2013年02月06日
トリーター:鈴木

2013/02/06 えのすいアシカ入門

~えのすいのカリフォルニアアシカとオタリアたち~


こんにちは、鈴木です。
海獣担当になりたての頃に、えのすいのイルカやクジラを紹介するシリーズ(えのすいイルカ入門1~3、えのすいクジラ入門)を書いていたのですが、そのシリーズの最終回で「これでえのすいの鯨類は全て紹介し終わりました。ってことは、次はアシカかなと思っている皆さん、アシカはまだ全く分からないので当分先だと思います・・」と書いていたんです。
それから約1年が経ち、いよいよその時が来ました。
遂にアシカに足を踏み入れようと思います!

今回はえのすいアシカ入門ということで、現在えのすいで暮らす「カリフォルニアアシカ」と「オタリア」たちをご紹介いたします。

本題に入る前に、予備知識を少し・・。
カリフォルニアアシカには名前にアシカと付いているので想像がつき易いと思いますが、オタリアという名前はあまり聞き慣れない方も多いかと思います。
ちなみに、普通の方が見たらどちらも全く同じに見えると思います・・。(私も昔はそうでした・・(-_-;))
ですが、ほとんどの水族館のショーで活躍するアシカはこの2種類のアシカなんです。
水族館に行った経験のある皆さんならば知らずに見ているかもしれません。

そしてもう一つ、題名で簡単にアシカと言ってしまいましたが、アシカと言う呼び方はそれに近い仲間たちの総称で、アシカという種類がいるわけではないんです(これは知ってましたか・・?(^^;))。
そして、このアシカの定義は狭義なものから広義なものまであり、○○アシカと名前が付く種類を呼んだり、分類上アシカ科に属する全ての種をアシカと呼んだりと、かなり曖昧なんです・・。
今回のタイトルは、広い意味でのアシカとしてご理解頂ければと思います。
これについては、アシカの基礎知識をテーマでいつか書きたいと思いますので、ご了承ください。m(_ _)m 

前置きが大変長くなりましたが、本題行きますね。

ではまずカリフォルニアアシカからご紹介します!
ハリー(♂)
2010年9月にえのすいにやってきました。
えのすい唯一のカリフォルニアアシカです。
まだまだ若く、何に対しても全力投球です。ただ、ちょっと臆病なところがあります。
動きにはとてもキレがあり、ショーでは大活躍です。

次にオタリアです。
デコ(♀)
1985年5月にえのすいにやってきました。
日本で飼育されている中でも有数の長寿なオタリアです。
高齢なこともあり現在は回数は少ないですが、まだまだショーでも活躍しています。

トトロ(♀)
2002年9月にえのすいにやってきました。
マイペースでのんびり屋な性格です。
ショーでも活躍しており、そのゆったりとした動きがとても人気です。

マミ(♀)
1998年3月にえのすいにやってきました。
機敏な動きが特徴で、とっても真面目な性格です。
ショーではベテランで頼れる存在です。

ヒミコ(♀)・ヤヨイ(♀)
2012年4月に2頭一緒にえのすいにやってきました。
推定1歳の子供たちです。獣舎の中でも元気いっぱい。
見るものすべてに興味がある様子です。現在はショーに出るべく特訓中です。
ショーには出ていないので皆さんにお見せできる機会はほとんどないですが、稀にトレーニング中にカマイルカプールの横のドアの前に少し出てくる事があります。
ショーに出たらたちまち大人気間違いなしの2頭です。

以上がえのすいで暮らすカリフォルニアアシカとオタリアです。
残念ながらこれらのアシカたちは普段は裏で飼育されており、トレーニング中などを除きショーでしか見られませんが、ショーでは皆様の近くに行く場面もありますので、是非えのすいのアシカたちに会いに来てください!

最後に私ごとですが・・。
実は、今回アシカについて書こうとしたきっかけにもなったのですが、最近アシカの担当を持たせて頂きまして、さらにショーデビューに向けて練習中なんです・・。
まさか、鈴木が・・アシカ!?
と自分では思っていますが、これまたイルカとは違った魅力がたくさんあるんですよ・・。改めて生物はすごいと実感する毎日です・・。
担当はオタリアのマミで、日々マミからたくさんの事を学ばせて頂いております。
まだまだ海獣類については素人ですが、いつの日か皆さんの前に出られるよう努力していきますので、これからもどうかよろしくお願い致します。
それでは失礼いたします。

ハリーハリー

デコデコ

トトロトトロ

マミマミ

ヤヨイヤヨイ

イルカショースタジアム

RSS