• 館内マップ
  • 営業時間・料金・交通
  • 展示
  • ショー&ふれあいプログラム
  • 体験学習プログラム
  • お得!年間パスポート
  • 割引のご案内
  • イベント
  • タイムスケジュール
  • お土産・お食事
  • 団体でのご利用
ホーム > えのすいトリーター日誌

えのすいトリーター日誌

2014.09.15 トリーター:佐野

2014/09/15 亀は万年?

孵化当日と現在の子ガメ
孵化当日と現在の子ガメ

今日は敬老の日。おじいちゃん、おばあちゃんに感謝を伝える日です。ご長寿ということで、よく話題に上るのはカメです。
ウミガメの飼育を担当していると、「ウミガメの寿命は何年ですか?」という質問をよく受けます。答えは「謎」です。未だその寿命は明らかにされていないのです!

今、えのすい暮らしが最も長いウミガメはアオウミガメのレッドとエルで1968年にえのすいにやってきました。水族館暮らし46年の超ベテランです。しかし、えのすいにやってきた時の年齢は定かではありません。46+α年です。
去年死亡した飼育下世界最高齢のアオウミガメのジャンボは57年水族館で暮らしていました。搬入時すでに大人の大きさであったので、少なくとも19年以上でえのすいにやってきたと考えています(ジャンボがやってきたインド洋では大人になるまでに19年はかかると言われています)。つまり少なくとも76歳以上は生きたのではないかと推測されます。

去年孵化した子ガメたちも、順調に元気に暮らしてくれれば、この先何十年と長生きしてくれることでしょう。そしてこの子ガメたち、9/17で1歳を迎えます。
写真は孵化当日と現在のものです。たった1年で同じ生き物とは思えないくらい大きくなりました。


見どころ情報を動画でチェック!えのすいガイドムービー

新江ノ島水族館 夜の探検隊
えのすいでパーティー♪ウェディングも♪
特典いっぱいの会員制度 えのすいリピーター必見の特典が満載 詳しい特典内容はこちら!