• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2014.07.11 トリーター:高田

2014/07/11 ハリセンボンの体

ハリセンボン
ハリセンボン

ハリセンボンはフグの仲間で、おどろいたり危険を感じると風船球の様に丸くふくらんで、体に付いているとげを立てて身を守ります。
今日はハリセンボンの体についてお話します。

体には、うろこが変化したたくさんの針が付いていますが、その数はハリセンボンの名前通りではなく、針は千本も付いていません。
実際は300~400本ぐらいです。
付いている針の長さもいろいろで、長いもので4~5cm、短いもので1~2cmです。
針を立てる時は頭の方から後へ向かって立て、針をしまう時はその逆です。
また針には毒はありませんが、堅いので触ると刺さったりもします。
ふくらんだ体の中には、飲み込んだ海水が入っています。
胃と腹まくがくっついているので、皮ふが伸びるかぎりふくらむことができます。
体が2倍ぐらいまで大きくなります。

飼育していてもめったにふくらんだ姿を見ることはありませんが、移動のため、網ですくったりするとおどろいてふくらんだりします。
えのすいに来られて、ふくらんだ姿が見られたらラッキーです。

今月のテーマ水槽では、生き物の泳ぎ方の違いについて、フグを代表してハリセンボンを展示していますので是非ご覧ください。

テーマ水槽


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!