください。

相模湾ゾーン

RSS